九条道教 – 鎌倉・南北朝時代の公卿

九条道教 – 鎌倉・南北朝時代の公卿

九条道教の生涯

九条道教の生涯

九条道教の生涯

九条道教は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿です。九条家11代目当主であり、内大臣や太政大臣などを歴任しました。

道教は、弘安7年(1284年)に九条師教の子として生まれました。幼名は経尋(つねひろ)です。建武3年(1336年)に内大臣に任命され、その後、太政大臣や関白を歴任しました。

道教は、室町幕府の初代将軍足利尊氏と親しく、尊氏の側近として活躍しました。尊氏が没すると、その子足利義詮を擁立して室町幕府の実権を握りました。

道教は、延文3年(1358年)に太政大臣を辞任し、翌年には出家しました。法名は道玄です。康暦3年(1381年)に死去しました。

道教は、学問や和歌に優れ、多くの著作を残しました。代表作には、『九条道教集』、『九条兼経卿家集』などがあります。

道教は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、朝廷において重要な役割を果たした公卿でした。その生涯は、激動の時代を生きた公卿の生きざまを物語るものです。

北朝方の立場を明確にする

北朝方の立場を明確にする

北朝方の立場を明確にする

九条道教は、北朝方の公卿として、北朝の正当性を主張し、南朝との和解を拒否した。彼は、北朝が正統な朝廷であり、南朝は叛徒であると主張し、北朝の軍事的勝利を呼びかけた。また、彼は、南朝の公卿や武将を説得して北朝に帰順させ、北朝方の勢力を拡大しようとした。

道教の努力は、北朝の勝利に大きく貢献した。彼は、北朝の軍事的勝利を呼びかけ、北朝の公卿や武将を説得して北朝に帰順させた。また、彼は、南朝の公卿や武将を説得して北朝に帰順させ、北朝方の勢力を拡大した。

道教の努力は、北朝の勝利に大きく貢献したが、同時に、南北朝の分裂を長引かせ、日本の混乱を招いた。道教は、南朝との和解を拒否し、北朝の軍事的勝利を呼びかけたことで、南北朝の分裂を長引かせた。また、彼は、南朝の公卿や武将を説得して北朝に帰順させ、北朝方の勢力を拡大したことで、日本の混乱を招いた。

道教の努力は、北朝の勝利に大きく貢献したが、同時に、南北朝の分裂を長引かせ、日本の混乱を招いた。道教は、南朝との和解を拒否し、北朝の軍事的勝利を呼びかけたことで、南北朝の分裂を長引かせた。また、彼は、南朝の公卿や武将を説得して北朝に帰順させ、北朝方の勢力を拡大したことで、日本の混乱を招いた。

関白,氏長者となる

関白,氏長者となる

九条道教 – 鎌倉・南北朝時代の公卿 

小見出し関白,氏長者となる

九条道教は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿です。1283年に生まれ、1337年に亡くなりました。父は九条師教、母は高倉院選子です。

道教は、幼い頃から英才教育を受け、1296年に従三位に叙せられ、1304年に右大弁に任命されました。その後、権中納言、参議などを歴任し、1313年に内大臣に任命されました。1315年、28歳の若さで関白に就任し、氏長者となりました。

関白に就任した道教は、持明院統の朝廷を支え、北条氏との交渉にも当たりました。1318年に起こった元弘の乱では、北条氏に協力して後醍醐天皇を討伐しましたが、後醍醐天皇の倒幕に成功した足利尊氏に降伏しました。

その後、道教は、足利尊氏の政権下で、後醍醐天皇の還幸や建武の新政の推進に協力しました。しかし、1336年に尊氏が足利直義と対立して鎌倉に下ると、道教も尊氏に従って鎌倉に下りました。

1337年、足利尊氏が北畠顕家と戦うために鎌倉を出発すると、道教は鎌倉に残されました。その後、鎌倉は北畠顕家の軍勢によって攻め落とされ、道教は北畠顕家の捕虜となりました。同年12月、道教は鎌倉で処刑されました。

道教は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、朝廷の重鎮として活躍した人物です。関白に就任し、氏長者となり、持明院統の朝廷を支えました。また、足利尊氏の政権下でも活躍し、後醍醐天皇の還幸や建武の新政の推進に協力しました。しかし、尊氏が足利直義と対立して鎌倉に下ると、道教も尊氏に従って鎌倉に下りました。その後、鎌倉は北畠顕家の軍勢によって攻め落とされ、道教は北畠顕家の捕虜となりました。同年12月、道教は鎌倉で処刑されました。

タイトルとURLをコピーしました