九条政基 – 室町から戦国時代における公卿

九条政基 – 室町から戦国時代における公卿

九条政基の生涯

九条政基の生涯

-九条政基の生涯-

九条政基は、室町時代から戦国時代にかけて活躍した公卿。関白・九条政忠の子として生まれ、幼少期から頭角を現し、17歳で従三位に叙される。その後、侍従、左近衛権少将、右兵衛督を歴任し、25歳で権中納言となる。

32歳で内大臣に昇進し、35歳で関白に就任。関白在任中は、室町幕府との関係を重視し、幕府の権威を回復させるために尽力した。また、応仁の乱の勃発に際しては、幕府と朝廷の仲介役を務め、和睦に導いた。

しかし、応仁の乱の長期化に伴い、幕府の権威はさらに低下し、朝廷の内紛が激化。政基は、朝廷の秩序を維持するために、様々な手を尽くしたが、その努力もむなしく、応仁の乱は10年以上も続いた。

応仁の乱終結後、政基は関白を辞任し、出家して「道富」と号した。その後は、京都の相国寺で隠遁生活を送り、82歳で死去した。

政基は、応仁の乱という激動の時代に、朝廷の秩序を維持するために尽力した公卿である。その功績は大きく、後世に高く評価されている。

九条政基の公卿としての功績

九条政基の公卿としての功績

-九条政基の公卿としての功績-

九条政基は、室町時代後期から戦国時代初期にかけての公卿です。1440年に生まれ、1500年に亡くなりました。九条家は、藤原北家摂家のひとつで、政基は九条家の第11代当主でした。

政基は、後花園天皇、後土御門天皇、後柏原天皇の3代の天皇に仕えました。政基は、天皇の側近として、政治、外交、軍事などの様々な分野で活躍しました。

政基の公卿としての功績は、以下の通りです。

* -後花園天皇の即位に貢献-
 政基は、1464年に後花園天皇が即位する際に、中心的な役割を果たしました。政基は、後花園天皇を支持する勢力を集結させ、後花園天皇の即位を助けました。

* -応仁の乱の終結に尽力-
 政基は、1467年に勃発した応仁の乱の終結に尽力しました。政基は、両軍の和解を仲介し、1477年に応仁の乱は終結しました。

* -六角定頼の乱の鎮圧-
 政基は、1485年に勃発した六角定頼の乱の鎮圧に貢献しました。政基は、幕府軍を率いて六角定頼を討伐し、乱を鎮圧しました。

* -明との国交回復-
 政基は、1488年に明との国交を回復しました。政基は、明に遣使を送り、明との貿易を再開しました。

* -後柏原天皇の即位-
 政基は、1495年に後柏原天皇が即位する際に、中心的な役割を果たしました。政基は、後柏原天皇を支持する勢力を集結させ、後柏原天皇の即位を助けました。

九条政基が残した記録

九条政基が残した記録

九条政基が残した記録

九条政基は、室町から戦国時代にかけて活躍した公卿です。彼は、応仁の乱や戦国大名の台頭など、激動の時代を生きた人物です。政基は、日記『政基公旅引付』や『後法成寺公記』を残し、当時の政治や社会状況を詳しく知ることができます。

『政基公旅引付』は、政基が各地を旅した際の記録です。政基は、朝廷の使節として各地を巡り、その際に見たことや聞いたことを詳細に記録しています。この記録は、当時の各地の風土や人情を知る上で貴重な資料となっています。

『後法成寺公記』は、政基が後法成寺天皇の側近として仕えた際の記録です。政基は、天皇の日常生活や朝廷の儀式などについて詳しく記録しています。この記録は、当時の朝廷の様子を知る上で貴重な資料となっています。

政基が遺した記録は、当時の政治や社会状況を知る上で欠かせない史料です。それらは、激動の時代を生き抜いた政基の貴重な視点で描かれており、歴史を学ぶ上で重要な資料となっています。

タイトルとURLをコピーしました