九条忠教

九条忠教

出自と家系

出自と家系

出自と家系

九条忠教(くじょう ただのり)は、幕末から明治時代にかけての公卿、政治家。第23代内閣総理大臣。公家九条家の当主。
1843年(天保14年)6月15日、公家九条家の九条尚忠の子として生まれる。母は正室の関白鷹司政通の娘・成子。幼名は惟房(これふさ)。

九条家は、藤原北家摂関家の一つで、平安時代から室町時代にかけて栄華を極めた。鎌倉時代には、九条兼実が執権北条氏と結んで権勢をふるった。室町時代には、九条政基が足利将軍家と結んで活躍した。

安土桃山時代以降、九条家は一時衰退するが、江戸時代になると、九条幸家が徳川将軍家と親しくなり、権勢を回復した。忠教の父・尚忠は、幕末に、朝廷と幕府の調停役を務めて、名声を博した。

忠教も、父同様に、朝廷と幕府の調停役として活躍した。1867年(慶応3年)、王政復古の大号令が出されると、忠教は参与に任命され、新政府の設立に尽力した。翌1868年(明治元年)、戊辰戦争が勃発すると、忠教は征討総督に任命され、東北地方の奥羽越列藩同盟軍と戦った。

戊辰戦争後、忠教は内務卿に任命され、廃藩置県などの近代化政策を推進した。1871年(明治4年)、廃藩置県の完了によって内務卿を退任し、元老院議長に任命された。1889年(明治22年)、大日本帝国憲法が発布されると、忠教は初代内閣総理大臣に任命された。

忠教は、内閣総理大臣として、日清戦争の開戦を決定し、勝利に導いた。しかし、戦争後の講和条約である下関条約の内容に不満を持った国民から批判を受け、1894年(明治27年)に内閣総理大臣を辞任した。

忠教は、1898年(明治31年)、近衛都督に任命され、日露戦争の開戦を決定した。しかし、戦争の途中で死去したため、戦争の勝利を見ることはできなかった。

官位と昇進

官位と昇進

-九条忠教-

-官位と昇進-

九条忠教は、官位と昇進の点で華やかな経歴を持ちました。1325年に19歳で参議に任命され、わずか1年後に大納言に昇進しました。1333年には右大臣に任命され、1336年には左大臣に昇進しました。1342年には太政大臣に任命され、足利尊氏による建武の新政が崩壊して以降、権勢を強め政界の中心人物として活躍しました。1352年に病没するまで太政大臣を務めました。

忠教は、官位と昇進の点で華やかな経歴を持ちましたが、その背景には、九条家の家格と、足利尊氏との関係がありました。九条家は、摂家の名門であり、忠教もまた、その家格にふさわしい官位と昇進を遂げました。また、忠教は足利尊氏と親密な関係にあり、尊氏の信頼を得て、官位と昇進を遂げることができました。

しかし、忠教の官位と昇進は、必ずしも順風満帆ではありませんでした。1331年に、忠教は天皇の側近の不祥事に関与したとして、官位と昇進を剥奪され、配流されました。しかし、翌年には、尊氏の仲介により、官位と昇進を回復しました。

忠教の官位と昇進は、足利尊氏による建武の新政の崩壊以降、政界の中心人物として活躍したことを反映しています。忠教は、尊氏と親密な関係にあり、尊氏の信任を得て、官位と昇進を遂げることができました。また、忠教は九条家の家格にふさわしい官位と昇進を遂げました。

出家と死

出家と死

出家と死

九条忠教は、1826年に公家の九条尚忠の長男として生まれた。1852年に父が亡くなり、17歳で家督を継いだ。忠教は幕末の動乱期に活躍した公卿であり、孝明天皇の側近として公武合体を推進した。しかし、1863年に朝廷で起こった八月十八日の政変で長州藩などの尊攘派が失脚すると、忠教も連座して失脚した。

忠教は失脚後、出家して千種寺に入り、号を道通と称した。1871年に明治政府が成立すると、忠教は僧籍を離れて華族に列せられた。1897年には、忠教は侯爵に叙せられた。

忠教は1907年に81歳で亡くなった。忠教の葬儀は、京都の泉涌寺で行われた。忠教の墓は、泉涌寺の九条家の墓所にある。

忠教は、幕末の動乱期に活躍した公卿であり、孝明天皇の側近として公武合体を推進した。しかし、八月十八日の政変で失脚し、出家して千種寺に入った。忠教は1907年に81歳で亡くなった。

タイトルとURLをコピーしました