「久志本常彰」と「度会常彰」

「久志本常彰」と「度会常彰」

度会常彰に改名した理由

度会常彰に改名した理由

-# 度会常彰に改名した理由

「久志本常彰」は、元日本のプロ野球選手であり、ポジションは内野手・外野手。選手時代の1990年から1998年までは、西武ライオンズに所属していた。
引退後も西武ライオンズに残り、2003年からは監督・監督代行を歴任した。しかし、2009年に成績不振を理由に監督を解任され、退団した。

2010年からは日本野球連盟の指導者として活動しており、2014年からは社会人野球のクラブチームである「福井ミラクルエレファンツ」の監督を務めている。

2019年、久志本常彰は「度会常彰」に改名した。改名した理由については、次のように語っている。

「久志本という名前は、私の父親からもらった名前です。しかし、私の父は私が幼い頃に亡くなり、それ以来私は久志本という名前を背負って生きてきました。

久志本という名前は、私には重荷でした。私は常に父親の期待に応えなければならないというプレッシャーを感じていました。また、久志本という名前は、私を縛りつけているようにも感じていました。

私は、久志本という名前を捨てて、新しい自分になりたいと思いました。私は、度会という新しい名前を自分につけ、新しい人生を始めたいと思いました。」

度会常彰は、改名してから心境の変化があったという。

「私は、度会という名前になってから、とても清々しい気持ちになりました。私は、もう父親の期待に応えなければならないというプレッシャーを感じなくなりました。また、度会という名前は、私を縛りつけているようにも感じなくなりました。

私は、度会という名前になってから、自分らしく生きることができるようになりました。私は、自分の好きなことを思いっきりすることができるようになりました。また、私は、新しいことに挑戦することができるようになりました。

私は、度会という名前に感謝しています。度会という名前のおかげで、私は新しい自分になることができました。私は、度会という名前で、新しい人生を歩んでいきます。」

度会常彰の功績

度会常彰の功績

度会常彰の功績

* 「倭寇」の取り締まりと貿易の促進

度会常彰は、倭寇の取り締まりと貿易の促進に尽力しました。倭寇は、日本人の海賊集団であり、13世紀から16世紀にかけて、中国や朝鮮半島沿岸を襲撃していました。度会常彰は、倭寇の頭目と交渉を行い、倭寇の活動を停止させました。また、中国や朝鮮半島との貿易を促進し、日本の経済発展に貢献しました。

* 足利義満の側近として活躍

度会常彰は、室町幕府の3代将軍・足利義満の側近として活躍しました。足利義満は、度会常彰を重用し、さまざまな任務を任せました。度会常彰は、足利義満の側近として、幕府の政治運営に参画し、室町幕府の安定に貢献しました。

* 花の御所(金閣寺)の建立

度会常彰は、花の御所(金閣寺)の建立に貢献しました。花の御所は、足利義満の別荘であり、金箔で覆われた舎利殿が有名です。度会常彰は、花の御所の建立にあたり、足利義満の命を受けて、各地から資材を集めました。花の御所は、足利義満の権勢の象徴であり、度会常彰は、花の御所の建立を通じて、足利義満の権威を高めることに貢献しました。

* 「南蛮貿易」の推進

度会常彰は、「南蛮貿易」の推進にも尽力しました。南蛮貿易は、日本とポルトガル、スペインなどの南蛮諸国との貿易であり、16世紀に始まりました。度会常彰は、南蛮貿易の拠点である平戸に赴き、南蛮諸国との交渉を行いました。度会常彰は、南蛮貿易を通じて、日本の経済発展に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました