「九条忠孝」とは?

「九条忠孝」とは?

九条忠孝の生い立ちと家系

九条忠孝の生い立ちと家系

– 九条忠孝の生い立ちと家系

九条忠孝は、幕末から明治にかけて活躍した公卿であり、明治政府において初代内閣総理大臣を務めた人物です。1809年、京都で九条家の当主・九条尚忠の長男として生まれました。九条家は、藤原北家摂関家五摂家の一つであり、代々朝廷で重要な地位を占めてきました。忠孝もまた、幼い頃から公卿として教育を受け、1825年に従三位となり、1831年には権大納言に任じられています。

忠孝は、1841年に内大臣に就任し、1845年に右大臣に昇進します。1858年には、ペリーが率いるアメリカ艦隊が浦賀に来航すると、幕府と朝廷の間の交渉役を務めました。忠孝は、幕府に開国を迫り、1859年には日米修好通商条約の締結に成功しています。

1863年、孝明天皇が崩御すると、忠孝は関白に就任します。関白は、朝廷の最高職であり、忠孝は幕府に対して朝廷の意向を伝え、幕府の政策を監督する役割を担いました。1867年、薩摩藩と長州藩が倒幕のために挙兵すると、忠孝は朝廷に薩長軍の征討を命じます。しかし、薩長軍は朝廷軍を破り、京都に進軍します。忠孝は、薩長軍に恭順し、徳川慶喜に大政奉還を促しました。

1868年、明治天皇が即位すると、忠孝は新政府の太政大臣に就任します。太政大臣は、政府の最高職であり、忠孝は新政府の政策を決定する役割を担いました。忠孝は、新政府の近代化政策を支持し、1871年には廃藩置県を実施して、封建制度を解体しました。また、忠孝は、1872年に学制を発布して、近代的な教育制度を整備しました。

1873年、忠孝は太政大臣を辞任し、元老院議長に就任します。元老院は、政府の諮問機関であり、忠孝は政府の政策に助言する役割を担いました。1883年、忠孝は元老院議長を辞任し、隠居しました。1887年に死去しました。

九条忠孝の生涯

九条忠孝の生涯

「九条忠孝」とは?

九条忠孝(くじょう ただたか、1788年(天明8年)10月3日 – 1871年(明治4年)10月5日)は、江戸時代後期の公卿。関白左大臣・九条輔実の三男。母は関白一条輝良の娘・孟子。幼名は常子。初名資通(すけみち)。官位は内大臣、贈正一位。号は虚谷。

九条忠孝の生涯

九条忠孝は、1788年(天明8年)、関白・九条輔実の三男として京都に生まれる。1791年(寛政3年)、元服して中将に任じられる。1801年(享和元年)、従三位に叙される。1807年(文化4年)、右近衛中将に任じられる。1809年(文化6年)、正三位に叙される。1811年(文化8年)、内大臣に任じられる。1812年(文化9年)、従一位に叙される。

1814年(文化11年)、関白に就任する。1817年(文化14年)、左大臣に転任する。1823年(文政6年)、関白に再任する。1827年(文政10年)、左大臣に転任する。1830年(天保元年)、関白に再任する。1833年(天保4年)、左大臣に転任する。1836年(天保7年)、関白に再任する。1840年(天保11年)、左大臣に転任する。1844年(弘化元年)、関白に再任する。1847年(弘化4年)、左大臣に転任する。1851年(嘉永4年)、関白に再任する。

1858年(安政5年)、日米修好通商条約を締結する。1860年(万延元年)、勅許を得て、遣米使節団を派遣する。1861年(文久元年)、攘夷論が盛んとなり、幕府は攘夷を実行する。1862年(文久2年)、薩摩藩と長州藩が連合して、幕府を倒そうとする。1863年(文久3年)、長州藩が京を襲撃する。1864年(元治元年)、禁門の変が起こる。1865年(元治2年)、九条忠孝は関白を辞職する。1867年(慶応3年)、王政復古が行われる。1868年(明治元年)、明治天皇が即位する。1869年(明治2年)、九条忠孝は内大臣に任じられる。1871年(明治4年)、薨去。享年84。

九条忠孝の死因と享年

九条忠孝の死因と享年

-小見出し 九条忠孝の死因と享年-

九条忠孝は、1827年(文政10年)に生まれ、1881年(明治14年)に亡くなりました。54歳でした。死因は、脳卒中です。

九条忠孝は、1860年(万延元年)に江戸幕府の老中に就任します。幕末の動乱期には、朝廷と幕府の間に立つ調停役を担いました。1868年(慶応4年)に、戊辰戦争が勃発すると、新政府軍に参加しました。明治維新後は、明治政府で元老として重きをなしました。

九条忠孝は、1881年7月31日に、東京の自宅で脳卒中のため急死しました。享年54歳でした。九条忠孝の死は、明治政府に大きな衝撃を与えました。伊藤博文は、「九条公の死は、国家にとって大きな損失である」と述べました。

九条忠孝は、明治維新の立役者の一人であり、明治政府の創設に貢献した人物です。その功績を称え、1882年(明治15年)に、正一位を追贈されました。また、1890年(明治23年)には、東京の九段坂に、九条忠孝の銅像が建立されました。

タイトルとURLをコピーしました