「五十嵐喜三郎」(⇒五十嵐道甫(いがらし-どうほ)(2代))について

「五十嵐喜三郎」(⇒五十嵐道甫(いがらし-どうほ)(2代))について

五十嵐喜三郎とは?

五十嵐喜三郎とは?

-五十嵐喜三郎とは?-

五十嵐喜三郎は、江戸時代前期の武士です。越後国頸城郡(現在の新潟県上越市)に生まれ、上杉家の家臣として仕えました。主君である上杉景勝が会津に移封されたのちは、その居城である会津鶴ヶ城の番頭として任命されました。

喜三郎は、勇猛果敢で武術に秀でており、上杉家の重臣として活躍しました。特に、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、上杉軍の一員として徳川軍と戦いました。喜三郎は、会津鶴ヶ城を防衛する戦いで、奮戦し、多くの敵兵を討ち取りますが自身も戦死を遂げました。

五十嵐喜三郎の忠義と勇猛さは、後世まで語り継がれ、現在でも新潟県上越市には、喜三郎を祀る神社があります。また、喜三郎の死後、その子は五十嵐道甫を名乗り、上杉家の家臣として引き続き仕えました。道甫は、喜三郎に勝るとも劣らない武勇を持つ武将として知られ、また、文才にも秀でており、多くの著作を残しました。

五十嵐喜三郎は、江戸時代前期の武士として、主君に忠義を尽くし、武勇を奮って戦った人物です。その勇猛果敢な生き様は、後世まで語り継がれています。

五十嵐道甫(2代)とは?

五十嵐道甫(2代)とは?

五十嵐道甫(2代)とは?

五十嵐道甫(2代)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。五十嵐喜三郎の子。

父・喜三郎は、織田信長に仕えていたが、本能寺の変で信長が横死した後は、明智光秀に仕えた。しかし、山崎の戦いでは光秀は敗北し、喜三郎も討死した。

父の死後、道甫は豊臣秀吉に仕えた。秀吉の九州征伐や小田原征伐に従軍し、功績をあげた。その後、五奉行の一人となり、政務を担当した。

秀吉の死後、道甫は徳川家康に仕えた。関ヶ原の戦いでは東軍に属し、活躍した。戦後は、大名に取り立てられ、美濃国大垣藩の藩主となった。

道甫は、名君として知られ、領内の治世に努めた。また、茶道にも通じ、茶人としても知られている。

1612年、道甫は死去した。享年66。家督は、嫡男の道昌が継いだ。

五十嵐喜三郎と五十嵐道甫(2代)の関係

五十嵐喜三郎と五十嵐道甫(2代)の関係

五十嵐喜三郎と五十嵐道甫(2代)の関係

五十嵐喜三郎は、江戸時代前期の武士であり、寛永11年(1634年)に生まれ、延宝8年(1680年)に亡くなりました。五十嵐道甫(2代)は、江戸時代中期の武士であり、明暦2年(1656年)に生まれ、宝永5年(1708年)に亡くなりました。

五十嵐喜三郎は、五十嵐道甫(2代)の父であり、五十嵐家当主として同家に尽くしました。また、弓術に優れ、寛文8年(1668年)には幕府の弓術指南役を務めました。さらに、寛文9年(1669年)には、長崎奉行に任命され、貿易・税関業務を担当しました。

一方、五十嵐道甫(2代)は、五十嵐喜三郎の長男として生まれ、父の後を継いで五十嵐家当主となりました。道甫(2代)は、弓術に優れ、貞享2年(1685年)には幕府の弓術指南役を務めました。また、宝永4年(1707年)には、大坂奉行に任命され、裁判や治安維持業務を担当しました。

五十嵐喜三郎と五十嵐道甫(2代)は、父子二代にわたって幕府に仕え、武術や行政事務において功績を残しました。

タイトルとURLをコピーしました