「五十日足彦命」

「五十日足彦命」

説明

説明

-「五十日足彦命」-

-説明-

五十日足彦命は、日本神話に登場する神様です。別称を「建御名方神(たけみなかたのかみ)」ともいます。

五十日足彦命は、大国主神の息子として生まれました。兄に事代主神がおり、弟に八十神(やそがみ)がいます。

五十日足彦命は、大変な大力士で、一日で五十日の間の土を踏むように歩いたところから、その名が付けられました。

五十日足彦命は、信濃国(現在の長野県)を治めていました。しかし、建御雷之男神が大国主神に国譲りを迫ってきた時、五十日足彦命は諏訪国(現在の長野県諏訪地方)に逃れ、諏訪大社を建てて祀られました。

五十日足彦命は、武勇の神として知られ、また、諏訪大社の祭神として祀られると共に、信濃国一帯の信仰を集めています。

五十日足彦命は、以下の神社で祀られています。

* 諏訪大社(長野県諏訪市)
* 甲斐御厨神社(山梨県甲府市)
* 武田神社(山梨県甲府市)
* 穂積神社(千葉県成田市)
* 高倉神社(福島県郡山市)

五十日足彦命は、日本の神話に登場する重要な神様です。武勇の神として知られ、また、諏訪大社の祭神として祀られると共に、信濃国一帯の信仰を集めています。

五十日足彦命の親族

五十日足彦命の親族

– 五十日足彦命の親族

五十日足彦命は、古事記や日本書紀に伝わる古代日本の神話に登場する神である。

五十日足彦命の父は、天照大神と素戔嗚尊の子である天忍穂耳命である。母は、大国主神と少彦名の娘である神阿多津比売命である。五十日足彦命には、同母弟に大物主神がいる。

五十日足彦命は、天孫降臨の際に、天照大神から地上を平定するよう命じられた。五十日足彦命は、大物主神とともに地上に降り立ち、出雲国を平定した。その後、五十日足彦命は、大和国に都を定め、初代天皇となった。

五十日足彦命は、建国神話に登場する重要な神である。また、五十日足彦命の親族である神々は、日本の神話において重要な役割を果たしている。

以下に、五十日足彦命の親族の一覧を示す。

* 父天忍穂耳命
* 母神阿多津比売命
* 同母弟大物主神

五十日足彦命の親族は、日本の神話において重要な役割を果たしている。

五十日足彦命の末裔

五十日足彦命の末裔

-五十日足彦命の末裔-

五十日足彦命は、日本神話に登場する神で、饒速日命の子、建御雷之男神の孫、邇邇芸命の高祖父にあたる。彼は、日向国の高千穂に降臨し、地上を治めたとされる。五十日足彦命は、農業の神、漁業の神、狩猟の神、医薬の神として崇められ、全国各地に彼の名を冠した神社がある。

五十日足彦命の末裔は、全国各地に分布している。その中でも、特に有名なのが、紀伊国(現在の和歌山県)に拠った熊野氏である。熊野氏は、五十日足彦命の曾孫である神武天皇の弟、建五十日命を祖とする氏族である。熊野氏は、古代から紀伊国を支配し、朝廷からも厚い信頼を受けていた。平安時代末期に、熊野氏は平家方に味方したが、壇ノ浦の戦いで敗北し、滅亡した。

また、常陸国(現在の茨城県)に拠った佐竹氏も、五十日足彦命の末裔であるとされる。佐竹氏は、平安時代初期に、常陸国に下向したとされる。佐竹氏は、鎌倉時代から戦国時代にかけて、常陸国の有力な豪族として活躍し、江戸時代には、大名に列せられた。佐竹氏は、明治維新まで、常陸国を支配した。

五十日足彦命の末裔は、全国各地に分布しており、その功績は、日本史に大きな影響を与えている。

タイトルとURLをコピーしました