「伊賀光長」

「伊賀光長」

伊賀光長の生涯

伊賀光長の生涯

-伊賀光長の生涯-

-誕生と幼少期-

伊賀光長は、1558年に伊賀国忍者の名家である服部半蔵の息子として生まれました。幼い頃から武芸の才能を発揮し、特に剣術と忍術を得意としました。

-織田信長への仕官-

光長は、織田信長の家臣である明智光秀の推薦で、織田信長に仕官することになりました。光長は、信長の側近として仕え、数々の戦いで活躍しました。特に、1582年の本能寺の変では、信長の自害を助け、逃亡を支援しました。

-豊臣秀吉への仕官-

本能寺の変の後、光長は豊臣秀吉に仕官しました。秀吉は、光長の武勇を高く評価し、数々の重要任務を託しました。特に、1592年の文禄・慶長の役では、秀吉の命を受けて朝鮮に渡海し、数々の戦いで活躍しました。

-徳川家康への仕官-

秀吉の死後、光長は徳川家康に仕えました。家康は、光長の忠義と武勇を信頼し、数々の重責を担わせました。特に、1600年の関ヶ原の戦いでは、光長は家康の軍勢を率いて戦い、勝利に貢献しました。

-晩年-

関ヶ原の戦いの後、光長は伊賀国の伊賀上野城を領地として与えられ、晩年を過ごしました。光長は、1632年に75歳で亡くなりました。

-伊賀光長の功績-

伊賀光長は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑に仕えた名将です。光長は、数々の戦いで活躍し、主君たちの信頼を得ました。光長は、伊賀流忍術の祖としても知られており、その武勇は後世まで語り継がれています。

伊賀光長と北畠顕家

伊賀光長と北畠顕家

– 伊賀光長と北畠顕家

伊賀光長は、伊賀の名門である伊賀氏の一族で、伊賀光高の庶長子として生まれました。母は北畠顕家の娘である北畠朝子です。光長は幼少期から聡明で、武芸にも秀でていました。

光長は、16歳の時に父である光高が亡くなり、家督を継ぎました。光長は、伊賀氏をまとめ上げて、北畠顕家と協力して、織田信長の侵攻に抵抗しました。しかし、1579年に顕家が信長に敗れ、戦死すると、光長は伊賀を捨てて、紀伊に逃亡しました。

光長は、紀伊で潜伏生活を送っていましたが、1582年に信長が本能寺の変で横死すると、伊賀に帰還しました。光長は、伊賀氏を再興し、豊臣秀吉に仕えました。

光長は、秀吉の九州征伐や朝鮮出兵に参加し、功績を挙げました。秀吉の死後、光長は徳川家康に仕えました。家康は、光長を大和郡山藩主としました。

光長は、1603年に死去しました。光長は、伊賀氏を再興し、豊臣秀吉や徳川家康に仕えるなど、戦国時代を生き抜いた武将でした。

-# 伊賀光長と北畠顕家の関係

伊賀光長と北畠顕家は、叔父と甥の関係でした。光長の母である北畠朝子は、顕家の姉です。光長と顕家は、幼少期から親しく、成人してもその関係は続き、協力して織田信長の侵攻に抵抗しました。

しかし、1579年に顕家が信長に敗れ、戦死すると、光長は伊賀を捨てて、紀伊に逃亡しました。光長は、紀伊で潜伏生活を送っていましたが、1582年に信長が本能寺の変で横死すると、伊賀に帰還しました。

光長は、伊賀氏を再興し、豊臣秀吉に仕えました。秀吉の死後、光長は徳川家康に仕え、大和郡山藩主となりました。

光長は、1603年に死去しました。光長は、伊賀氏を再興し、豊臣秀吉や徳川家康に仕えるなど、戦国時代を生き抜いた武将でした。

伊賀光長の戦死

伊賀光長の戦死

– 伊賀光長の戦死

伊賀光長は、伊賀氏の家臣であり、伊賀忍者としても知られていた人物です。彼は、伊賀氏の当主であった伊賀光政の弟として生まれ、幼い頃から忍術を学びました。

光長は、伊賀忍者の頭領として、伊賀氏の勢力拡大に貢献しました。彼は、伊賀忍者の伝統的な戦術であるゲリラ戦や奇襲戦を得意とし、敵を翻弄して勝利を収めました。

しかし、光長は、最終的には戦死しました。彼の死には、様々な説があります。

* 伊賀氏が織田信長と敵対した際、光長は信長軍と戦って戦死したという説。
* 伊賀氏が豊臣秀吉と敵対した際、光長は秀吉軍と戦って戦死したという説。
* 光長は、伊賀氏の家臣である服部半蔵に暗殺されたという説。

光長の死は、伊賀氏にとって大きな損失となりました。伊賀氏は、光長の死後も織田信長や豊臣秀吉と戦いましたが、最終的には滅亡しました。

光長は、伊賀忍者として知られる人物であり、その死は伊賀氏にとって大きな損失となりました。しかし、彼の死は、伊賀忍者の伝説をさらに高めることになりました。

タイトルとURLをコピーしました