伊賀光季ー鎌倉時代の武将ー

伊賀光季ー鎌倉時代の武将ー

伊賀光季の生涯

伊賀光季の生涯

-# 伊賀光季の生涯

伊賀光季は、鎌倉時代の武将である。陸奥国伊賀郡を本貫とし、伊賀氏の祖とされる。

光季は、鎌倉幕府の御家人であり、建久7年(1196年)の源頼朝の奥州藤原氏征伐に従軍した。その後も、承久の乱や宝治合戦などで活躍した。

光季は、伊賀氏を中興した名将として知られている。伊賀氏は、鎌倉時代から戦国時代にかけて、陸奥国で勢力を誇った名族である。

また、光季は、和歌にも優れており、多くの和歌が残されている。

光季は、文永9年(1272年)に死去した。享年62歳。

光季の死後、伊賀氏は、光季の嫡男である光宗が継承した。光宗は、永仁5年(1297年)に死去した。享年55歳。

光宗の死後、伊賀氏は、光季の孫である光基が継承した。光基は、正和元年(1312年)に死去した。享年49歳。

光基の死後、伊賀氏は、光基の嫡男である光貞が継承した。光貞は、観応2年/正平7年(1351年)に死去した。享年43歳。

光貞の死後、伊賀氏は、光貞の嫡男である光兼が継承した。光兼は、永徳3年(1383年)に死去した。享年39歳。

光兼の死後、伊賀氏は、光兼の嫡男である光信が継承した。光信は、応永26年(1419年)に死去した。享年67歳。

光信の死後、伊賀氏は、光信の嫡男である光頼が継承した。光頼は、永享11年(1439年)に死去した。享年52歳。

光頼の死後、伊賀氏は、光頼の嫡男である光時が継承した。光時は、永禄3年(1560年)に死去した。享年49歳。

承久の乱での役割

承久の乱での役割

承久の乱での役割

承久の乱は、1221年に鎌倉幕府と朝廷の間で行われた内乱である。伊賀光季は、幕府側の武将としてこの乱に参加し、朝廷軍と戦った。

光季は、乱の初期に、幕府軍の一員として、朝廷軍が立てこもる東大寺を攻撃した。この戦いで、光季は、朝廷軍の将である藤原頼経を討ち取り、幕府軍の勝利に貢献した。

その後、光季は、幕府軍の総大将である北条泰時に従い、朝廷軍の本拠地である京都へ向かった。光季は、京都での戦いでも活躍し、朝廷軍を破って、幕府軍の勝利に貢献した。

承久の乱は、幕府軍の勝利に終わり、朝廷は幕府に屈服した。光季は、この乱での功績を賞され、鎌倉幕府から恩賞を授与された。

光季は、鎌倉時代の武将として、承久の乱で活躍し、幕府軍の勝利に貢献した。光季の活躍は、鎌倉幕府の権力を確立するのに貢献したと言える。

伊賀光季の死

伊賀光季の死

伊賀光季の死

伊賀光季は、鎌倉時代の武将であり、伊賀氏の一族でした。源頼朝の挙兵に際しては、頼朝軍に加わり、伊豆国の石橋山の戦いに参加しました。その後は、頼朝の鎌倉入りにも従い、鎌倉幕府の成立に貢献しました。

頼朝の死後、幕府内では権力争いが激化し、畠山重忠、梶原景時、三浦義村らが相次いで討たれました。伊賀光季も、この権力争いに巻き込まれ、1213年の和田合戦で討ち死にしました。

和田合戦は、三浦義村が和田義盛を謀殺した事件をきっかけに勃発した合戦です。伊賀光季は、和田義盛の弟である和田朝盛に加勢し、三浦義村軍と戦いましたが、敗北して討ち死しました。

伊賀光季の死は、鎌倉幕府における伊賀氏の勢力の衰退を招きました。伊賀氏は、その後も鎌倉幕府に仕え続けましたが、かつてのような権勢を回復することはできませんでした。

伊賀光季は、鎌倉時代の武将として、源頼朝に仕え、鎌倉幕府の成立に貢献しました。しかし、和田合戦で討ち死に し、伊賀氏の勢力は衰退しました。

タイトルとURLをコピーしました