「草壁醜経」

「草壁醜経」

穴戸国司としての功績

穴戸国司としての功績

「草壁醜経」とは、奈良時代初期に作られたとされる幽霊譚です。この物語は、主人公の草壁醜経が、穴戸国司として赴任した際に、現地の悪霊に悩まされるというものです。しかし、醜経は悪霊を退治し、穴戸国を平定したと伝えられています。

丑経が穴戸国司として行った最も重要な功績は、悪霊を退治したことでしょう。丑経が穴戸国に赴任したとき、現地は悪霊に悩まされていました。悪霊は人を襲ったり、病気をもたらしたり、作物を枯らしたりと、様々な被害をもたらしていました。丑経は、この悪霊を退治するために、さまざまな手段を講じました。丑経は、まず悪霊の正体を調査しました。そして、悪霊が、かつてこの地に葬られた悪人の怨念であることを突き止めました。丑経は、この悪霊を鎮めるために、お経を唱えたり、供養を行ったりしました。そして、ついに悪霊を退治することに成功しました。

醜経が穴戸国司として行ったもう一つの功績は、穴戸国の開発に努めたことです。丑経は、穴戸国の農地を開拓したり、道路を整備したり、橋をかけたりしました。また、丑経は、穴戸国の文化を振興するため、学校を建設したり、書籍を配布したりしました。丑経の努力によって、穴戸国は大きく発展しました。

丑経が穴戸国司として行った功績は、非常に大きなものです。丑経は、穴戸国を悪霊から守り、穴戸国の開発に努めました。丑経の功績によって、穴戸国は大きく発展し、人々は幸せに暮らすことができました。

白雉と改元

白雉と改元

– 白雉と改元

「草壁醜経」の下に作られた小見出しの「白雉と改元」では、白雉という瑞鳥が現れたことで改元が行われたことを解説しています。

白雉とは、白いキジのことです。キジは、日本では古来より瑞鳥とされ、その中でも特に白いキジは、極めて縁起の良いものとされていました。

650年、皇極天皇の時代に、白雉が宮中に献上されました。このことを機に、皇極天皇は、翌年を白雉元年と改元しました。この改元は、白雉の出現が、皇極天皇の治世が順調であることを示しているという解釈に基づいています。

白雉の出現は、単に瑞祥として喜ばれただけでなく、改元という政治的な行為にもつながりました。これは、白雉が、皇極天皇の権威を高めるために利用されたことを示しています。

白雉の出現は、日本古代史において、重要な出来事でした。この出来事は、皇極天皇の治世が順調であったことを示すだけでなく、改元という政治的な行為にもつながりました。白雉の出現は、日本古代史において、重要な意味を持つ出来事でした。

孝徳天皇からの褒美

孝徳天皇からの褒美

-孝徳天皇からの褒美-

草壁皇子が難波宮で構想された、第二の都の造営を完成させた時、孝徳天皇がその地に行幸。

天皇は、草壁皇子を「大権」の官位に任命したほか、大犬養連網足を大織冠の官位に任命したという。

大犬養連網足は、草壁皇子に最も信厚であった大臣であり、いずれは左大臣にならんとまでいわれている人物である。

そうした人物が、草壁皇子と同格ともいえる大織冠に任命されている。

第二の都(難波宮)の建設がいかに国家的プロジェクトであったか、理解できよう。

草壁皇子も、この天皇の褒美に、天が自らの意にかなったように感じ「大いに悦び」としている。

翌孝徳天皇二年(650)には、草壁皇子は文武天皇の即位と同時に皇太子の地位につき、さらに大化三年の改新を具体化させる形で日本の新首都の建設を任されている。

首都は飛鳥から、孝徳天皇が眠る河内・茨木へと遷都することとなった。

タイトルとURLをコピーしました