「伊岐善盛女」(⇒伊岐致遠女(いきの-むねとおの-むすめ))について

「伊岐善盛女」(⇒伊岐致遠女(いきの-むねとおの-むすめ))について

伊岐善盛女とは

伊岐善盛女とは

伊岐善盛女とは、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての女性。伊岐善盛の娘で、小笠原秀政の正室。通称は糸。

父・善盛は、豊臣秀吉の側近として仕え、文禄・慶長の役では朝鮮に出兵した。母は、豊臣秀吉の正室・北政所の従妹にあたる。

糸は、小笠原秀政と結婚し、秀政との間に6人の男子と1人の女子をもうけた。秀政は、関ヶ原の戦いで東軍に味方し、戦後には豊前国小倉藩主となった。

糸は、秀政の死後、小倉藩主となった長男・忠政を支え、藩政を円滑に進めた。また、糸は、文化人としても知られ、和歌・連歌・茶道をたしなみ、多くの文人と交流した。

糸は、寛永20年(1643)に死去。享年68。法名は、浄光院殿妙浄日英大姉。糸の墓は、山口県下関市の観音寺にある。

伊岐善盛女の生涯

伊岐善盛女の生涯

伊岐善盛女の生涯

伊岐善盛女は、鎌倉時代後期の女性です。伊岐善盛の娘として生まれ、幼い頃から聡明で武芸にも優れていました。13歳の時、父が鎌倉幕府の討伐軍に討たれ、母と妹と共に捕らわれますが、その美貌と知性で幕府の重臣である北条時頼に気に入られ、側室として迎えられます。善盛女は時頼の寵愛を受け、彼の死後も鎌倉幕府の有力御家人として活躍しました。

善盛女は鎌倉幕府の滅亡後も健在で、後醍醐天皇の建武の新政にも参画しました。しかし、建武の新政が倒れ、足利尊氏が鎌倉幕府を開くと、尊氏に仕えて鎌倉幕府の復興に協力しました。尊氏が京都に攻め上ると、善盛女は鎌倉に残って鎌倉幕府の留守居役を務めました。

1336年、尊氏が京都を占領すると、善盛女は鎌倉から京都に移り、尊氏の側室として仕えました。尊氏が室町幕府を開くと、善盛女は室町幕府の有力御台所として活躍しました。善盛女は1351年に死去しましたが、その死を悼んで尊氏は彼女のために菩提寺である円覚寺を建立しました。

善盛女は鎌倉時代から室町時代にかけて活躍した女性で、その美貌と知性で多くの人々を魅了しました。また、鎌倉幕府の滅亡後も活躍し、室町幕府の復興に貢献しました。戦国時代における女性の姿を垣間見ることができる人物です。

伊岐善盛女の逸話

伊岐善盛女の逸話

-伊岐善盛女の逸話-

伊岐善盛女は、鎌倉時代末期の女性であり、伊岐氏の一族に生を受けました。善盛女は、その美貌と知恵で知られ、多くの逸話が伝えられています。

-美貌の評判-

善盛女は、その美貌で評判が高く、多くの男性が彼女に言い寄せていました。しかし、善盛女は、誰に対しても心を許さず、貞淑な女性として知られていました。

-知恵者として-

善盛女は、知恵者としても知られており、難しい問題を解決したという逸話が残っています。あるとき、善盛女の父親である善盛が、家臣に裏切られて謀反を起こされました。善盛は、家臣たちに囲まれ、窮地に陥ってしまいました。

しかし、善盛女は、知恵を絞って、家臣たちを説得することに成功しました。家臣たちは、善盛女の知恵と美しさに感服し、謀反を中止しました。善盛は、善盛女の知恵のおかげで、命拾いをすることができました。

-悲劇の最期-

善盛女は、その美貌と知恵で、多くの人々から愛されていましたが、悲劇の最期を迎えました。善盛女は、あるとき、敵対する勢力に襲撃され、捕らわれてしまいました。敵対する勢力は、善盛女を辱めようとし、善盛女は、必死に抵抗しましたが、力及ばず、辱められてしまいました。

善盛女は、辱めを受けたことを恥と思い、自害して果てました。善盛女の死は、多くの人々に衝撃を与え、彼女の死を悼む声が上がりました。善盛女は、その美貌と知恵、そして悲劇の最期で、後世の人々に語り継がれることとなりました。

タイトルとURLをコピーしました