草野豹一郎(1886-1951):司法官から弁護士へ転身した人物

草野豹一郎(1886-1951):司法官から弁護士へ転身した人物

草野豹一郎の生い立ちと経歴

草野豹一郎の生い立ちと経歴

草野豹一郎の生い立ちと経歴

1886年、岩手県花巻市に生まれる。祖父は花巻藩の大参事、父は代議士を歴任した。家は旧家を財政難に陥らせ、豹一郎も10歳になると新聞売りをして家計を助けた。

1906年、第一高等学校に進学。1909年、東京帝国大学法科大学に進学。

1913年、司法官試補に任官。福島地方裁判所、東京地方裁判所などに勤務。しかし、司法官としての仕事に疑問を持ち、1921年に退官。

1922年、弁護士を開業。東京弁護士会会長、日本弁護士会連合会会長などを歴任。刑事事件の弁護を多く手がけ、厳しい取り調べや拷問に対して批判的な姿勢を示した。

1946年、公職追放される。1951年に追放解除。同年、病により死去。

草野豹一郎の司法官としてのキャリア

草野豹一郎の司法官としてのキャリア

草野豹一郎(1886-1951)司法官から弁護士へ転身した人物
草野豹一郎の司法官としてのキャリア

草野豹一郎は、1886年(明治19年)に宮城県仙台市で生まれました。父は仙台藩士であり、母は旧加賀藩前田家の出身。1911年(明治44年)に東京帝国大学法学部を卒業後、司法省に入省して司法官となりました。

草野豹一郎は、司法官として、横浜地方裁判所判事、東京地方裁判所判事、東京高等裁判所判事を歴任しました。司法官としての実績は、彼の著書『民事訴訟法論』や『刑事訴訟法論』にも反映されています。これらの著書は、日本の民事訴訟法や刑事訴訟法の発展に大きな貢献をしました。

しかし、草野豹一郎は、1937年(昭和12年)に司法官を辞任して弁護士に転身しました。弁護士としては、主に刑事事件を担当して、多くの冤罪事件で無罪判決を勝ち取りました。

草野豹一郎は、1951年(昭和26年)に64歳で亡くなりました。彼の功績を称えて、1952年(昭和27年)に、草野豹一郎賞が創設されました。草野豹一郎賞は、刑事事件において特に優れた業績を挙げた弁護士に贈られる賞です。

草野豹一郎の弁護士としてのキャリア

草野豹一郎の弁護士としてのキャリア

-草野豹一郎の弁護士としてのキャリア-

草野豹一郎は、1886年(明治19年)に東京で生まれました。東京帝国大学法学部を卒業後、司法官として裁判所勤務し、その後、弁護士に転身しました。

草野豹一郎は、弁護士として数々の裁判に関与しました。その中には、1923年(大正12年)に関東地方を襲った大震災後の復興事業に関連する裁判、「大杉栄事件」(1923年)、「金解禁事件」(1931年)などがあります。

草野豹一郎は、卓越した法律知識と弁護技術で知られ、多くの裁判で勝利を収めました。また、彼は日本弁護士連合会の会長も務め、日本の弁護士制度の発展に貢献しました。

草野豹一郎は、1951年(昭和26年)に65歳で亡くなりました。彼は、日本における最も著名な弁護士の一人として記憶されています。

草野豹一郎の弁護士としてのキャリアは、彼の法律知識と弁護技術、そして正義に対する情熱に支えられていました。彼は、多くの裁判で勝利を収め、日本の弁護士制度の発展に貢献しました。草野豹一郎は、日本における最も著名な弁護士の一人として記憶されています。

タイトルとURLをコピーしました