「息石耳命」

「息石耳命」

「息石耳命」とはどのような人物か

「息石耳命」とはどのような人物か

-「息石耳命」とはどのような人物か-

「息石耳命」は、古代日本の神話に登場する人物で、邇邇芸命(ににぎのみこと)の后であり、邇邇芸命の孫にあたる鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)の母です。

その名は、息を吹きかけて石耳を癒したという故事に由来すると伝えられています。

息石耳命は、天津神(あまつかみ)、つまり天の神々の系譜に属しており、邇邇芸命が地上に降臨する際に随行した神々のひとりであったと考えられています。

彼女は、邇邇芸命が天孫降臨を果たした後に、彼の妻となり、鵜葺草葺不合命を産みました。

鵜葺草葺不合命は、後に初代神武天皇(じんむてんのう)の父であることから、息石耳命は、日本の皇室の祖先の一人であるとされています。

息石耳命は、日本神話においては、あまり多くの記述がありません。

しかし、彼女の存在は、日本の皇室の起源において重要な役割を果たしており、古くから崇敬されてきました。

息石耳命を祀る神社としては、奈良県の石上神宮(いそのかみじんぐう)が有名です。

石上神宮は、息石耳命の父神である布都御魂神(ふつのみたまのかみ)を祀る神社で、古代から朝廷の崇敬を集めてきました。

息石耳命は、日本の皇室の祖先であり、日本の伝統文化において重要な役割を果たした人物です。

彼女を祀る神社も多く、古くから人々の信仰を集めてきました。

「息石耳命」の母、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命とは

「息石耳命」の母、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命とは

「息石耳命」の母、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命とは

* 渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命は、息石耳命の母であり、第10代天皇崇神天皇の妃でもあります。
* 彼女は、息石耳命を産んだ後、崇神天皇の寵愛を失い、宮中を追放されました。
* 追放された渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命は、各地を放浪し、最後に伊勢神宮にたどり着きました。
* 伊勢神宮では、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命が祀られ、人々の信仰を集めています。

渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命の生涯

* 渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命は、崇神天皇の妃となり、息石耳命を産みました。
* しかし、崇神天皇は、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命を寵愛しなくなり、宮中を追放しました。
* 追放された渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命は、各地を放浪し、最後に伊勢神宮にたどり着きました。
* 伊勢神宮では、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命が祀られ、人々の信仰を集めています。

渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命の功績

* 渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命は、息石耳命を産んだことで、皇室の血統を繋げました。
* また、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命は、伊勢神宮に祀られ、人々の信仰を集めています。
* 伊勢神宮は、日本を代表する神社であり、渟名底仲媛(ぬなそこなかつひめの)命は、日本の神道において重要な役割を果たしています。

「息石耳命」の系譜

「息石耳命」の系譜

-「息石耳命」の系譜-

「息石耳命」は、古代日本の神であり、火の国(現在の熊本県)の初代領主と言われています。彼の系譜は、以下のように伝えられています。

* -天津久米命-火神カグツチを祀った神官であり、「息石耳命」の祖父。
* -八代国守命-「息石耳命」の父。
* -息石耳命-「息石耳命」。火の国初代領主。
* -彦湯産狭彦火火出見尊-「息石耳命」の長男。日向国の領主。
* -火葦北月命-「息石耳命」の次男。日向国の領主。
* -火火之照命-「息石耳命」の三男。筑紫国の領主。
* -埴安姫命-「息石耳命」の長女。豊穣と安産の神。
* -建御名方神-「息石耳命」の次女。水の神。

「息石耳命」は、多くの子供を授かったため、その子孫は全国各地に広がり、日本の皇室や多くの氏族の祖先となりました。

「息石耳命」の系譜は、日本の神話を知る上で重要な資料であり、また、日本人のルーツを探る上でも重要な手がかりとなっています。

タイトルとURLをコピーしました