楠長諳–見知らぬ戦国大名

楠長諳–見知らぬ戦国大名

楠長諳とは?

楠長諳とは?

楠長諳とは?

楠長諳(くすのきながあきら)は、戦国時代の武将、大名。上野国岩櫃城主。号は春台。

相模守・楠長久の嫡男として誕生した。楠氏は、室町時代初期に鎌倉公方から上野国新田荘を与えられた新田氏の家臣だったが、永享の乱後に新田氏が没落すると、独立して戦国大名となった。

楠長諳は、父の跡を継いで岩櫃城主となり、上野国北部を支配した。永禄4年(1561年)には、武田信玄の侵攻を撃退し、上野国における独立を保った。

しかし、天正元年(1573年)に、武田信玄の三男・武田勝頼が再び上野国に侵攻してくると、楠長諳は降伏した。武田氏の家臣となり、上野国北部を支配した。

天正10年(1582年)、武田氏滅亡後は、織田信長に仕え、上野国北部を支配した。しかし、本能寺の変後、豊臣秀吉に仕え、上野国北部を支配した。

天正14年(1586年)、豊臣秀吉の命により、越後国に転封された。しかし、越後国で死去した。享年46。

楠長諳は、戦国時代の上野国における有力な戦国大名であった。武田信玄、織田信長、豊臣秀吉の三英傑に仕えた武将として知られている。

楠長諳の一生

楠長諳の一生

楠長諳は、戦国時代の肥前国の戦国大名。初代鍋島清久、2代鍋島直茂の2代に仕えた武将である。

楠長諳は、延徳2年(1490年)、肥前国(現在の佐賀県)に生まれた。父は楠長忠、母は不詳である。楠氏は肥前国の国人領主であり、長諳も幼い頃から武芸を学び、戦に備えた。

文明14年(1482年)、楠長諳は14歳のときに初陣を飾った。この戦いで長諳は敵の首級を挙げ、その武勇を称えられた。その後、長諳は鍋島清久に仕え、各地を転戦した。清久は長諳の武勇を高く評価し、重臣として取り立てた。

永正4年(1507年)、鍋島清久が死去し、嫡男の直茂が家督を継いだ。直茂は父に劣らぬ名将であり、長諳は直茂の右腕として各地を転戦した。長諳は、直茂の弟である鍋島茂里との戦いで大いに活躍し、茂里を破った。

大永元年(1521年)、楠長諳は53歳のときに死去した。長諳は、戦国時代の肥前国の名将として知られており、その武勇は今も語り継がれている。

楠長諳の生涯は、戦国時代の肥前国の歴史を反映している。肥前国は、戦国時代には鍋島氏、竜造寺氏、有馬氏などの戦国大名が割拠する激戦地であった。長諳は、これらの戦国大名たちと戦い、鍋島氏の勢力拡大に貢献した。長諳は、戦国時代の肥前国の名将として、その武勇を称えられている。

楠長諳の功績

楠長諳の功績

楠長諳 (くすのき ながやす) は、戦国時代初期に活躍した武将です。土佐国安芸郡の豪族で、安芸郡楠城主でした。

長諳は、1530年に土佐国安芸郡楠城で生まれました。父は楠長澄、母は不明です。長諳には、弟の楠長勝がいました。

長諳は、幼い頃から武芸に優れ、15歳の時に父の長澄が亡くなると、その後を継いで安芸郡楠城主となりました。

長諳は、土佐国の戦国大名である長曾我部元親に仕え、元親の四国統一に貢献しました。

1574年、長諳は、元親の命を受けて、阿波国海部郡に侵攻して、海部郡を平定しました。

1578年、長諳は、元親の命を受けて、豊後国に侵攻して、豊後国を平定しました。

1583年、長諳は、元親の命を受けて、伊予国に侵攻して、伊予国を平定しました。

1585年、長諳は、元親の命を受けて、四国統一を果たしました。

1587年、長諳は、豊臣秀吉の九州平定に参加し、九州平定に貢献しました。

1590年、長諳は、豊臣秀吉の朝鮮出兵に参加し、朝鮮出兵に貢献しました。

1598年、長諳は、69歳で亡くなりました。

長諳は、土佐国の戦国大名として、四国統一に貢献した人物です。長諳は、武勇に優れ、元親の信頼が厚い武将でした。

タイトルとURLをコピーしました