榎本武揚-幕末から明治の武人そして政治家

榎本武揚-幕末から明治の武人そして政治家

榎本武揚の幼少期と海軍伝習所時代

榎本武揚の幼少期と海軍伝習所時代

-榎本武揚の幼少期と海軍伝習所時代-

榎本武揚は、1836年(天保7年)1月1日に江戸日本橋蛎殻町に生まれました。父は旗本・榎本武規、母は多津です。武揚は、幼少期から英明で、学問を好みました。14歳のとき、旗本寄合組の頭取・勝海舟の門下生となり、兵学や西洋学を学びました。

1854年(嘉永7年)、ペリーが浦賀に来航すると、武揚は勝海舟とともに艦隊を率いて対応しました。このとき、武揚は西洋の軍事力の強さに感銘を受け、海軍の必要性を痛感しました。

1855年(安政2年)、武揚は海軍伝習所に入所し、海軍士官として教育を受けました。海軍伝習所では、航海術、砲術、測量術などの海軍に必要な知識を学びました。また、英語も学び、西洋の文献を直接読むことができるようになりました。

1859年(安政6年)、武揚は海軍伝習所を卒業し、軍艦「咸臨丸」の副艦長に任命されました。咸臨丸は、日本初の西洋式軍艦であり、武揚は咸臨丸に乗ってアメリカに渡りました。アメリカでは、武揚は海軍施設や造船所を視察し、西洋の海軍事情を学びました。

咸臨丸から帰国後、武揚は幕府海軍の創設に尽力しました。1863年(文久3年)、武揚は軍艦奉行に任命され、幕府海軍の総責任者となりました。武揚は、海軍の近代化を推進し、海軍力の強化に努めました。

しかし、1868年(慶応4年)の戊辰戦争で幕府軍は新政府軍に敗北し、武揚は蝦夷地に逃れました。蝦夷地では、武揚は榎本艦隊を組織し、新政府軍と戦いましたが、1869年(明治2年)に降伏しました。

武揚は、明治政府に仕え、海軍卿や外務卿などの要職を歴任しました。武揚は、日本の近代化に尽力し、日本海軍の基礎を築いた偉大な政治家であり、武人でした。

戊辰戦争での戦い

戊辰戦争での戦い

戊辰戦争での戦い

榎本武揚は、戊辰戦争において旧幕府軍の総裁を務めた。戊辰戦争は、1868年から1869年にかけて、明治政府軍と旧幕府軍の間で行われた内戦である。

榎本武揚は、戊辰戦争の初期には、江戸城の防衛に当たった。しかし、明治政府軍が江戸城を占領すると、榎本武揚は、奥羽越列藩同盟に参加した。奥羽越列藩同盟は、旧幕府軍と東北地方の諸藩が結成した同盟である。

榎本武揚は、奥羽越列藩同盟の総督に就任し、明治政府軍と戦った。榎本武揚は、戊辰戦争において、いくつかの戦いで勝利を収めた。しかし、明治政府軍は、圧倒的な兵力と物資を有しており、榎本武揚は、次第に劣勢に立たされた。

榎本武揚は、1869年5月、函館で降伏した。榎本武揚は、その後、明治政府に逮捕され、投獄された。榎本武揚は、1872年に釈放され、その後、明治政府に出仕した。榎本武揚は、明治政府において、海軍卿や外務卿などの要職を歴任した。

榎本武揚は、戊辰戦争において、旧幕府軍の総裁として、明治政府軍と戦った。榎本武揚は、戊辰戦争において、いくつかの戦いで勝利を収めたが、最終的には、明治政府軍に敗北した。榎本武揚は、戊辰戦争の後、明治政府に出仕し、要職を歴任した。

明治政府での活躍と晩年

明治政府での活躍と晩年

– 明治政府での活躍と晩年

明治政府が発足すると、榎本武揚は海軍卿や外務卿などの要職を歴任し、日本の近代化に尽力します。

海軍卿として、榎本武揚は日本の海軍を近代化し、海軍力を増強しました。また、外務卿として、榎本武揚は欧米諸国との交流を深め、日本の地位向上に努めました。

榎本武揚は、明治政府の中でも特に、外務卿としての活躍が顕著でした。彼は、日露戦争後の講和条約であるポーツマス条約の締結に尽力し、日本の利益を確保しました。また、第一次世界大戦後のパリ講和会議にも出席し、日本の発言力を高めました。

榎本武揚は、明治政府で活躍した後、晩年は政界から引退し、隠居しました。しかし、彼は日本海軍の近代化に尽力した功績を称えられ、伯爵に叙爵されました。

榎本武揚は、明治維新の立役者として、また明治政府での活躍が顕著だった政治家として、日本の近代化に大きく貢献した人物です。

タイトルとURLをコピーしました