何鹿王:奈良時代の王族

何鹿王:奈良時代の王族

何鹿王の生涯

何鹿王の生涯

– 何鹿王奈良時代の王族

-# 何鹿王の生涯

何鹿王(かろくおう)は、奈良時代の王族であり、聖武天皇の第一皇子である。母は光仁天皇の娘である井上内親王。

何鹿王は729年に生まれ、733年に皇太子に立てられた。しかし、737年に疱瘡を患い、翌年に薨去した。享年10。

何鹿王の死後、聖武天皇は第二皇子である安積親王を皇太子に立てた。安積親王はのちに光仁天皇として即位した。

何鹿王は短い生涯であったが、その死は聖武天皇に大きな衝撃を与えた。聖武天皇は、何鹿王の死を悼んで、東大寺に大仏を建立することを発願した。大仏は、752年に完成し、盧舎那仏として知られている。

盧舎那仏は、奈良時代の仏教文化を代表する傑作であり、世界遺産に登録されている。何鹿王の死は、盧舎那仏の建立という形で、奈良時代の仏教文化に大きな影響を与えた。

王籍の剥奪と三長氏への降格

王籍の剥奪と三長氏への降格

– 大見出し 何鹿王奈良時代の王族

-# 小見出し 王籍の剥奪と三長氏への降格

何鹿王は、奈良時代の王族であり、聖武天皇の孫にあたる。769年(神護景雲3年)に王籍を剥奪され、三長氏に降格された。

何鹿王が王籍を剥奪された理由は、藤原仲麻呂の乱への関与が疑われたためである。藤原仲麻呂は、藤原氏の有力者であり、聖武天皇の信任を得て権勢をふるっていた。しかし、764年(天平宝字8年)に藤原仲麻呂の乱が発生し、藤原仲麻呂は討伐された。

何鹿王は、藤原仲麻呂の乱に際して、藤原仲麻呂に協力したと疑われた。そのため、藤原仲麻呂の乱が平定されると、何鹿王は王籍を剥奪され、三長氏に降格された。

三長氏は、王族の一族であり、皇統に連なる家柄であった。しかし、王籍を剥奪された何鹿王は、三長氏の中でも下位の氏族に属することとなった。

何鹿王は、王籍を剥奪されてからしばらくの間、無官の身分であった。しかし、770年(神護景雲4年)に、従五位下に叙せられ、官職に就いた。その後、何鹿王は順調に出世し、最終的には従三位にまで昇進した。

何鹿王は、王籍を剥奪された後も、朝廷で活躍した。しかし、王籍を剥奪されたことは、何鹿王の生涯に大きな影響を与えたと思われる。

何鹿王の王籍剥奪は、奈良時代の王権が衰退していく過程を示す出来事である。奈良時代には、王族の権力が藤原氏によって奪われていき、王族は藤原氏に臣従する立場となった。何鹿王の王籍剥奪は、この王権衰退の過程において、王族が藤原氏によって弾圧されたことを示す出来事である。

王籍の回復と山辺氏への改姓

王籍の回復と山辺氏への改姓

王籍の回復と山辺氏への改姓

奈良時代の王族の1人である何鹿王は、皇位についた叔父である聖武天皇によって王籍を剥奪され、臣籍降下を余儀なくされました。しかし、後継者である淳仁天皇の即位後に王籍を回復し、山辺氏に改姓しました。

王籍の剥奪は、聖武天皇が皇位継承権を巡って何鹿王と対立したことが原因でした。聖武天皇は、何鹿王が皇位を覬覦していると疑い、何鹿王の王籍を剥奪して臣籍降下に追い込みました。

しかし、淳仁天皇が即位すると、何鹿王は王籍を回復し、山辺氏に改姓しました。これは、淳仁天皇が何鹿王の冤罪を晴らしたことを意味しています。

何鹿王が山辺氏に改姓した理由は、王族としての立場を捨て、臣下として生きる決意を固めたためと考えられています。山辺氏は、奈良時代の豪族であり、何鹿王は山辺氏と姻戚関係にあったため、山辺氏に改姓したと考えられます。

何鹿王は、山辺氏として臣下として仕え、桓武天皇の即位に貢献しました。桓武天皇は、何鹿王の功績を称えて、何鹿王に正四位下を授けました。

何鹿王は、王族としての立場を捨て、臣下として生きながらも、桓武天皇に仕えて功績を残しました。何鹿王の生涯は、奈良時代の王族の悲哀と栄光を象徴しています。

タイトルとURLをコピーしました