奈良時代の官吏 日下部子麻呂の生涯

奈良時代の官吏 日下部子麻呂の生涯

筑後介から左兵衛督へ昇進

筑後介から左兵衛督へ昇進

筑後介から左兵衛督へ昇進

奈良時代の官吏、日下部子麻呂は、聖武天皇の治世に筑後介から左兵衛督に昇進しました。

筑後介は、筑後国の長官であり、左兵衛督は、左兵衛府の長官でした。左兵衛府は、宮中の警備を担当する役所であり、左兵衛督は、その最高責任者でした。

日下部子麻呂は、筑後介として、筑後国の治安維持や行政に尽力しました。また、左兵衛督として、宮中の警備を指揮し、聖武天皇の安全を守りました。

日下部子麻呂は、740年に左兵衛督に昇進しました。これは、彼が聖武天皇から信頼されていたことを示しています。日下部子麻呂は、左兵衛督として、引き続き宮中の警備を指揮し、聖武天皇の安全を守りました。

743年、聖武天皇は崩御し、孝謙天皇が即位しました。孝謙天皇は、日下部子麻呂を左兵衛督に留任させました。これは、孝謙天皇が日下部子麻呂の能力を高く評価していたことを示しています。

日下部子麻呂は、左兵衛督として、引き続き宮中の警備を指揮し、孝謙天皇の安全を守りました。749年、日下部子麻呂は左兵衛督を辞任しました。これは、彼が高齢になっていたためとみられます。

日下部子麻呂は、奈良時代の官吏として、筑後介や左兵衛督などの重要な官職を歴任しました。彼は、聖武天皇や孝謙天皇から信頼され、宮中の警備や行政に尽力しました。

山背守に任じられ、藤原仲麻呂の乱を鎮圧

山背守に任じられ、藤原仲麻呂の乱を鎮圧

-山背守に任じられ、藤原仲麻呂の乱を鎮圧-

日下部子麻呂は、763年に山背守に任じられました。山背守とは、現在の京都府南部を管轄する国の長官です。子麻呂は、山背守として、治水事業や民政に取り組み、山背国の発展に貢献しました。

764年、藤原仲麻呂が反乱を起こしました。藤原仲麻呂は、聖武天皇の寵臣であり、政権の中枢を握っていました。しかし、子麻呂は、藤原仲麻呂の乱を鎮圧するのに貢献しました。子麻呂は、山背国の軍勢を率いて、藤原仲麻呂の軍勢と戦いました。そして、藤原仲麻呂の軍勢を破り、藤原仲麻呂の乱を鎮圧しました。

藤原仲麻呂の乱を鎮圧した功績により、子麻呂は、765年に参議に任じられました。参議とは、太政官の次官であり、政務を総理する役職です。子麻呂は、参議として、政務に参画し、国家の運営に貢献しました。

766年、子麻呂は、権中納言に任じられました。権中納言とは、中納言の代理を務める役職です。子麻呂は、権中納言として、中納言の職務を代行し、政務に参画しました。

767年、子麻呂は、従三位に叙せられました。従三位とは、三位の低い方の位階です。子麻呂は、従三位に叙せられたことで、公卿の仲間入りを果たしました。

768年、子麻呂は、中納言に任じられました。中納言とは、太政官の第三位であり、政務を総理する役職です。子麻呂は、中納言として、政務に参画し、国家の運営に貢献しました。

770年、子麻呂は、正三位に叙せられました。正三位とは、三位の低い方の位階です。子麻呂は、正三位に叙せられたことで、公卿の中で上位の地位に就きました。

771年、子麻呂は、権大納言に任じられました。権大納言とは、大納言の代理を務める役職です。子麻呂は、権大納言として、大納言の職務を代行し、政務に参画しました。

772年、子麻呂は、大納言に任じられました。大納言とは、太政官の第二位であり、政務を総理する役職です。子麻呂は、大納言として、政務に参画し、国家の運営に貢献しました。

773年、子麻呂は、従二位に叙せられました。従二位とは、二位の低い方の位階です。子麻呂は、従二位に叙せられたことで、公卿の中でさらに上位の地位に就きました。

774年、子麻呂は、薨去しました。子麻呂は、享年66歳でした。子麻呂は、奈良時代の官吏として、治水事業や民政に取り組み、山背国の発展に貢献しました。また、藤原仲麻呂の乱を鎮圧するのに貢献し、公卿の中で上位の地位にまで上り詰めた人物です。

播磨守として宝亀4年に死去

播磨守として宝亀4年に死去

播磨守として宝亀4年に死去

日下部子麻呂は、播磨守として宝亀4年(773年)に死去しました。播磨守とは、播磨国の長官のことで、現在の兵庫県西部に相当します。子麻呂が播磨守に就任したのは、天平宝字8年(764年)のことです。播磨守在任中には、播磨国で起きた飢饉や疫病を救済し、また、播磨国に流刑されていた人々の赦免に尽力しました。

子麻呂は、播磨守として活躍しましたが、宝亀4年(773年)に死去します。死因は不明ですが、病死または事故死だったのではないかと推測されています。子麻呂の死は、播磨国の人々に大きな衝撃を与え、彼の葬儀には多くの人が参列しました。

子麻呂の死後、播磨守には、坂上苅田麻呂が任命されました。苅田麻呂は、子麻呂と同じく、播磨国の人々から敬愛された人物です。苅田麻呂は、播磨守在任中に、播磨国を発展させ、播磨国の人々の生活を向上させました。

子麻呂と苅田麻呂は、播磨国の発展に尽力した2人の官吏です。彼らの功績は、現在でも播磨国の人々に語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました