「五百重娘」

「五百重娘」

氷上娘の妹で新田部親王を生む

氷上娘の妹で新田部親王を生む

氷上娘の妹で新田部親王を生む

「五百重娘」は、日本の皇族であり、新田部親王を生んだ女性です。彼女は、聖武天皇の娘である氷上娘の妹であり、文武天皇の孫娘にあたります。

「五百重娘」は、藤原不比等の息子である藤原宇合と結婚し、新田部親王を生みました。新田部親王は、桓武天皇の父であり、平安時代の天皇家の祖先にあたります。

「五百重娘」は、新田部親王を生んだ後、756年に亡くなりました。享年22歳でした。彼女は、奈良県の聖林寺に葬られました。

「五百重娘」は、日本の歴史上、重要な役割を果たした女性です。彼女は、新田部親王を生み、平安時代の天皇家の祖先となった人物です。また、彼女は、聖武天皇と文武天皇の血を引く皇族であり、当時の権力者の間で重要な位置を占めていました。

タイトルとURLをコピーしました