廬原臣 – 白村江の戦いで敗れた飛鳥時代の武人

廬原臣 – 白村江の戦いで敗れた飛鳥時代の武人

廬原臣とは?

廬原臣とは?

-廬原臣とは?-

廬原臣(いはらのおみ, ろはらのおみ)は、飛鳥時代の武人。7世紀後半に活躍した。

氏姓はもと賀茂臣。対馬国司を務めた栗隈臣の三男。

660年、百済救援のために将軍として38000人を率いて海を渡り、百済に渡った。661年、白村江の戦いで新羅・唐の連合軍に大敗し、10000人とも15000人とも言われる国兵の3分の1(3万8000人のうち1万2000人とも1万9000人とも)を戦死させた。

戦後、帰国し、朝鮮半島での戦いを報告。この戦いで、新羅・唐の連合軍に大敗した責任を問われて、他の将帥らとともに杖(つえ)百回に処され、官を追われて宮門の外に幽閉された。

668年、捕虜として連行された、百済王族の余党たちが、対馬で反乱を起こした。廬原臣は、その鎮圧に功績をあげ、赦免された。

その後は、軍事顧問的な立場につき、新羅・唐の侵攻に備えていたが、672年、62歳で没したと伝わる。

廬原臣の生涯

廬原臣の生涯

廬原臣の生涯

廬原臣(ろはらの おみ)は、飛鳥時代の武人です。663年の白村江の戦いで新羅・唐連合軍に大敗し、その責任を問われて処刑されました。

廬原臣の生い立ちは不明ですが、蘇我氏の流れをくむ有力な豪族だったとされています。645年に中大兄皇子(後の天智天皇)が蘇我入鹿を討ち滅ぼした乙巳の変では、中大兄皇子側に加勢したとみられます。

660年、唐が高句麗を滅ぼし、新羅と連合して日本に侵攻してきました。廬原臣は、新羅・唐連合軍を迎え撃つために派遣された日本の軍勢の総大将を務めました。

663年8月、白村江の戦いが勃発しました。日本軍は、新羅・唐連合軍に圧倒され、大敗を喫しました。廬原臣は、敗走する日本軍を指揮して撤退しましたが、新羅・唐連合軍の追撃を受けて戦死しました。

白村江の戦いの敗戦の責任を問われた廬原臣は、処刑されました。彼の死は、日本に大きな衝撃を与え、飛鳥時代末期の政治情勢に大きな影響を与えました。

白村江の戦い

白村江の戦い

白村江の戦い

白村江の戦いは、663年8月27日に、現在の韓国忠清南道公州市付近にある白村江で行われた、日本と百済・唐の連合軍との間の戦いである。この戦いは、日本の古代史において重要な転換点となった。

戦いの背景

白村江の戦いは、7世紀後半に日本と百済・唐の間で起こった戦争の一環である。この戦争は、百済が唐に滅ぼされ、日本が百済を支援するために出兵したことから始まった。

戦いの経過

白村江の戦いは、百済・唐連合軍が日本軍を攻撃して始まった。日本軍は、百済・唐連合軍の攻撃を最初は防いだものの、やがて劣勢に立たされた。日本軍は、白村江を渡って撤退したが、百済・唐連合軍はそれを追撃し、日本軍に大損害を与えた。

戦いの結果

白村江の戦いは、日本の敗北に終わった。この戦いで、日本は多くの兵士を失い、百済を支援することができなくなった。また、この戦いで、日本は唐の強さを知ることになり、唐との関係を改善する必要が生じた。

白村江の戦いの影響

白村江の戦いは、日本の古代史において重要な転換点となった。この戦いで、日本は唐の強さを知り、唐との関係を改善する必要が生じた。また、この戦いで、日本は多くの兵士を失い、国防力も低下した。白村江の戦いの後、日本は、唐と友好関係を築くために、遣唐使を派遣し、唐の文化や制度を積極的に取り入れた。

タイトルとURLをコピーしました