民衆に国家主義を説いてきた、葛生能久という男。

民衆に国家主義を説いてきた、葛生能久という男。

葛生能久の生い立ちと幼少時代

葛生能久の生い立ちと幼少時代

葛生能久の生い立ちと幼少時代

葛生能久は、明治13年(1880年)6月22日、現在の熊本県熊本市に生まれた。父は官吏の葛生与八郎、母はハナ。能久は、幼い頃から頭が良く、勉強熱心な少年だった。明治26年(1893年)、熊本県立熊本中学校(現・熊本県立熊本高等学校)に入学。そこで、彼は、将来国のために尽くす決意を固める。

明治32年(1899年)、葛生は、東京帝国大学(現・東京大学)法科大学に入学。在学中は、社会主義運動に傾倒する。しかし、やがて、社会主義運動は、日本には合わないと考えるようになり、国家主義に転向した。国家主義とは、国家を最高価値とし、国民が国家のために尽くすべきだと考える思想である。葛生は、国家主義を日本に広めることで、日本の発展に貢献できると考えた。

葛生は、明治39年(1906年)に東京帝国大学を卒業。卒業後は、官僚として内務省(現・総務省)に入省した。内務省では、主として地方行政を担当した。葛生は、地方の事情に精通し、地方の振興に力を注いだ。また、彼は、国家主義的な思想を持つ官僚たちと交流し、国家主義運動を推進していった。

明治44年(1911年)、葛生は、内務省を退官。その後、彼は、ジャーナリストとして活躍する。彼は、新聞や雑誌に評論を執筆し、国家主義を宣伝した。また、彼は、講演会や集会を開催して、国家主義を国民に訴えた。葛生は、国家主義の普及に大きな貢献をした。

国家主義への熱意と黒竜会への入会

国家主義への熱意と黒竜会への入会

-国家主義への熱意と黒竜会への入会-

葛生能久は、若い頃から国家主義に傾倒していました。明治26年(1893年)、18歳のときに日清戦争が勃発し、葛生は従軍を志願しますが、年齢が若いために入隊を断念せざるを得ませんでした。しかし、戦争への参加を熱望した葛生は、看護婦として従軍し、戦地で負傷兵の看護にあたりました。

日清戦争後、葛生は東京専門学校(現在の早稲田大学)に進学します。在学中には、三宅雪嶺や上杉慎吉など、国家主義思想を説く学者やジャーナリストの影響を受け、国家主義への傾倒を深めていきます。

明治33年(1900年)、葛生は大学を卒業し、渡米します。アメリカでは、ロックフェラー財団の奨学金を得て、コロンビア大学で社会学を学びました。しかし、アメリカでの生活に馴染めず、わずか1年で帰国します。

帰国後、葛生は、黒竜会に入会します。黒竜会は、右翼団体であり、ロシアの南下政策に対抗するために設立されました。葛生は、黒竜会で機関紙の編集や講演活動などを行い、国家主義思想の普及に努めました。

葛生は、日本はアジアの盟主となるべきであり、そのためにはロシアや中国と戦う必要があると主張していました。また、葛生は、日本人は大和民族であり、他の民族とは優劣関係があると主張していました。葛生の国家主義思想は、多くの日本人に影響を与え、日露戦争や満州事変の発端となったとされています。

孫文を支えた葛生能久の中国革命への関与

孫文を支えた葛生能久の中国革命への関与

-孫文を支えた葛生能久の中国革命への関与-

葛生能久が中国革命に関わるようになったのは、1900年の義和団の乱がきっかけであった。義和団の乱は、中国で発生した反キリスト教・反外国勢力の暴動で、葛生能久は新聞記者として現地に派遣された。葛生能久は、義和団の乱の惨状を目の当たりにし、中国の近代化の必要性を痛感した。

葛生能久は、中国の近代化を図るためには、清朝の打倒と共和制の樹立が必要であると考えた。葛生能久は、孫文の革命運動に共感し、孫文を支援するために奔走した。葛生能久は、孫文の革命運動の資金調達や武器の調達を手助けした。

1911年、辛亥革命が勃発した。辛亥革命は、清朝を打倒し、中華民国を樹立した革命運動である。葛生能久は、孫文の革命運動を支援し、辛亥革命の成功に貢献した。

辛亥革命の後、葛生能久は中華民国の顧問を務め、中国の近代化に貢献した。葛生能久は、中国の鉄道や道路の建設、学校や病院の設立に尽力した。葛生能久は、中国の近代化に貢献した功績を称えられ、中華民国政府から勲章を授与された。

葛生能久は、中国革命に関与し、中国の近代化に貢献した功績を称えられる人物である。葛生能久の功績は、今日でも中国で高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました