楠不伝とは-戦国から江戸時代にかけて活躍した武士.

楠不伝とは-戦国から江戸時代にかけて活躍した武士.

武士であり兵法家の楠不伝

武士であり兵法家の楠不伝

– 武士であり兵法家の楠不伝

楠不伝(くすのき ふでん)は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武士であり、兵法家です。通称は勘助、号は木斎。諱は正成。

不伝は、播磨国(現在の兵庫県)で生まれ、楠木正成の末裔であるといわれています。幼い頃から武芸に優れ、15歳で上洛して足利義昭に仕えました。

義昭の命を受けて、不伝は各地を転戦し、武功を挙げました。特に、1570年(元亀元年)の姉川合戦では、織田信長の軍勢を破ったことで知られています。

その後、不伝は豊臣秀吉に仕え、九州征伐や小田原征伐に参加しました。秀吉死後は、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いにも参戦しました。

戦国時代を生き延びた不伝は、江戸時代に入り、兵法の指南役として活躍しました。不伝が創始した兵法は、楠流兵法と呼ばれ、武家や農民の間で広く親しまれました。

不伝は、1625年(寛永2年)に死去しました。享年77。不伝の墓は、京都府京都市にある建仁寺にあります。

楠不伝は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した、勇敢で知略に富んだ武士でした。不伝が創始した楠流兵法は、現在もなお、多くの武術家によって継承されています。

天正年間は紀伊熊野の武将として活動

天正年間は紀伊熊野の武将として活動

-天正年間は紀伊熊野の武将として活動-

楠不伝は、天正年間(1573-1592年)に紀伊熊野の武将として活動していました。彼は、熊野一の宮である熊野本宮大社を拠点として、紀伊半島の南部一帯を支配していました。楠不伝は、紀伊半島南部の豪族である楠木氏の末裔であり、熊野本宮大社の神官も務めていました。

天正年間は、戦国時代の末期であり、織田信長や豊臣秀吉が天下統一を目指して戦いを繰り広げていた時代でした。楠不伝は、紀伊半島南部を支配する武将として、織田信長や豊臣秀吉の勢力と戦いを繰り広げていました。

天正10年(1582年)、織田信長が本能寺の変で亡くなり、豊臣秀吉が天下統一を果たしました。楠不伝は、豊臣秀吉に臣従し、豊臣秀吉の九州征伐や朝鮮出兵にも従軍しました。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉が小田原城を攻め落とし、北条氏を滅ぼしました。これにより、日本の統一が成し遂げられました。楠不伝は、豊臣秀吉から紀伊半島南部を安堵され、引き続き紀伊熊野の武将として活躍しました。

天正19年(1591年)、楠不伝は病気により亡くなりました。享年52歳でした。楠不伝の死後、紀伊熊野の武将は、楠不伝の息子である楠木正虎が継ぎました。

江戸時代には楠流軍学を教授

江戸時代には楠流軍学を教授

江戸時代には楠流軍学を教授

戦国時代に楠流軍学の始祖である楠木正成は、たとえ勝てなくても最後まで戦い続けるという「楠公精神」を説きました。楠流軍学は、この「楠公精神」を基盤とした軍学です。

江戸時代になると、楠流軍学は各藩で教授されるようになりました。中でも、薩摩藩と土佐藩は楠流軍学を藩の軍学として採用していました。

薩摩藩では、島津義久が楠流軍学の第一人者である桐野利秋を招き、藩士に楠流軍学を教授させました。土佐藩では、山内一豊が楠流軍学の第二人者である長宗我部元親を招き、藩士に楠流軍学を教授させました。

薩摩藩と土佐藩で楠流軍学が教授されたことによって、楠流軍学は日本全国に広まりました。そして、楠流軍学は、日本の武士道の精神を形成するのに大きな役割を果たしました。

楠流軍学は、戦国時代から江戸時代にかけて日本の武士道の精神を形成した軍学です。楠流軍学は、楠木正成の「楠公精神」を基盤とした軍学であり、薩摩藩と土佐藩で広く教授されました。楠流軍学は、日本の武士道の精神を形成するのに大きな役割を果たしました。

タイトルとURLをコピーしました