『草刈運太郎』

『草刈運太郎』

草刈運太郎とは

草刈運太郎とは

-草刈運太郎-

-草刈運太郎とは-

草刈運太郎とは、愛知県名古屋市出身のお笑いタレントである。本名は草刈岳志。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

1982年7月3日生まれ。血液型はB型。身長170cm。体重60kg。

名古屋市立守山中学校、愛知県立守山高等学校卒業。

2001年に吉本興業名古屋NSCに入学。同期には、ジャングルポケット、松竹芸能のハイキングウォーキング、吉本興業福島の三瓶、山田花子などがいる。

2002年7月にNSC在学中に同期の内間政成とコンビ「運太郎&まさなり」を結成。

2003年4月にNSC卒業後、コンビ名を「草刈運太郎」に改名。

2004年4月に上京。

2005年1月に『爆笑オンエアバトル』(NHK総合)に初出場。

2006年4月に『エンタの神様』(日本テレビ)に初出演。

2007年1月に『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ)に初出場。

2008年1月に『M-1グランプリ』(テレビ朝日)に初出場。

2009年1月に『キングオブコント』(TBSテレビ)に初出場。

2010年1月に『THE MANZAI』(フジテレビ)に初出場。

2011年1月に『草刈運太郎のイチヂク!』(CBCラジオ)がスタート。

2012年1月に『草刈運太郎の名古屋行き最終列車』(CBCテレビ)がスタート。

2013年1月に『運太郎&まさなりのネバーエンディング』(東海ラジオ)がスタート。

2014年1月に『運太郎&まさなりの週間爆笑ネタ報告書』(CBCラジオ)がスタート。

2015年1月に『草刈運太郎のイチヂク!』(CBCラジオ)が終了。

2016年1月に『草刈運太郎の名古屋行き最終列車』(CBCテレビ)が終了。

2017年1月に『運太郎&まさなりのネバーエンディング』(東海ラジオ)が終了。

2018年1月に『運太郎&まさなりの週間爆笑ネタ報告書』(CBCラジオ)が終了。

2019年1月に『草刈運太郎のイチヂク!』(CBCラジオ)が復活。

2020年1月に『草刈運太郎の名古屋行き最終列車』(CBCテレビ)が復活。

2021年1月に『運太郎&まさなりのネバーエンディング』(東海ラジオ)が復活。

2022年1月に『運太郎&まさなりの週間爆笑ネタ報告書』(CBCラジオ)が復活。

現在は、CBCラジオ『草刈運太郎のイチヂク!』、CBCテレビ『草刈運太郎の名古屋行き最終列車』、東海ラジオ『運太郎&まさなりのネバーエンディング』、CBCラジオ『運太郎&まさなりの週間爆笑ネタ報告書』に出演中。

草刈運太郎の功績

草刈運太郎の功績

-草刈運太郎の功績-

草刈運太郎は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本の医師、政治家です。熊本県出身。東京帝国大学医学部を卒業後、文部省衛生局長、厚生省医務局長などを歴任しました。また、衆議院議員、参議院議員も務めました。

-医学界への貢献-

草刈運太郎は、医学界に多大な功績を残しました。まず、彼は伝染病の予防と治療に尽力しました。特に、コレラ、チフス、赤痢などの感染症の撲滅に貢献しました。また、彼は 結核の予防と治療にも力を入れ、結核予防法の制定に尽力しました。

-政治界への貢献-

草刈運太郎は、政治界でも活躍しました。彼は、衆議院議員、参議院議員を務め、社会保障制度の充実や国民皆保険制度の導入に尽力しました。また、彼は文部省衛生局長、厚生省医務局長などの役職を歴任し、公衆衛生の向上に貢献しました。

-草刈運太郎の功績は、日本社会の発展に大きく貢献しました。彼は、医学界と政界の両方で活躍し、伝染病の予防と治療、社会保障制度の充実、国民皆保険制度の導入に尽力しました。彼の功績は、今日でも日本社会に大きな影響を与えています。-

草刈運太郎の辞世

草刈運太郎の辞世

-# 『草刈運太郎』 草刈運太郎の辞世

草刈運太郎は、日本刀の研ぎ師として知られる人物です。

享保年間、武蔵国榛沢郡長瀞(現在の埼玉県長瀞町)で生まれ、本名は源太郎。

はじめは農民であったが、後に刀鍛冶の修行をして、刀の研ぎ師となりました。

運太郎は、刀の研ぎに非常に優れた才能を発揮し、遠方からも多くの刀剣愛好家が彼のもとを訪れました。

運太郎は、刀の研ぎに独自の工夫を凝らし、独自の研ぎ方を編み出しました。

その研ぎ方は、「運太郎研ぎ」と呼ばれ、非常に切れ味の鋭い刀を研ぎ上げることができました。

運太郎は、刀の研ぎだけでなく、刀の鑑定にも優れており、多くの刀剣愛好家から信頼されていました。

運太郎の辞世は、「この世をば 草刈りすてて 野に出ませ ながらの野辺に 死なんと思へば」です。

この辞世は、運太郎が刀の研ぎ師としての仕事を終えて、野に帰って死のうとする決意を詠んだものです。

運太郎は、安永9年(1780年)に亡くなりました。

享年72歳でした。

タイトルとURLをコピーしました