岡部養竹 – 幕末から明治にかけて活躍した医師

岡部養竹 – 幕末から明治にかけて活躍した医師

生涯と功績

生涯と功績

-# 生涯と功績

岡部養竹(おかべ ようちく、1838年-1904年)は、幕末から明治にかけて活躍した医師です。和歌山県出身。号は雲水(うんすい)。

養竹は、1838年に和歌山県に生まれました。1860年に大阪に出て、緒方洪庵の適塾に入門しました。適塾では、西洋医学を学び、1865年に卒業しました。

卒業後は、和歌山県に戻り、医師を開業しました。1868年には、戊辰戦争に従軍し、負傷兵の治療にあたりました。戊辰戦争後も、医師として活躍し、1873年には、和歌山県医学校を開設しました。

養竹は、医師としてだけでなく、和歌の研究にも熱心でした。1891年には、和歌集「雲水集」を出版しました。

1904年に和歌山県で亡くなりました。

養竹の功績は、大きく分けて2つあります。

1つは、和歌山県に西洋医学を導入したことです。養竹は、適塾で西洋医学を学び、和歌山県に戻ってから、西洋医学の普及に努めました。養竹が開設した和歌山県医学校は、和歌山県における西洋医学教育の中心地となり、多くの医師を輩出しました。

もう1つは、和歌の研究に貢献したことです。養竹は、和歌の研究に熱心で、1891年には、和歌集「雲水集」を出版しました。「雲水集」は、養竹の和歌の才能を高く評価されており、現在でも和歌の愛好者から親しまれています。

養竹は、医師として、和歌の研究者として、幕末から明治にかけて活躍した偉大な人物です。

西洋医学の学びと実践

西洋医学の学びと実践

西洋医学の学びと実践

岡部養竹は、若い頃から西洋医学に興味を持ち、その学びと実践に努めました。1864年、幕府が長崎に設立した長崎養生所に入学し、蘭学を学び始めました。養生所では、ドイツ人医師シーボルトや、その弟子である戸塚静海、高松凌雲らから、西洋医学の基礎を学びました。

1868年、明治維新が起こり、養竹は養生所を退学し、東京に移り住みました。その後、1871年には、東京大学医学校に入学し、西洋医学の専門的な知識を学びました。医学校では、ドイツ人医師エルヴィン・ベルツや、その弟子である長与専斎、佐藤尚中らから、西洋医学の最新知識を学びました。

1875年、養竹は医学校を卒業し、医師として開業しました。開業後は、西洋医学の普及に努め、多くの患者を診ました。また、1880年には、東京医学会を設立し、西洋医学の研究と普及に尽力しました。

養竹は、西洋医学の普及に貢献しただけでなく、日本の医学生の育成にも力を注ぎました。1885年には、東京医学校で教鞭をとり始め、多くの医学生を指導しました。養竹の教え子の中には、後に日本の医学界をリードする医師となった者も少なくありません。

養竹は、西洋医学の学びと実践に努め、日本の医学界の発展に貢献した医師でした。西洋医学を日本に導入し、その普及に尽力した養竹は、日本の近代医学の父の一人として知られています。

坪井信良との出会い

坪井信良との出会い

坪井信良との出会い

岡部養竹は、1833年に江戸で生まれました。1852年に坪井信良と出会い、オランダ医学を学び始めました。坪井信良は、日本の西洋医学の開祖の一人であり、蘭学の大家として知られていました。岡部養竹は、坪井信良のもとで医学を学び、オランダ医学の基礎を固めました。

坪井信良は、蘭学のほか、儒学や漢学にも通じていました。岡部養竹は、坪井信良から儒学や漢学も学び、幅広い教養を身につけました。また、坪井信良は、洋書を数多く所蔵しており、岡部養竹は、坪井信良の蔵書を読破して、西洋の最新の知識を吸収しました。

坪井信良との出会いは、岡部養竹の人生を大きく変えました。坪井信良は、岡部養竹に医学や蘭学、儒学や漢学など、幅広い知識を授け、岡部養竹は、坪井信良のもとで大きく成長しました。坪井信良との出会いは、岡部養竹が後の日本近代医学の発展に貢献する礎となったのです。

タイトルとURLをコピーしました