九条幸家 – 織豊-江戸時代前期の公卿

九条幸家 – 織豊-江戸時代前期の公卿

公卿九条幸家

公卿九条幸家

-公卿九条幸家-

九条幸家は、織豊-江戸時代前期の公卿です。九条家16代当主。関白九条兼孝の六男。官位は従一位摂政。

-生涯-

元亀2年(1571年)、九条兼孝の六男として生まれる。

天正13年(1585年)、従五位下に叙位され、侍従に任官する。

天正16年(1588年)、近衛少将に任官する。

天正18年(1590年)、従四位下に昇叙される。

天正19年(1591年)、右近衛権少将に任官する。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで東軍に属し、戦功を立てる。

慶長6年(1601年)、従三位に昇叙され、右近衛権中将に任官する。

慶長7年(1602年)、権中納言に任官する。

慶長11年(1606年)、正三位に昇叙される。

慶長17年(1612年)、右大臣に任官する。

慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で豊臣家を滅亡させる。

元和元年(1615年)、内大臣に任官する。

寛永5年(1628年)、摂政に就任する。

寛永13年(1636年)、従一位に昇叙される。

寛永21年(1644年)、薨去。

-人物・逸話-

九条幸家は、公家でありながら武芸に優れており、関ヶ原の戦いでは東軍に属して戦功を立てた。また、茶道や和歌を好み、文人としても知られている。

九条幸家は、徳川家康の信任が厚く、徳川家康の死後は、その遺言により、徳川秀忠の補佐役を務めた。

九条幸家は、摂政として、徳川幕府の基礎を固めるのに貢献した。特に、寛永12年(1635年)に出された「寛永の禁教令」は、キリスト教の布教を禁止し、日本のキリスト教史に大きな影響を与えた。

豊臣-江戸時代の貴族として活躍

豊臣-江戸時代の貴族として活躍

豊臣-江戸時代の貴族として活躍

九条幸家は、豊臣時代から江戸時代前期にかけて活躍した公卿です。公家九条家の当主として、関白や太政大臣などの要職を歴任し、朝廷と武家の間を取り持つ重要な役割を果たしました。

幸家は、天正11年(1583年)、九条晴忠の長男として誕生しました。豊臣秀吉の台頭により、九条家は、安土桃山時代には権勢を取り戻し、幸家も豊臣政権下で公卿として出仕しました。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで、九条家は、西軍に属しましたが、徳川家康は、九条家を許し、幸家は、江戸幕府下でも公卿として活躍し続けました。

慶長12年(1607年)、幸家は、太政大臣に就任しました。太政大臣は、朝廷の最高官職であり、幸家は、朝廷を代表する公卿として、徳川家康と対面し、親交を深めました。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣では、幸家は、家康の側近として参陣し、大坂城を攻撃しました。大坂夏の陣では、幸家は、朝廷の代表として大坂城に入り、豊臣秀頼と交渉を行い、豊臣氏の滅亡を仲介しました。

元和2年(1616年)、幸家は、関白に就任しました。関白は、朝廷の最高職であり、幸家は、朝廷の実質的な指導者となりました。幸家は、徳川幕府と朝廷の間に立って、両者の協調を図り、政治の安定に貢献しました。

寛永11年(1634年)、幸家は、薨去しました。享年52歳。幸家は、豊臣時代から江戸時代初期にかけて、公卿として活躍し、徳川幕府との関係を構築し、朝廷の安定に貢献しました。

いくつもの官職を歴任した九条幸家

いくつもの官職を歴任した九条幸家

いくつもの官職を歴任した九条幸家

九条幸家は、織豊-江戸時代前期の公卿です。近衛信輔の子として生まれ、九条忠栄の養子となりました。官職を歴任し、最終的には右大臣にまで上り詰めた人物です。

幸家は、天正10年(1582年)に権中納言に任命され、翌年には参議に昇進しました。その後、右大弁、左大弁、権大納言と順調に昇進し、慶長8年(1603年)に右大臣となりました。徳川家康の信任も厚く、江戸幕府の成立にも尽力しました。

幸家は、官職を歴任する傍ら、歌道や茶道にも通じていました。また、和歌の才能にも恵まれ、勅撰和歌集『続後拾遺和歌集』に29首が入集しています。

幸家は、慶長19年(1614年)に薨去しました。享年65歳。彼の死は、朝廷に大きな衝撃を与え、彼の功績を称えるために、朝廷から贈位が行われました。

九条幸家は、官職を歴任し、朝廷で重きをなした人物です。彼の功績は、今日でも語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました