伊賀風山 – 江戸時代前期から中期の兵法家

伊賀風山 – 江戸時代前期から中期の兵法家

正保元年生まれの兵法家

正保元年生まれの兵法家

-正保元年生まれの兵法家-

伊賀風山は、正保元年(1644年)に江戸で生まれた兵法家です。本名は青山元信。父は青山俊一の三男で、母は松平定綱の娘です。

風山は幼少の頃から武術に優れ、13歳の時に将軍徳川家綱に拝謁し、その才能を認められました。その後、柳生宗矩に入門し、兵法を学びました。

20歳の時に将軍後見人酒井忠清に仕え、その重臣となりました。忠清の死後、風山は徳川綱吉に仕え、その側近として活躍しました。

風山は、兵法の大家として知られ、多くの弟子を育てました。その中でも、柳生三厳、柳生宗冬、柳生十兵衛などの名将が輩出されました。

風山の兵法は、実戦的なもので、武術の技術だけでなく、戦術や戦略を重視しました。また、風山は、兵法の理論を研究し、多くの兵法書を著しました。

風山の兵法は、江戸時代を通じて、多くの武士に学ばれ、日本の兵法の発展に大きな影響を与えました。

風山は、延宝8年(1680年)に37歳の若さで亡くなりました。しかし、その兵法は、弟子たちによって受け継がれ、江戸時代を通じて、日本兵法の主流となりました。

甲州流兵学をはじめ、諸流兵法を学び究める

甲州流兵学をはじめ、諸流兵法を学び究める

伊賀風山 – 江戸時代前期から中期の兵法家

甲州流兵学をはじめ、諸流兵法を学び究める

伊賀風山(いがふうざん)は、江戸時代前期から中期に活躍した兵法家です。甲州流兵学、神道流兵学、陰流兵学など、様々な流派の兵法を学び、究めました。また、独自の兵法理論も構築し、多くの弟子を育てました。

風山は、甲斐国(現在の山梨県)に生まれました。幼い頃から武術に興味を持ち、甲州流兵学の師範である小笠原長治に師事しました。その後、神道流兵学の師範である玄武館吉岡清十郎や、陰流兵学の師範である柳生宗厳に師事し、それぞれ免許皆伝を受けました。

風山は学んだ三つの流派の兵法を、融合・編纂した、独自の風 Sơn 兵法を編み出しました。風 Sơn 兵法は、死生観を根底に持った悲壮な美しさで知られ、武士道精神を体現した兵法として評価されています。

また、風山は兵法だけでなく、儒学や禅学にも通じていました。弟子たちの教育には、兵法だけでなく、儒学や禅学の教えも取り入れました。

風山は、1724年(享保9年)に75歳で亡くなりました。しかし、彼の遺した兵法理論と、彼に学んだ弟子たちは、その後も江戸時代の兵法界に大きな影響を与え続けました。

寛文10年に「経権提要」を著し、桑名藩の普請奉行に就任

寛文10年に「経権提要」を著し、桑名藩の普請奉行に就任

-寛文10年に「経権提要」を著し、桑名藩の普請奉行に就任-

伊賀風山は、寛文10年(1670年)に「経権提要」を著し、桑名藩の普請奉行に就任しました。

「経権提要」は、儒教の経典と兵法の権術を総合的に論じたもので、兵法の理論と実践を結びつけることを目的とした書物です。この書は、当時の兵法書としては画期的なものであり、多くの兵法家に影響を与えました。

普請奉行は、土木工事や建築工事などの公共事業を総括する役職です。伊賀風山は、普請奉行として、桑名藩の城や道路などの公共施設の建設や修繕に携わりました。

伊賀風山は、兵法家としてだけでなく、普請奉行としても優れた才能を発揮し、桑名藩に多大な貢献をしました。

タイトルとURLをコピーしました