久志本常範

久志本常範

久志本常範の生涯

久志本常範の生涯

久志本常範の生涯

久志本常範は、1826年(文政9年)、常陸国那珂郡下小瀬村(現・茨城県ひたちなか市)に生まれました。幼名は亀太郎。13歳で儒学者・漢詩人である石岡良庵に師事し、19歳で江戸に出て医術を学びました。その後、24歳で久志本姓を名乗り、26歳で群馬県前橋藩士の松井家の養子となりました。

31歳のときに、久志本常範は前橋藩の藩主・松井松平定業の命で、江戸の蘭学塾である「蘭学所」に入学しました。そこで、蘭学を学び、西洋医学の知識を深めました。36歳のときに、蘭学所の教授となり、多くの学生に西洋医学を教えました。

44歳のときに、久志本常範は、前橋藩の藩医となりました。藩主の松井松平定業の信任が厚く、江戸の幕府にも出仕して、西洋医学を教えました。また、多くの医学書を執筆し、西洋医学の普及に努めました。

57歳のときに、久志本常範は、前橋藩の藩医を辞任し、江戸で開業医となりました。61歳のときに、日本初の西洋医学の専門学校である「東京医学校」を創設しました。東京医学校は、後に東京大学医学部となり、日本の医学教育の発展に大きく貢献しました。

久志本常範は、1890年(明治23年)に65歳で東京で亡くなりました。西洋医学の普及と日本医学教育の発展に貢献した功績は大きく、日本の近代医学の父の一人とされています。

徳川家康と久志本常範

徳川家康と久志本常範

-徳川家康と久志本常範-

徳川家康と久志本常範は、日本の歴史上において密接な関係があった2人である。久志本常範は天文20年(1551年)、豊臣秀吉の重臣として知られる福島正则の弟として、尾張国に生まれた。若い頃は兄の正则の下で武者修行をし、数々の戦で功績を挙げた。天正12年(1584年)、小牧・長久手の戦いで徳川家康と戦ったが、家康の器量に感服して家康に仕えることを決意した。

家康は常範の才能を高く評価し、諸国巡見に随従させるなど重用した。常範も家康の信頼に応え、家康の側近として各地の戦で活躍した。慶長3年(1598年)、家康が征夷大将軍に就任すると、常範は旗本として江戸幕府に仕えた。

関ヶ原の戦いでは、常範は家康の東軍に属して戦った。戦後、常範は功績を認められ、豊臣氏遺臣の改易や徳川氏譜代の武士への知行宛行いの担当者となるなど、幕府の重要人物として活躍した。

元和元年(1615年)、大坂冬の陣が勃発すると、常範は家康の命を受けて豊臣方の籠城する大坂城を包囲した。この戦いでは、常範は豊臣方の大将である真田幸村と一騎打ちを演じるなど、数々の武功を挙げた。

大坂夏の陣では、常範は家康の直属部隊を率いて豊臣方の本陣を攻撃した。この戦いでは、常範は豊臣方の武将である毛利勝永を討ち取るなど、大いに活躍した。戦後、常範は家康から伊予国松山藩10万石を与えられた。

常範は元和9年(1623年)、73歳で死去した。常範は、徳川幕府の礎を築いた功臣として、現在も松山藩の歴史の中で重要な人物として知られている。

関ケ原の戦いと久志本常範

関ケ原の戦いと久志本常範

-関ケ原の戦いと久志本常範-

久志本常範は、戦国時代の武将で、賤ヶ岳七本槍の一人として知られています。常範は、豊臣秀吉に仕え、九州平定や朝鮮出兵に従軍しました。関ケ原の戦いでは、西軍に属して奮戦しましたが、敗北に終わりました。

-関ケ原の戦いでの久志本常範-

関ケ原の戦いでは、常範は西軍の左翼を担当しました。常範は、徳川家康の軍勢を相手に奮戦しましたが、家康の軍勢は強大で、西軍は敗北に追い込まれました。常範は、戦死した大谷吉継の首を奪い、自害しました。

-関ケ原の戦いの後の久志本常範-

常範の死後、その功績を称えて、徳川家康は常範の妻子を助命し、常範の墓を建立しました。また、常範の子孫は、代々旗本として仕えました。

-久志本常範の評価-

常範は、戦国時代の武将として、その武勇を称えられています。また、常範は、賤ヶ岳七本槍の一人として、豊臣秀吉の信任を受けていました。関ケ原の戦いでは、常範は西軍に属して奮戦しましたが、敗北に終わりました。しかし、常範の死後、その功績を称えて、徳川家康は常範の妻子を助命し、常範の墓を建立しました。また、常範の子孫は、代々旗本として仕えました。

タイトルとURLをコピーしました