平安時代の陰陽師「家原郷好」の人物情報:伝記概要

平安時代の陰陽師「家原郷好」の人物情報:伝記概要

謎に包まれた官吏:家原郷好の伝記概要

謎に包まれた官吏:家原郷好の伝記概要

-謎に包まれた官吏家原郷好の伝記概要-

平安時代には、多くの優れた陰陽師が活躍し、その中でも家原郷好(いえはらのごうこう)は、その神秘的な力と伝説で知られる人物です。しかし、彼の生涯については、謎に包まれた部分が多く、彼の伝記概要は、断片的な情報から推測されるものとなっています。

家原郷好は、奈良時代の天平宝字元年(757年)に、下野国(現在の栃木県)に生まれました。幼い頃から、陰陽道の才能を発揮し、18歳で陰陽寮に仕官します。彼は、優れた天文学者であり、暦の編纂にも携わっていました。また、彼は、呪術や占いに優れており、多くの不思議な逸話が伝わっています。

家原郷好の最も有名な伝説の一つは、空を飛ぶ術を身につけていたというものです。ある日、彼は、京都から下野国まで、一晩で飛んで帰ったと伝えられています。また、彼は、雨乞いの儀式を行い、干ばつを救ったという話もあります。

家原郷好は、朝廷からも重用され、数多くの要職を歴任しました。彼は、陰陽寮のトップである陰陽頭を務め、また、兵部卿や民部卿も歴任しています。彼は、桓武天皇の信任も厚く、桓武天皇の死後には、その遺言を執行する役目も担いました。

家原郷好は、承和13年(846年)に、80歳で亡くなりました。彼の死後、彼の伝説は語り継がれ、多くの物語や演劇の題材となりました。家原郷好は、平安時代の陰陽師の代表的な人物として、現在でも多くの人々に知られています。

陰陽頭(おんようのかみ)と暦(れき)博士としての役割

陰陽頭(おんようのかみ)と暦(れき)博士としての役割

-陰陽頭(おんようのかみ)と暦(れき)博士としての役割-

家原郷好は、平安時代初期の陰陽師で、陰陽頭と暦博士を務めました。陰陽頭は、陰陽道を統括する最高責任者であり、暦博士は、暦の作成や天文観測を担当する役職です。

家原郷好は、陰陽頭として、陰陽道の知識を駆使して、朝廷の儀式や行事の吉凶を判断したり、天変地異を予測したりしていました。また、暦博士として、毎年、暦を作成し、朝廷に提出していました。

家原郷好は、陰陽頭や暦博士として活躍しただけでなく、陰陽道の研究にも力を注いでいました。彼は、陰陽道の理論や実践方法をまとめた『陰陽略説』や『暦道秘訣』などの著作を著しています。これらの著作は、後の陰陽師たちに大きな影響を与えました。

家原郷好は、平安時代初期の陰陽道において、重要な役割を果たした人物です。彼は、陰陽頭や暦博士として朝廷に仕え、陰陽道の知識を駆使して、朝廷の儀式や行事の吉凶を判断したり、天変地異を予測したりしていました。また、暦博士として、毎年、暦を作成し、朝廷に提出していました。さらに、家原郷好は、陰陽道の研究にも力を注いでおり、陰陽道の理論や実践方法をまとめた著作を著しています。これらの著作は、後の陰陽師たちに大きな影響を与えました。

元慶元年(877)日食時の重要な議論への参与

元慶元年(877)日食時の重要な議論への参与

– 元慶元年(877)日食時の重要な議論への参与

877年7月9日、太陽は完全に月によって覆われる皆既日食が発生しました。この天変地異は、当時多くの人々に大きな衝撃を与え、政府は「陰陽師」と呼ばれた専門家を召集してその原因を探り、対策を講じることになりました。

その中でも、重要な議論に参加した陰陽師の1人が「家原郷好」でした。家原郷好は、平安時代前期の陰陽師で、天文、暦学、地理学などの分野に精通していました。彼は、日食の原因を「太陰が太陽を犯す」ものと説明し、それを避けるために「太陰を遮る」方法を提案しました。

この方法は、朝廷によって採用され、日食当日は、各地で太鼓を叩いたり、火を焚いたりして、太陰を遮る儀式が行われました。その結果、日食は無事に終わり、人々は安堵しました。

家原郷好のこの功績は、彼を当時の陰陽師の中でも重要な人物たらしめました。彼は、その後も政府の顧問として活躍し、903年に亡くなるまで、朝廷に仕えました。

タイトルとURLをコピーしました