九条朝光 — 南北朝時代の公家

九条朝光 — 南北朝時代の公家

九条朝光の生涯

九条朝光の生涯

九条朝光の生涯

九条朝光は、南北朝時代前期の公家です。九条家嫡流(家門)の出身で、九条教家の次男です。

朝光は、嘉元4年(1306年)に生まれました。建武元年(1334年)に権大納言となり、鎌倉幕府が滅亡した建武3年(1336年)に内大臣となりました。

しかし、建武の新政が崩壊すると、朝光は北朝に仕えます。康永2年(1343年)に右大臣、正平14年/貞和3年(1348年)に左大臣となりました。

貞和5年(1349年)に、朝光は54歳で薨去しました。

朝光は、和歌に優れており、多くの和歌を残しています。また、書道にも秀でており、多くの書跡が残されています。

朝光は、南北朝時代前期の公家として、重要な役割を果たしました。その和歌や書跡は、現在でも多くの人々に愛されています。

肥後での戦い

肥後での戦い

肥後での戦い

九条朝光は、肥後国で菊池武光らと戦い、一進一退の攻防を繰り広げた。1356年(正平11年)、朝光は菊池武光を破って肥後国の大部分を平定したが、翌1357年(正平12年)に武光が反撃して朝光は肥後国から撤退した。1358年(正平13年)、朝光は再び肥後国に侵攻したが、武光に敗れて再び撤退した。1359年(正平14年)、朝光は三度肥後国に侵攻したが、またもや武光に敗れて撤退した。

朝光は、肥後国で武光に敗れた後、九州各地を転戦して武光を追撃したが、武光を捕らえることはできなかった。1360年(正平15年)、朝光は九州から撤退して京都に戻った。

朝光は、肥後国での戦いで武光に敗れたが、武光を捕らえることはできなかった。しかし、朝光は九州各地を転戦して武光を追撃し、武光に大きな打撃を与えた。朝光の活躍により、足利尊氏が九州を平定することができた。

朝光は、肥後国での戦いで武光に敗れたが、武光を捕らえることはできなかった。しかし、朝光は九州各地を転戦して武光を追撃し、武光に大きな打撃を与えた。朝光の活躍により、足利尊氏が九州を平定することができた。

流刑と赦免

流刑と赦免

-# 流刑と赦免

1333年、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒し、建武の新政を開始した。九条朝光は、建武の新政の中心人物として活躍し、左大臣に任命された。しかし、1336年に足利尊氏が鎌倉幕府を再興すると、朝光は敵対する立場となり、尊氏に敗れて近江国に流刑された。

1338年、後醍醐天皇が吉野に逃れて南朝を樹立すると、朝光は南朝に合流し、再び左大臣に任命された。しかし、1340年に尊氏が京都を占領すると、朝光は再び近江国に流刑された。

1343年、尊氏が没すると、朝光は赦免されて京都に戻り、再び左大臣に任命された。しかし、1348年に尊氏の子である足利義詮が京都を占領すると、朝光は再び近江国に流刑された。

1350年、義詮が没し、その子である足利義満が将軍になると、朝光は赦免されて京都に戻り、再び左大臣に任命された。朝光は、義満の下で朝廷と幕府の融和に努め、1358年に死去した。

タイトルとURLをコピーしました