久志本常顕 – 織豊時代の医師

久志本常顕 – 織豊時代の医師

久志本常顕の生涯

久志本常顕の生涯

久志本常顕の生涯

久志本常顕は、戦国時代から安土桃山時代にかけての医師です。1543年、摂津国(現在の大阪府)に生まれました。幼少期から医学を学び、成人すると京都に出て開業しました。

常顕が活躍した時代は、戦乱が相次ぎ、人々の暮らしは不安定でした。そんな中、常顕は人々の命を救うために尽力しました。常顕は、貧しい人々にも無料で診察を行い、薬を処方しました。また、常顕は、医学書を執筆し、後世の医師に医学の知識を伝えました。

常顕は、1616年に亡くなりました。享年74歳でした。常顕の死後、その功績を称えて、摂津国に久志本常顕の墓が建てられました。

常顕は、日本の医学の発展に貢献した偉大な医師です。常顕の生涯は、人々の命を救うために尽力した医師の生き方を示しています。

久志本常顕の生涯を振り返ると、常顕が人々の命を救うために尽力した医師であったことがわかります。常顕は、貧しい人々にも無料で診察を行い、薬を処方しました。また、常顕は、医学書を執筆し、後世の医師に医学の知識を伝えました。常顕の功績は、日本の医学の発展に大きく貢献しています。

久志本常顕の功績

久志本常顕の功績

久志本常顕の功績

久志本常顕は、16世紀後半から17世紀初頭にかけて活躍した医師です。彼は、豊臣秀吉の侍医を務め、秀吉の朝鮮出兵にも同行しました。また、豊臣秀次の介添え役も務めており、秀次の切腹の際にはその介錯を務めました。

常顕は、優れた医師として知られており、多くの医学書を著しました。その代表作である『傷科秘録』は、江戸時代の医師の間で広く読まれ、日本の外科医学の発展に大きな影響を与えました。また、常顕は、新しい薬の開発にも積極的で、数々の薬方を考案しました。

常顕の功績は、医学の発展にとどまりません。彼は、茶人としても知られ、千利休と親交がありました。また、書家としても優れており、書道をたしなんだと言われています。

常顕は、織豊時代の代表的な文化人であり、その功績は、今日でも高く評価されています。

具体的な久志本常顕の功績は以下の通りです。

・優れた医師として、多くの医学書を著し、日本の外科医学の発展に貢献した。
・新しい薬の開発にも積極的で、数々の薬方を考案した。
・茶人としては、千利休と親交があり、茶の湯の普及に貢献した。
・書家としては、優れており、書道をたしなんだ。

久志本常顕の著作

久志本常顕の著作

-久志本常顕の著作-

久志本常顕は、織豊時代の名医として知られています。彼はまた、多くの医学書を著しており、その内容は現在でも高く評価されています。

常顕の最も有名な著作は、『医玄』です。『医玄』は、全10巻からなる医学書で、内科、外科、婦人科、小児科など、さまざまな分野の医学について解説しています。常顕は、中国の医学書を参考にしながら、『医玄』を執筆しました。しかし、彼は単に中国の医学をそのまま紹介したわけではありません。日本の風土や習慣に合わせて、中国の医学をアレンジしています。そのため、『医玄』は、日本独自の医学書として高く評価されています。

『医玄』以外にも、常顕は『傷寒論』『金匱要略』などの医学書を著しています。これらの医学書は、いずれも中国の医学書を参考にしながら執筆されたものです。しかし、常顕は、中国の医学をそのまま紹介したわけではありません。日本の風土や習慣に合わせて、中国の医学をアレンジしています。そのため、これらの医学書も、日本独自の医学書として高く評価されています。

常顕の医学書は、江戸時代以降も広く読まれ、日本医学の発展に大きく貢献しました。現在でも、常顕の医学書は、医学史の研究者や漢方医の間で高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました