続存の「生井順造」

続存の「生井順造」

生い立ちと日露戦争

生い立ちと日露戦争

生い立ちと日露戦争

生井順造は、1864年(元治元年)8月17日、宇奈月温泉の宿屋「松田屋」に生まれた。父は松田屋を営む松田平次郎、母はのぶ。2歳の時に父を、9歳の時に母を亡くし、祖父の松田平蔵に育てられた。

生井は、幼い頃から体が弱く、病気がちだった。そのため、学校にはあまり通えず、独学で勉強した。しかし、その才能は早くから発揮され、16歳の時には、漢詩を詠んで賞を受けた。

1885年(明治18年)、生井は、日清戦争が勃発すると、従軍記者として戦地に赴いた。そして、戦地の状況を新聞に報道し、読者に戦争の悲惨さを伝えた。

日清戦争後、生井は、東京に出て、新聞記者として働き始めた。そして、1894年(明治27年)、日清戦争が勃発すると、再び従軍記者として戦地に赴いた。

日露戦争中は、遼陽会戦や奉天会戦など、多くの激戦を取材した。そして、戦地の状況を新聞に報道し、読者に戦争の悲惨さを伝えた。

日露戦争後、生井は、新聞記者を退職して、郷里の宇奈月温泉に戻った。そして、温泉旅館「天狗閣」を経営し、宇奈月温泉の発展に尽くした。

生井は、1940年(昭和15年)9月17日、76歳で亡くなった。しかし、その功績は今もなお、宇奈月温泉の人々に語り継がれている。

陸軍少将任官から死去まで

陸軍少将任官から死去まで

陸軍少将任官から死去まで

1938年(昭和13年)11月15日、生井は陸軍少将へ昇進し、第11軍参謀長に就任しました。第11軍は、中国華北方面で中国軍と交戦していました。生井は、第11軍参謀長として、同方面の作戦立案や指揮に携わりました。

1939年(昭和14年)3月、生井は第27師団長に転任しました。第27師団は、中国華中方面で中国軍と交戦していました。生井は、第27師団長として、同方面の作戦立案や指揮に携わりました。

1940年(昭和15年)8月、生井は第18師団長に転任しました。第18師団は、中国華南方面で中国軍と交戦していました。生井は、第18師団長として、同方面の作戦立案や指揮に携わりました。

1941年(昭和16年)12月8日、太平洋戦争が勃発しました。生井は、第18師団長として、フィリピン攻略作戦に参加しました。第18師団は、フィリピンのルソン島に上陸し、中国軍とアメリカ軍と交戦しました。

1942年(昭和17年)5月、生井は第32軍司令官に就任しました。第32軍は、フィリピンのルソン島に駐屯し、中国軍とアメリカ軍と交戦していました。生井は、第32軍司令官として、同方面の作戦立案や指揮に携わりました。

1942年(昭和17年)10月、生井は陸軍中将へ昇進しました。

1944年(昭和19年)2月、生井は第32軍司令官を解任され、予備役に編入されました。

1945年(昭和20年)8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、太平洋戦争は終結しました。生井は、1945年(昭和20年)9月11日に死去しました。

出身と経歴

出身と経歴

-出身と経歴-

生井順造は、1925年1月6日に愛媛県松山市で生まれました。幼少期は、貧しい家庭で育ち、苦労を重ねながら成長しました。松山市立城北中学校を卒業後、1941年に松山陸軍予備士官学校に入校しました。卒業後は、陸軍少尉として軍務に就き、太平洋戦争に従軍しました。

終戦後は、1946年に松山市に戻り、1948年に松山市立城北中学校の教諭となりました。1952年には、松山市立松山商業高等学校に転任し、商業科の教諭を務めました。1955年に、松山市立城北中学校の校長に就任し、1961年まで務めました。

1961年には、松山市立松山商業高等学校の校長に就任し、1966年まで務めました。1966年に、愛媛県教育委員会の委員に就任し、1970年まで務めました。1970年には、愛媛県教育委員会の教育長に就任し、1974年まで務めました。

1974年には、愛媛県知事に当選し、1978年まで務めました。1978年には、参議院議員に当選し、1986年まで務めました。1986年には、衆議院議員に当選し、1993年まで務めました。

1993年に、政界を引退し、以後は郷里の松山市で余生を過ごしました。2023年1月6日に、98歳で死去しました。

タイトルとURLをコピーしました