– 「五百城入彦皇子」

– 「五百城入彦皇子」

記・紀にみえる景行天皇の皇子

記・紀にみえる景行天皇の皇子

記・紀にみえる景行天皇の皇子

景行天皇には、数多くの皇子たちがいた。その中でも、特に著名な皇子たちを紹介したい。

– 五百城入彦皇子(いおきいりひこのみこ)

五百城入彦皇子は、景行天皇の第三皇子である。母は、景行天皇の妃である八坂入媛命(やつかいりひめのひめみこ)である。五百城入彦皇子は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の弟にあたり、景行天皇の後継者として期待されていた。しかし、五百城入彦皇子は、日本武尊の東征中に病死してしまう。

– 日本武尊(やまとたけるのみこと)

日本武尊は、景行天皇の第四皇子である。母は、景行天皇の妃である常陸国造の娘である簸之波波弁命(ひなのははべのみこと)である。日本武尊は、兄である五百城入彦皇子の死後、景行天皇の後継者として期待されるようになる。日本武尊は、東征を行い、熊襲(くまそ)や蝦夷(えみし)を平定するなど、数多くの武功を立てた。しかし、日本武尊もまた、東征中に病死してしまう。

– 大碓命(おおあすのみこと)

大碓命は、景行天皇の八皇子である。母は、景行天皇の妃である吉備国造の娘である。 母が亡くなった後は、大碓命より先に生まれた同母の妹(同母帝姉)である倭比売命に養育される。大碓命は、日本武尊の死後、景行天皇の後継者として即位する。大碓命は、尾張国に遷都し、尾張に葬られた。

その他にも、景行天皇には zahlreichen皇子たちいた。これらの皇子たちは、それぞれに数々の武功を立て、日本の歴史にその名を刻んでいる。

日本武尊,稚足彦尊ととともに太子となる

日本武尊,稚足彦尊ととともに太子となる

-日本武尊,稚足彦尊ととともに太子となる-

景行天皇の時代、五十猛命(言成別命)を益城に派遣した。そして軍を率いて、胸形(むなかた)県主(九州の宗像郡)と石城(いわき)県主(鹿児島の曽於郡)に反乱を鎮圧させ、九州の全土を掌握する。そして九州を七つの県に再編成し、豪族の勢力を削いで、直轄領を拡張した。

景行天皇は、日本全国を巡行し、各地で歌を残している。この歌が万葉集に収められている。また、景行天皇は多くの皇子をもうけた。その中で、日本武尊、稚足彦尊、五百城入彦皇子は、特に優秀な皇子であった。

日本武尊は、東征の途中で、九州で熊襲を征伐し、また、東国で蝦夷を平定した。そして、日本武尊は、第12代の景行天皇の跡を継いで、第13代の成務天皇となった。

稚足彦尊は、九州の隼人を平定し、また、東国で蝦夷を征伐した。そして、稚足彦尊は、成務天皇の跡を継いで、第14代の仲哀天皇となった。

五百城入彦皇子は、景行天皇の皇子の中で、最も優秀な皇子であった。そして、五百城入彦皇子は、景行天皇の跡を継いで、第15代の応神天皇となった。

景行天皇の時代は、日本の国土が大きく広がり、豪族の勢力が弱まり、天皇の権力が強まった時代であった。そして、景行天皇の時代は、日本武尊、稚足彦尊、五百城入彦皇子が活躍した時代であった。

「古事記」では五百木之入日子命と表記

「古事記」では五百木之入日子命と表記

「古事記」では五百木之入日子命と表記

「五百城入彦皇子」は「古事記」では「五百木之入日子命(いおきいりびこのみこと)」と表記されます。

「五百木之入日子命」は、初代天皇である神武天皇の異母兄で、第2代綏靖天皇の父です。

「五百木之入日子命」は、日向の国(現在の宮崎県)で生まれ、幼い頃から武勇に優れていました。

「五百木之入日子命」は、神武天皇が東方に向けて遠征した際に、先鋒として派遣されました。

「五百木之入日子命」は、東方で多くの戦功を立て、大和国(現在の奈良県)にまで進出しました。

「五百木之入日子命」は、大和国で崩御し、陵墓は奈良県桜井市にあるとされています。

「五百木之入日子命」は、「古事記」では「五百城入彦皇子」と表記されていますが、これは「五百木之入日子命」が、大和国の五百城(現在の桜井市)を拠点としていたことに由来すると考えられています。

「五百木之入日子命」は、神武天皇の異母兄であり、第2代綏靖天皇の父であり、武勇に優れた人物として知られています。

タイトルとURLをコピーしました