岡部利済のについて

岡部利済のについて

岡部利済とは?

岡部利済とは?

-# 岡部利済とは?

岡部利済(おかべり りさい、1835年12月10日(天保6年11月9日) – 1899年(明治32年)2月14日)は、日本の政治家。衆議院議員(2期)、内務大臣(第5・6代)、文部大臣・司法大臣(第2代)、元老。通称は民蔵、号は一平。

岡部利済は、1835年(天保6年)11月9日、大坂で旗本・岡部利徳の次男として生まれた。幼名は民蔵。1855年(安政2年)に18歳で父の死をうけ、家督を相続した。1862年(文久2年)には沼田藩主・内藤正縄の娘と結婚し、1864年(元治元年)に内藤氏の旧臣である岡部利定の養子となった。このため、その名を利済と改めた。

1868年(明治元年)に戊辰戦争が勃発すると、岡部利済は徳川慶喜に従って江戸を脱出し、会津戦争に参加した。しかし、会津藩が降伏すると、官軍に投降して釈放された。

1871年(明治4年)に明治政府に出仕し、民部省に出仕した。その後、大蔵省に移り、造幣局長・国税局長・大蔵省次官などを歴任した。1881年(明治14年)に第1回衆議院議員総選挙に当選し、衆議院議員となった。

1885年(明治18年)に第1次伊藤内閣の内務大臣に任命され、1887年(明治20年)に第2次伊藤内閣の文部大臣・司法大臣に任命された。1891年(明治24年)に第2次松方内閣の内務大臣に任命され、1892年(明治25年)に内閣総理大臣に就任した。

1893年(明治26年)に内閣総理大臣を辞任し、元老となった。1899年(明治32年)2月14日、東京で死去した。享年64歳。

岡部利済と岡部富太郎の関係

岡部利済と岡部富太郎の関係

-岡部利済と岡部富太郎の関係-

岡部利済と岡部富太郎は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した武将です。利済は、岡部氏第16代当主であり、富太郎は第17代当主です。

利済は、永禄2年(1559年)に生まれました。父は岡部政澄、母は三浦義同の娘です。利済は、幼い頃から武術に優れ、智勇兼備の武将として知られました。

天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が討たれると、利済は徳川家康に仕えました。家康は利済の才能を高く評価し、東金城主に取り立てました。

利済は、家康の関東征伐や関ヶ原の戦いに従軍して功績を挙げ、岡部氏の領地を拡大しました。慶長19年(1614年)、利済は死去しました。

富太郎は、利済の長男として誕生しました。富太郎は父と同様に武術に優れ、また学問にも通じていました。

富太郎は、父が死去した後に岡部氏の家督を継ぎました。富太郎は寛永12年(1635年)に死去しました。

利済と富太郎は、岡部氏の名を天下に轟かせた名将です。利済は、家康の天下統一に貢献し、富太郎は岡部氏の繁栄を磐石にしました。

岡部利済の経歴

岡部利済の経歴

岡部利済の経歴

岡部利済は、1840年(天保11年)に、播磨国姫路藩主・酒井忠績の子として生まれた。幼名は利親。1855年(安政2年)、岡部藩主・岡部忠精の養嗣子となり、1863年(文久3年)に家督を相続した。

岡部利済は、1868年(慶応4年)の戊辰戦争では、官軍として参戦し、戊辰戦争終結後は、新政府に出仕した。明治2年(1869年)には、刑部大輔に任命され、明治4年(1871年)には、大蔵少輔に任命された。明治6年(1873年)には、大蔵大輔に昇進し、明治8年(1875年)には、大蔵卿に就任した。

岡部利済は、大蔵卿として、地租改正や貨幣制度の改革など、日本の近代化に貢献した。また、殖産興業政策にも力を入れ、日本の経済発展に貢献した。

明治14年(1881年)、岡部利済は、大蔵卿を辞任し、貴族院議員に就任した。明治15年(1882年)には、伯爵に叙爵された。明治19年(1886年)、岡部利済は、50歳で死去した。

タイトルとURLをコピーしました