九条基家|鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人

九条基家|鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人

九条基家の人生と経歴

九条基家の人生と経歴

– 九条基家の人生と経歴

九条基家は、鎌倉時代の公卿(くぎょう)、歌人です。九条道家の子として、1193年に生まれました。1212年に従三位に叙され、1213年に右近衛中将に任命されました。1219年に権中納言に任命され、1221年に内大臣に任命されました。1225年に右大臣に任命され、1227年に左大臣に任命されました。1232年に太政大臣に任命されました。

九条基家は、鎌倉幕府との関係を重視し、幕府の政策を支持しました。1221年には、幕府の要求に応じて、後鳥羽上皇を隠岐島に配流しました。1224年には、幕府の要求に応じて、後堀河天皇を皇位に就けました。

九条基家は、歌人としても知られており、多くの和歌を残しています。1216年に、歌集『拾遺愚草(しゅういぐそう)』を編纂しました。『拾遺愚草』には、九条基家の和歌の他、藤原定家、西行、慈円などの和歌も収録されています。

九条基家は、1242年に亡くなりました。

九条基家の功績と作品

九条基家の功績と作品

– 九条基家の功績と作品

九条基家は、鎌倉時代の公卿(くぎょう)、歌人で、藤原北家九条家の祖。九条道家の子として生まれ、九条良経の父。右大臣、内大臣、左大臣、関白を歴任した。歌人としても活躍し、『新古今和歌集』の撰者の一人である。

九条基家の功績の一つは、承久の乱の際に、朝廷の側に立って戦ったことである。承久の乱は、後鳥羽上皇が鎌倉幕府を倒そうとして起こした乱であるが、九条基家は朝廷の側に立って戦った。この功績により、九条基家は朝廷から信任を得て、公卿として出世することになる。

九条基家のもう一つの功績は、歌人として『新古今和歌集』の撰者の一人となったことである。『新古今和歌集』は、鎌倉時代初期に編纂された勅撰和歌集であり、和歌史上の名作の一つとされている。九条基家は、『新古今和歌集』の撰者の一人として、和歌の発展に貢献した。

九条基家の作品としては、『九条基家集』がある。『九条基家集』は、九条基家が詠んだ和歌を集めたものであり、鎌倉時代の和歌史を研究する上で重要な資料となっている。九条基家の和歌は、優美で繊細な表現が特徴であり、平安時代の和歌の伝統を継承しつつも、鎌倉時代独自の新しい和歌の表現を模索している。

九条基家は、鎌倉時代の公卿、歌人として、朝廷や和歌の発展に貢献した人物である。九条基家の功績と作品は、鎌倉時代の文化史を理解する上で重要な意義を持っている。

九条基家にまつわるエピソード

九条基家にまつわるエピソード

九条基家にまつわるエピソード

九条基家(くじょう・もといえ)は、鎌倉時代の公卿(くぎょう)であり、歌人でもあった。鎌倉時代初期の権力者であり、承久の乱で朝幕間の調停に努めるなど、重要な役割を果たした。

九条基家にまつわるエピソードには、次のようなものがある。

1. 承久の乱での活躍

承久の乱とは、1221年に起こった、鎌倉幕府と後鳥羽上皇との間の戦いである。九条基家は、この乱で朝廷と幕府の調停に努めた。

基家は、幕府の討伐軍が京都に迫った際、上皇に降伏を勧めた。しかし、上皇は降伏を拒否し、基家は幕府軍と交戦することとなった。

基家は、幕府軍と戦ったが、敗北を喫した。しかし、基家はすぐに幕府に降伏し、幕府の支配を受け入れることとなった。

基家の降伏により、承久の乱は終結した。基家は、この乱での活躍により、幕府からの信頼を得ることとなった。

2. 和歌の才能

九条基家は、和歌の才能にも優れていた。基家は、藤原定家(ふじわら・さだいえ)に和歌を師事し、定家の和歌の才能を高く評価していた。

基家は、定家の和歌を模倣して、多くの和歌を詠んだ。基家の和歌は、定家の和歌ほど洗練されてはいなかったが、素朴な味わいが特徴で、人々に親しまれた。

鎌倉時代の和歌集である『新古今和歌集』には、基家の和歌が多数収録されている。基家は、鎌倉時代の代表的な歌人として知られている。

3. 蹴鞠の達人

九条基家は、蹴鞠(けまり)の達人でもあった。蹴鞠とは、平安時代から鎌倉時代にかけて流行した、ボールを蹴り合う競技である。

基家は、蹴鞠の才能に優れ、蹴鞠の試合で数々の勝利を収めた。基家は、蹴鞠の試合での活躍により、人々から「蹴鞠の達人」と呼ばれた。

基家は、蹴鞠を愛好するだけでなく、蹴鞠に関する書物も著した。基家の蹴鞠に関する書物は、蹴鞠の歴史やルール、技法などを解説したもので、蹴鞠を学ぶ人々に重宝された。

九条基家は、鎌倉時代の公卿であり、歌人でもあった。基家は、承久の乱での活躍や、和歌の才能、蹴鞠の達人として知られている。

タイトルとURLをコピーしました