草野永平:肥前の源氏方武将

草野永平:肥前の源氏方武将

生涯

生涯

生涯

草野永平は、肥前国小城郡大草野郷(現・佐賀県小城市大草野町)を本拠とする肥前の源氏方武将。大草野城主に居城した。

永平は、小城郡司であった父・草野永賢の嫡男として誕生。永賢は、源頼朝に仕えて鎌倉幕府の御家人となり、肥前国で所領を賜っていた。永平も父と同じく頼朝に仕え、鎌倉幕府の御家人となった。

文治5年(1189年)、頼朝が平氏を滅ぼして鎌倉幕府を開くと、永平もそれに従い、鎌倉に下向した。その後、建久4年(1194年)に頼朝が亡くなると、永平は頼朝の遺児である源頼家に仕えた。

しかし、建久10年(1199年)に頼家が北条氏によって追放されると、永平もそれに従い、三浦郡に移住した。その後、建仁3年(1203年)に頼家が北条氏によって殺害されると、永平は肥前国に戻り、大草野城に居城した。

永平は、肥前国で源氏方の勢力を維持し、北条氏の侵略から肥前国を守った。建保6年(1218年)には、北条氏の軍勢を大草野城で破り、源氏方の勝利に貢献した。

その後、永平は肥前国の源氏方武将として活躍し、承久3年(1221年)には、承久の乱で北条氏に味方した肥前国の豪族を討伐した。

永平は、嘉禎3年(1237年)に死去した。享年61。永平の死後、大草野城は嫡男の永時に継承された。

活躍と功績

活躍と功績

– 草野永平肥前の源氏方武将

-# 活躍と功績

草野永平は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した肥前の源氏方武将です。肥前国高来郡草野郷(現在の佐賀県唐津市草野町)を本拠地とし、源頼朝の挙兵に従って平氏打倒に貢献しました。

永平は、草野氏の一族である草野清重の子として生まれました。清重は、源義朝の家臣でしたが、平治の乱で義朝が敗北すると、平清盛に降伏して平氏に仕えました。永平も、清盛の信頼を得て、平家一門の平維盛の郎党となりました。

しかし、寿永4年(1185年)、頼朝が挙兵すると、永平は維盛を離れて頼朝に参じました。頼朝は、永平の武勇を高く評価し、肥前国の地頭職に任命しました。永平は、肥前国で平氏方の勢力を駆逐し、源氏方の支配を確立しました。

文治2年(1186年)、永平は頼朝に従って平氏の本拠地である壇ノ浦に攻め込みました。壇ノ浦の戦いで平氏は滅亡し、永平は戦功を挙げて肥前国の守護職に任命されました。永平は、肥前国の守護職として、源氏方の支配を維持し、肥前国の発展に努めました。

永平は、建久7年(1196年)に52歳で亡くなりました。永平の死後、草野氏は肥前国で勢力を拡大し、鎌倉時代を通じて肥前国を支配しました。

地位と領地

地位と領地

-地位と領地-

草野永平は、肥前国小城郡を拠点とした戦国大名。肥前守護代を務めた。

永平の父・草野秀清は、肥前国の守護大名・少弐氏に仕えていた。永平は、永正4年(1507年)に秀清の後を継いで草野氏の家督を継承。肥前守護代に任じられ、肥前国を統治した。

永平は、肥前国を有力な戦国大名に成長させた。永平は、肥前国内の有力な国人領主を従わせ、領国を拡大した。また、永平は、肥前国と隣接する筑前国や豊前国にも侵攻して、領土を拡大した。

永平は、肥前国の戦国大名として、肥前国の政治・経済・軍事において大きな権力を握っていた。永平は、肥前国の守護代として、肥前国の治安維持や裁判などの行政を担当していた。また、永平は、肥前国の有力な国人領主を従えて、肥前国の軍事を統括していた。

永平は、肥前国の戦国大名として、肥前国の発展に貢献した。永平は、肥前国の有力な国人領主を従えて、肥前国の治安維持や裁判などの行政を担当していた。また、永平は、肥前国の有力な国人領主を従えて、肥前国の軍事を統括していた。

タイトルとURLをコピーしました