五十河媛

五十河媛

五十河媛の生涯

五十河媛の生涯

五十河媛の生涯

五十河媛(いそがのいらつめ)は、古代日本の女性で、日本武尊(やまとたけるのみこと)の妻として知られています。五十河媛は、五十河氏(いそがうじ)の出身で、大和国(現在の奈良県)の五十河(現在の奈良県橿原市)で生まれました。

五十河媛は、日本武尊が東国を平定する際に、日本武尊に同行しました。五十河媛は、日本武尊の戦いの際には、日本武尊を鼓舞し、日本武尊の勝利に貢献しました。

五十河媛は、日本武尊が東国を平定した後に、日本武尊の妻となりました。五十河媛は、日本武尊と息子の五十狭芹彦命(いさせりのひこのみこと)をもうけました。

五十河媛は、日本武尊が熊襲(現在の九州地方)を平定する際に、日本武尊に同行しました。しかし、五十河媛は、熊襲の戦いで戦死しました。

五十河媛の死後、日本武尊は、五十河媛を五十河の地に葬りました。五十河媛の墓は、現在も奈良県橿原市にある五十河神社に祀られています。

五十河媛は、日本武尊の妻として、日本武尊の戦いの際に、日本武尊を鼓舞し、日本武尊の勝利に貢献しました。五十河媛は、日本武尊と息子の五十狭芹彦命をもうけました。五十河媛は、熊襲の戦いで戦死しました。五十河媛の墓は、現在も奈良県橿原市にある五十河神社に祀られています。

五十河媛が産んだ皇子

五十河媛が産んだ皇子

– 五十河媛が産んだ皇子

五十河媛は、景行天皇の皇后で、応神天皇の母となった。応神天皇は、景行天皇の50人の皇子の中で最も優れており、仁徳天皇の父となった。五十河媛は、応神天皇を産む前に、2人の皇子を産んでいる。

1人目の皇子は、誉田別皇子である。誉田別皇子は、熊襲を討伐したことで知られており、古代九州の英雄として崇められている。応神天皇の異母弟にあたるが、応神天皇が即位するまで皇太子として立てられていた。

2人目の皇子は、大榛皇子である。大榛皇子は、誉田別皇子の異母弟であり、応神天皇の異母兄にあたる。誉田別皇子よりも早くに亡くなってしまったため、皇位を継ぐことはなかった。

五十河媛は、応神天皇を産んだ後、景行天皇の死後に皇后となった。皇后となった五十河媛は、応神天皇の摂政として国政を担った。五十河媛は、応神天皇の即位後も、政務に参与したと伝えられている。

五十河媛は、応神天皇の死後、景行天皇の陵墓である奈良県明日香村の石舞台古墳に葬られた。五十河媛の陵墓は、景行天皇の陵墓の近くに位置しており、五十河媛が景行天皇を深く敬愛していたことが窺える。

五十河媛は、景行天皇の皇后として、また応神天皇の母として、日本の歴史に名を刻んだ女性である。五十河媛は、仁徳天皇の祖母にあたるため、日本の皇室の祖先としても知られている。

五十河媛ゆかりの地

五十河媛ゆかりの地

# 五十河媛ゆかりの地

五十河媛は、飛鳥時代から奈良時代にかけての女性。天武天皇の皇后であり、持統天皇の母である。「五十河媛」という名は、大和国五十河(現在の奈良県桜井市)にちなんだもの。

平安時代末期に成立した『古事記』や『日本書紀』によると、五十河媛は、父の建部大麻呂(たけべのおおまろ)と母の蘇我娼子(そがのしょうし)の間に生まれた。天武天皇の即位後、妃となり、680年には皇子を産んだ。この皇子が高市皇子であり、後に持統天皇として即位する。

五十河媛は、天武天皇の死後、持統天皇の摂政として政治を主導。持統天皇が697年に退位すると、皇太子となった草壁皇子を補佐した。草壁皇子が701年に亡くなった後は、孫の軽皇子を擁立したが、705年に起こった長屋王の変で失脚し、翌年に亡くなった。

五十河媛が亡くなった後、その遺体は、五十河に葬られた。現在、奈良県桜井市にある「五十河媛陵」はその墓所とされる。

五十河媛 ゆかりの地のなかでも、最も有名なのは、「五十河媛陵」です。五十河媛陵は、奈良県桜井市にある陵墓であり、五十河媛が葬られた場所とされています。陵墓は、円形の盛り土となっており、周囲には濠がめぐらされています。陵墓の近くには、五十河媛を祀る神社、「五十河媛神社」があります。

五十河媛ゆかりの地として、五十河媛神社と五十河媛陵は奈良県の桜井市にあります。五十河媛神社と五十河媛陵へは約10分ほどの距離で、徒歩でも行ける距離です。五十河媛神社では、五十河媛を祀るお祭り、「五十河媛神社例大祭」が毎年7月に行われます。

五十河媛 神社は、奈良県桜井市にある神社で、五十河媛を祀っている。神社は、天平年間(729~749年)に創建されたとされ、平安時代には、藤原氏の崇敬を受けた。神社には、五十河媛が天武天皇との間に生まれた皇子、高市皇子を祀る「高市皇子社」や、五十河媛の母である蘇我娼子を祀る「蘇我娼子社」がある。

五十河媛は、飛鳥時代から奈良時代にかけて、日本の政治に大きな影響を与えた女性です。そのゆかりの地は、奈良県桜井市にあり、現在でも多くの観光客が訪れています。

タイトルとURLをコピーしました