戦国-織豊時代の公卿、歌学者 九条稙通

戦国-織豊時代の公卿、歌学者 九条稙通

九条稙通の生涯

九条稙通の生涯

九条稙通の生涯

九条稙通は、戦国-織豊時代の公卿、歌学者です。父は九条政基で、母は権大納言烏丸光胤の娘です。摂政近衛前久の養子となり、前久の死後は摂政、関白を務めました。また、歌人としても活躍し、「百人一首」の撰者としても知られています。

稙通は、文明元年(1469年)に生まれました。14歳の時に養父の近衛前久が死去し、その跡を継いで摂政となりました。その後、文明13年(1481年)には右大臣に任命され、文明18年(1486年)には関白に昇進しました。

稙通は、関白として朝廷の政務を執る一方で、歌人としても活躍しました。明応8年(1499年)には、百人一首の撰者となり、同10年(1501年)には『新拾遺和歌集』を撰進しました。また、私家集『稙通家歌集』を残しています。

永正4年(1507年)、稙通は関白を辞任し、出家しました。法名は清巌道全と号しました。その後は、京都の西山に隠棲し、歌三昧の日々を送りました。

大永4年(1524年)、稙通は56歳で死去しました。

稙通は、戦国-織豊時代の公卿、歌学者として、朝廷の政務や和歌の興隆に貢献しました。また、その清廉潔白な生き方は、後世の人々からも尊敬されています。

九条稙通の和歌

九条稙通の和歌

# -九条稙通の和歌-

-九条稙通は戦国時代の公卿、歌学者であり、九条家第二十四代当主である。1507年に生まれ、1575年に没した。稙通は和歌に優れ、多くの和歌集を残している。その中で最も有名なのは、『後拾遺和歌集』である。-

-『後拾遺和歌集』は、稙通が主宰して編纂した勅撰和歌集であり、1534年に完成した。この和歌集には、藤原公任、藤原定家の和歌などの名歌が収められており、和歌の学習書として広く用いられた。また、稙通は多くの歌学書も著しており、その中でも『歌学大成』は著名である。『歌学大成』は、和歌の作法や解釈などをまとめた書物であり、和歌の学習者にとって貴重な資料となっている。-

-稙通の和歌は、清雅で優雅な作風で知られている。彼は、自然の美しさや人生の無常を題材とした和歌を多く詠んでいる。また、稙通は、和歌を通して、公家としての教養や精神性を表現している。彼の和歌は、和歌史において重要な位置を占めており、現在でも多くの人々に愛されている。-

-以下に、稙通の和歌の例を挙げる。-

-夏の夜の 夢路をさめて おぼつかな 枕にちるは あまの川なみ-

-秋風の 吹きてあれたる 尾の上の 松の梢の こずゑの紅葉-

-冬籠り 人の訪はぬ 山の庵の 炉に火をたく けぶりぞゆかし-

九条稙通の著書

九条稙通の著書

九条稙通の著書

九条稙通は、戦国-織豊時代の公卿であり、歌学者でした。彼は、和歌の優れた学識者であり、多くの著書を残しています。その中でも、特に有名なのが「和歌色葉」と「古今和歌集聞書」です。

「和歌色葉」は、和歌の用語や技法を解説した書物です。この書物は、和歌を学ぶ人にとって必携の書とされており、今日でも広く読まれています。

「古今和歌集聞書」は、古今和歌集を注釈した書物です。この書物は、古今和歌集の解釈を詳しく解説しており、古今和歌集を理解する上で非常に役立ちます。

九条稙通の著書は、和歌の学問の発展に大きく貢献しました。彼の著書は、今日でも広く読まれており、和歌を学ぶ人にとって必携の書となっています。

九条稙通は、和歌の優れた学識者であり、多くの著書を残しました。彼の著書は、和歌の学問の発展に大きく貢献しました。彼の著書は、今日でも広く読まれており、和歌を学ぶ人にとって必携の書となっています。

タイトルとURLをコピーしました