五百城入姫皇女- 記紀に登場する皇女

五百城入姫皇女- 記紀に登場する皇女

五百城入姫皇女とは

五百城入姫皇女とは

五百城入姫皇女とは

五百城入姫皇女は、第16代仁徳天皇の皇女で、第17代履中天皇の同母妹(異母妹説あり)です。父である仁徳天皇の皇后である磐之媛皇后の間に生まれた皇女で、履中天皇と仲が良かったとされています。履中天皇の崩御後には、皇位継承問題に巻き込まれ、百済の使者である王仁の計略により、履中天皇の皇子である允恭天皇が即位することとなります。その後、五百城入姫皇女は允恭天皇の妃となり、第19代安康天皇を産みました。

五百城入姫皇女は、日本書紀や古事記にその名が登場する皇女ですが、その生涯については不明な点が多く、謎の多い人物です。

五百城入姫皇女の美しさ

五百城入姫皇女は、その美しさでも知られています。日本書紀や古事記には、五百城入姫皇女の美しさを称える記述が多くあります。例えば、日本書紀には、「五百城入姫皇女は、その美しさにおいて、天下に並ぶ者がなかった」と記されています。また、古事記には、「五百城入姫皇女は、その美しさにおいて、太陽と月を凌駕した」と記されています。

五百城入姫皇女の悲劇

五百城入姫皇女は、その美しさゆえに、悲劇的な運命をたどることになります。履中天皇が崩御した後、皇位継承問題に巻き込まれた五百城入姫皇女は、百済の使者である王仁の計略により、允恭天皇が即位することとなります。その後、五百城入姫皇女は允恭天皇の妃となり、第19代安康天皇を産みますが、安康天皇は継体天皇に暗殺されてしまいます。

五百城入姫皇女は、夫である允恭天皇と息子である安康天皇を相次いで失い、悲嘆のうちに生涯を終えたと言われています。

記紀にみる五百城入姫皇女

記紀にみる五百城入姫皇女

– 記紀にみる五百城入姫皇女

五百城入姫皇女(いおきいりひめのみこ)は、記紀に登場する皇女であり、第26代天皇である継体天皇の異母妹とされています。継体天皇が即位する前は、近江国の豪族である大伴金村の妻であり、507年に継体天皇が即位すると、皇后に冊立されました。しかし、512年に死去しており、皇后としての在位期間は短かったとされています。

五百城入姫皇女は、記紀にいくつかの逸話が伝えられています。そのうちの1つは、五百城入姫皇女が継体天皇に、大伴金村の謀反を知らせたという逸話です。継体天皇と大伴金村は、当初は友好的な関係でしたが、次第に関係が悪化し、金村は継体天皇に対して謀反を企てたとされています。五百城入姫皇女は、金村の謀反を知り、それを継体天皇に知らせたため、金村の謀反は失敗に終わりました。

また、五百城入姫皇女は、継体天皇の死後、その遺言に従って、大伴金村の代わりに、同族の大伴大連(おおとものおおむらじ)を大伴氏の氏上に就かせたとされています。このことは、五百城入姫皇女が継体天皇の信任が厚かったことを示しており、継体天皇の死後も、皇室と大伴氏との関係を維持する役割を果たしていました。

五百城入姫皇女は、6世紀初頭に活躍した皇女であり、その生涯は、記紀にいくつかの逸話が伝えられています。それらの逸話からは、五百城入姫皇女が継体天皇の信任が厚く、皇室と大伴氏との関係を維持する役割を果たしていたことがうかがえます。

五百城入姫皇女の生涯

五百城入姫皇女の生涯

五百城入姫皇女の生涯

五百城入姫皇女は、垂仁天皇の皇后であり、景行天皇と成務天皇の母です。

久安天皇2年に誕生し、垂仁天皇13年に皇太子になりました。垂仁天皇27年に皇后に冊立され、垂仁天皇38年に景行天皇を出産しました。垂仁天皇44年に成務天皇を出産し、垂仁天皇49年に崩御しました。

五百城入姫皇女は、非常に美しい女性であったと伝えられています。また、和歌の才能があり、多くの和歌が残されています。

五百城入姫皇女の生涯は、記紀に詳しく記されています。垂仁天皇の皇后として、景行天皇と成務天皇の母として、重要な役割を果たしました。

五百城入姫皇女の陵墓は、奈良県の奈良市にあり、現在は国の史跡に指定されています。

五百城入姫皇女は、現在でも多くの人々に親しまれています。その美貌と和歌の才能は、人々を魅了し続けています。

タイトルとURLをコピーしました