「伊賀理命」

「伊賀理命」

常陸国風土記逸文

常陸国風土記逸文

-「伊賀理命」-

-常陸国風土記逸文-

常陸国風土記逸文は、常陸国風土記の断片的な部分である。常陸国風土記は、奈良時代に編纂された地誌であり、常陸国の歴史、地理、物産などについて記されている。常陸国風土記逸文は、そのうちの一部分であり、伊賀理命に関する記述が含まれている。

-伊賀理命とは-

伊賀理命は、常陸国の開拓神である。伊賀理命は、天照大神と素戔嗚尊の間に生まれた神であり、常陸国に降りてきて、その土地を開拓したとされる。伊賀理命は、常陸国の守護神としても崇められており、多くの神社に祀られている。

-常陸国風土記逸文に記された伊賀理命-

常陸国風土記逸文に記された伊賀理命は、次のような神である。

* 伊賀理命は、天照大神と素戔嗚尊の間に生まれた神である。
* 伊賀理命は、常陸国に降りてきて、その土地を開拓した。
* 伊賀理命は、常陸国の守護神として崇められている。

-伊賀理命を祀る神社-

伊賀理命を祀る神社は、常陸国に数多く存在する。その中でも、特に有名なのが、次の神社である。

* 鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)
* 香取神宮(千葉県香取市)
* 常陸国総社宮(茨城県常陸太田市)

これら3つの神社は、常陸国の一宮であり、伊賀理命を祀る神社として古くから崇敬を集めている。

-伊賀理命と常陸国-

伊賀理命は、常陸国の開拓神であり、常陸国の守護神として崇められている。伊賀理命を祀る神社は、常陸国に数多く存在し、その信仰は古くから続いている。伊賀理命は、常陸国の人々にとって、とても重要な神である。

鳥取の氏

鳥取の氏

-鳥取の氏-

「伊賀理命」は、鳥取県中部にある鳥取市の氏神であり、鳥取の氏族の祖先神とされています。伊賀理命は、古事記や日本書紀などの神話に登場する神であり、大山咋神の子孫とされています。伊賀理命は、鳥取に降臨して農業や漁業を教え、また、鳥取の氏族をまとめあげたと言われています。

鳥取の氏は、伊賀理命の子孫であるとされています。鳥取の氏は、古くから鳥取を支配しており、平安時代には鳥取国司に任命されるなど、鳥取の政治を担っていました。また、戦国時代には、鳥取城を築いて鳥取を支配し、毛利氏や豊臣氏などの大名と戦いました。

鳥取の氏は、江戸時代には鳥取藩の藩主となり、鳥取を治めました。鳥取藩は、江戸時代を通じて鳥取を支配し、鳥取の文化や経済を発展させました。また、鳥取藩は、戊辰戦争では新政府軍に味方して戦い、鳥取藩は明治政府の藩知事に任命されました。

鳥取の氏は、明治維新後は華族となり、鳥取の政界や財界で活躍しました。また、鳥取の氏は、鳥取の文化や教育の発展にも貢献しました。鳥取の氏は、鳥取の歴史と文化に大きな影響を与えた氏族であり、現在でも鳥取で崇拝されています。

-鳥取の氏の主な氏族-

* 鳥取氏
* 因幡氏
* 八頭氏
* 河村氏
* 吉川氏

磐鹿六獦命との同一説

磐鹿六獦命との同一説

-磐鹿六獦命との同一説-

伊賀理命は、磐鹿六獦命と同一であるという説がある。磐鹿六獦命は、神武天皇の東征において、先導役を務めたとされる人物である。古事記では、磐鹿六獦命は、伊賀国(現在の三重県伊賀地方)の出身であるとされている。また、日本書紀では、磐鹿六獦命は、伊賀国造の祖先であるとされている。

伊賀理命と磐鹿六獦命が同一であるという説は、両者の名前が似ていること、両者が伊賀国出身であること、両者が神武天皇の東征において重要な役割を果たしたことなどが根拠となっている。しかし、この説は、決定的な証拠があるわけではないため、あくまでも一説である。

もし、伊賀理命と磐鹿六獦命が同一であるとすれば、伊賀理命は、神武天皇の東征において、重要な役割を果たした人物ということになる。また、伊賀理命は、伊賀国造の祖先であるということになる。そのため、伊賀理命は、伊賀国にとって、重要な人物であると言える。

タイトルとURLをコピーしました