「草壁皇子」

「草壁皇子」

草壁皇子の生涯

草壁皇子の生涯

「草壁皇子」

-草壁皇子の生涯-

草壁皇子(くさかべのみこ、662年(天智天皇元年) – 689年2月15日(持統天皇3年1月27日))は、天智天皇の第二皇子。母は蘇我倉山田石川麻呂の娘、蘇我石川郎女。持統天皇の同母弟。

天智天皇2年(663年)に皇太子に立てられ、天武天皇2年(673年)には大宰帥に任命され、九州地方の統治を任される。しかし、天武天皇7年(678年)に勃発した壬申の乱では、兄の大友皇子の側に就いて戦ったため、敗北後、廃太子となり、近江国に流された。

持統天皇元年(687年)に赦免され、官位を回復、侍従に任じられた。翌2年(688年)には大納言に任命され、翌3年(689年)に没した。享年28。

草壁皇子は、聡明で学問を好み、詩歌にも秀でていた。また、武芸にも優れ、弓馬の道に長けていたという。壬申の乱では、兄の大友皇子に協力して戦ったが、敗北後は廃太子となり、近江国に流された。しかし、持統天皇の赦免によって官位を回復し、侍従に任じられた。翌2年(688年)には大納言に任命され、翌3年(689年)に没した。享年28。

草壁皇子には、皇子や皇女がいたが、薨去した後に、妻もろとも大納言大伴安麻呂による粛清によって誅殺されている。

壬申の乱と草壁皇子

壬申の乱と草壁皇子

-「草壁皇子」-

-壬申の乱と草壁皇子-

草壁皇子(くさかべのおうじ、? – 689年10月1日)は、第38代天皇天智天皇の第二皇子で、第40代天皇天武天皇の異母弟である。母は、天智天皇の妃である蘇我入鹿の娘、大蕤娘(おほべのいらつめ)。壬申の乱ののち、天武天皇の嫡子であった大津皇子が自害した10月1日に、即位式を行わずに即位したが、翌10月2日に病のため崩御した。諡号は高天原広野姫天皇(たかまのはらのひろのひめたんのすめらみこと)。

— -草壁皇子の生涯-

草壁皇子は、天智天皇の第二皇子として生まれた。母は、蘇我入鹿の娘である大蕤娘である。天智天皇は、草壁皇子を皇太子とし、皇位継承を定めた。しかし、天智天皇の崩御後、天武天皇が即位した。天武天皇は、草壁皇子を皇太子とせず、大津皇子を皇太子とした。

672年に壬申の乱が起こると、草壁皇子は天武天皇に反旗を翻した。しかし、天武天皇は、草壁皇子を破り、大津皇子を皇太子とした。689年に天武天皇が崩御すると、草壁皇子は即位した。しかし、草壁皇子は、翌10月2日に病のため崩御した。

— -草壁皇子の功績-

草壁皇子は、壬申の乱で天武天皇に反旗を翻した。この乱は、日本史において最も重要な乱の一つであり、日本の歴史に大きな影響を与えた。草壁皇子は、この乱で敗北したが、彼の功績は高く評価されている。

草壁皇子は、天武天皇の崩御後、即位した。しかし、彼は翌10月2日に病のため崩御した。在位期間はわずか2日であったが、彼は日本史上最も悲劇的な天皇の一人として知られている。

草壁皇子の死と万葉集

草壁皇子の死と万葉集

-草壁皇子とその死-

草壁皇子は、天武天皇と持統天皇の第2皇男子で、天武天皇の皇子の中で最も有能な人物と評価されていた。母は、天武天皇の皇后である持統天皇である。しかし、草壁皇子はわずか23歳の若さで亡くなり、その死は多くの謎に包まれている。草壁皇子の死は、万葉集の中でも重要な事件として取り上げられている。

草壁皇子は、壬申の乱の際に父である天武天皇を助け、功績を挙げた。その後、天武天皇の崩御を受けて、弟の志貴皇子とともに持統天皇を補佐した。しかし、志貴皇子が謀反の疑いで廃されると、草壁皇子は皇太子に立てられた。

草壁皇子は皇太子として、国政の重要事項を決定するなど、大きな権限を持っていた。しかし、草壁皇子はわずか2年後に亡くなってしまう。草壁皇子の死因については、諸説ある。持統天皇が関与したとする説や、病死説、暗殺説などがある。しかし、草壁皇子の死の真相は、今もなお謎のままである。

-草壁皇子の死と万葉集-

草壁皇子の死は、万葉集の中でも重要な事件として取り上げられている。万葉集には、草壁皇子を悼む歌が数多く収録されている。草壁皇子を悼む歌は、持統天皇、大津皇子、石川夫人など、草壁皇子に近しい人々によって詠まれている。これらの歌は、草壁皇子の死を悼むだけでなく、草壁皇子の功績を讃え、その死を惜しむ内容となっている。

また、万葉集には、草壁皇子を題材にした歌も数多く収録されている。草壁皇子の死を題材にした歌は、持統天皇、大津皇子、石川夫人など、草壁皇子に近しい人々によって詠まれている。これらの歌は、草壁皇子の死を悼むだけでなく、草壁皇子の功績を讃え、その死を惜しむ内容となっている。

草壁皇子の死は、万葉集の中でも重要な事件として取り上げられている。万葉集には、草壁皇子を悼む歌が数多く収録されている。これらの歌は、草壁皇子の死を悼むだけでなく、草壁皇子の功績を讃え、その死を惜しむ内容となっている。

タイトルとURLをコピーしました