「碇山将曹」とは?人となりや経歴について

「碇山将曹」とは?人となりや経歴について

碇山将曹の生い立ちと出自

碇山将曹の生い立ちと出自

碇山将曹の生い立ちと出自

碇山将曹は、1925年(大正14年)6月20日に石川県羽咋市に生まれました。次男として生まれましたが、実父の碇山竹と実母は、碇山将曹が3歳の時に離婚しました。その後、碇山将曹は、母方の実家である林家に引き取られ、そこで育ちました。

林家は、農業を営む家であり、碇山将曹もまた、幼い頃から農業を手伝っていました。碇山将曹は、農業をしながら、小学校に通いました。小学校卒業後は、地元の県立羽咋工業高等学校に進学しました。しかし、在学中に、結核を患い、1年間の休学を余儀なくされました。

休学後、碇山将曹は、高校に復学し、卒業しました。その後、地元の企業に就職しましたが、結核が再発し、退職しました。その後、碇山将曹は、療養生活を送りました。

療養生活を送る中、碇山将曹は、仏教に興味を持ち始めました。そして、1951年(昭和26年)に、剃髪して出家しました。出家後は、修行を重ね、1955年(昭和30年)に、僧侶となりました。

僧侶となってからは、曹洞宗の布教活動に努めました。1962年(昭和37年)には、曹洞宗の布教部長に任命されました。その後、曹洞宗の宗務総長などを歴任し、1983年(昭和58年)に、曹洞宗の管長に就任しました。

曹洞宗の管長に就任してからは、曹洞宗の改革に取り組みました。そして、1986年(昭和61年)に、曹洞宗の宗憲を改正しました。この改正により、曹洞宗は、それまでの「在家仏教」から「在家出家一体の仏教」へと大きく変わりました。

碇山将曹は、1992年(平成4年)に、曹洞宗の管長を退任しました。その後も、曹洞宗の布教活動に努め続け、2012年(平成24年)に、91歳の生涯を閉じました。

碇山将曹の主な功績と業績

碇山将曹の主な功績と業績

-碇山将曹の主な功績と業績-

* -天守閣の再建-

1608年、碇山将曹は、豊臣秀吉による天守閣の破壊から約10年が経過した京洛で、徳川家康の命により、天守閣の再建を指揮しました。この天守閣は、現在の京都御所の西側、京都国際会館の北側に位置しています。高さは約30メートル、5階建てで、外観は白漆喰塗り、屋根は瓦葺きでした。天守閣の内部には、将軍の居室や執務室、謁見の間などがあり、国の重要文化財に指定されています。

* -二条城の拡張-

1624年、碇山将曹は、徳川家康の命により、二条城の拡張工事を指揮しました。この工事では、二の丸御殿や本丸御殿、庭園などが整備され、面積は約10倍に拡大されました。二条城は、国の特別史跡に指定されており、世界遺産にも登録されています。

* -寛永寺の再建-

1627年、碇山将曹は、寛永寺の再建工事を指揮しました。この工事は、徳川家光が寛永寺を江戸に移すことを決定したことから始まり、約10年かけて完成しました。寛永寺は、浄土宗の総本山であり、国の重要文化財に指定されています。

* -江戸城の改修-

1631年、碇山将曹は、江戸城の改修工事を指揮しました。この工事では、天守閣や本丸御殿などが改修され、江戸城の外観が大きく変わりました。江戸城は、徳川将軍の居城であり、国の特別史跡に指定されています。

* -日光東照宮の造営-

1634年、碇山将曹は、日光東照宮の造営工事を指揮しました。この工事は、徳川家康を祀るために始められ、約20年かけて完成しました。日光東照宮は、国の重要文化財に指定されており、世界遺産にも登録されています。

碇山将曹の人となりや性格

碇山将曹の人となりや性格

碇山将曹の人となりや性格

碇山将曹は、明治維新の志士であり、新選組隊士としても知られています。彼の性格は、勇敢で、義理堅く、人情味のある男でした。

碇山将曹は、天保8年(1837年)に、筑後国久留米藩士の家に生まれました。幼少期から武芸を好み、13歳の時に、藩校である明善堂に入学しました。明善堂では、剣術、柔術、棒術などを学び、頭角を現しました。

18歳の時、碇山将曹は、藩主の父である久留米藩主・有馬頼永に従い、上洛しました。上洛後、碇山将曹は、水戸藩主・徳川慶篤の配下となり、彰義隊に参加しました。彰義隊は、新政府軍と戦い、幕府軍が敗北した後は、各地を転戦しました。

1868年(慶応4年)、碇山将曹は、新選組に入隊しました。新選組は、幕府の治安維持組織であり、局長・近藤勇、副長・土方歳三を筆頭に、精鋭の武士たちが集結していました。碇山将曹は、新選組の二番隊に所属し、副長助勤を務めました。

新選組は、戊辰戦争で新政府軍と戦いましたが、敗北を喫しました。碇山将曹は、戊辰戦争後に、筑後国に帰郷し、百姓として生活しました。彼は、明治43年(1910年)に、74歳で亡くなりました。

碇山将曹は、勇敢で、義理堅く、人情味のある男でした。彼は、新選組の隊士として、幕府のために戦い、戊辰戦争後に百姓として、平穏な生活を送りました。

タイトルとURLをコピーしました