「伊賀範俊」(⇒安藤守就(あんどう-もりなり))について

「伊賀範俊」(⇒安藤守就(あんどう-もりなり))について

伊賀範俊とは

伊賀範俊とは

-伊賀範俊とは-

伊賀範俊(いが-のりとし)は、1180年(治承4年)に生まれ、1247年(宝治2年)に死去した鎌倉時代の武将です。彼は、伊賀国(現在の三重県伊賀市)を拠点とした武士であり、伊賀氏の一族として知られています。範俊は、幼い頃から武芸に秀でており、1193年(建久4年)に源頼朝が挙兵した際には、父・伊賀光季(いが-みつすえ)に従って参戦し、功績を挙げました。その後、範俊は、源頼朝の信頼を得て、伊賀国守護に任命されました。

範俊は、伊賀国守護として、伊賀国の治安維持に努め、また、源頼朝の命を受けて、各地の戦いに従軍しました。1221年(承久3年)には、承久の乱で朝廷方と戦いましたが、敗北して伊賀国に逃亡しました。その後、範俊は、源頼朝の死後に鎌倉幕府の執権となった北条泰時(ほうじょう-やすとき)に降伏し、伊賀国守護の職に復帰しました。

範俊は、その後も、伊賀国守護として、伊賀国の治安維持に努めましたが、1247年(宝治2年)に死去しました。範俊の死後、伊賀国の守護職は、子の伊賀光経(いが-みつつね)が継承しました。

伊賀範俊の経歴

伊賀範俊の経歴

– 伊賀範俊の経歴

伊賀範俊(伊賀守就)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。甲斐武田氏、越後上杉氏、豊臣氏に仕えました。

範俊は、信濃国伊賀氏の一族として生まれました。若い頃は、武田信玄に仕えていました。武田信玄が没すると、武田勝頼に仕えましたが、天正10年(1582年)に武田氏が滅亡すると、上杉景勝に仕えました。

上杉景勝が豊臣秀吉に降伏すると、範俊も豊臣秀吉に仕えることになりました。豊臣秀吉からは、丹波国氷上郡内に所領を与えられました。

その後、範俊は、豊臣秀吉の九州征伐に従軍し、功績をあげました。また、朝鮮出兵にも従軍し、蔚山城の戦いでは、総大将を務めました。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが勃発すると、範俊は、西軍に属して戦いました。しかし、西軍は敗北し、範俊も捕らえられました。

範俊は、捕らえられた後、斬首されました。享年57歳でした。

範俊は、武田信玄、上杉景勝、豊臣秀吉に仕えた武将で、戦国時代から安土桃山時代にかけての数々の戦いで活躍しました。

伊賀範俊の活躍

伊賀範俊の活躍

-伊賀範俊の活躍-

伊賀範俊は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。豊臣秀吉に仕えた。永禄13年(1570年)、伊賀国名張郡に生まれる。天正10年(1582年)、本能寺の変の際に秀吉に随従して京都に上り、山崎の戦いで功績を挙げた。天正11年(1583年)、四国征伐に従軍し、阿波国撫養城の戦いで活躍した。天正12年(1584年)、九州征伐に従軍し、島津義久を降伏させた。天正13年(1585年)、四国征伐に合わせて実施された四国検地で豊臣秀長に御検地奉行として従った。天正15年(1587年)、九州征伐の際に肥後国八代城の攻略戦で再び活躍した。天正18年(1590年)、小田原征伐に従軍し、北条氏政を降伏させた。文禄元年(1592年)、朝鮮出兵に従軍し、蔚山城の戦いなどで活躍した。文禄2年(1593年)、文禄の役の際に蔚山倭城の普請奉行を務めた。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍に属し、大垣城の戦いで戦死した。

伊賀範俊は、勇猛果敢な武将として知られ、秀吉の天下統一に大きく貢献した。また、伊賀範俊は、築城にも長けており、蔚山倭城の普請奉行を務めた。伊賀範俊は、関ヶ原の戦いで戦死したが、その武勇は語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました