楠正虎(⇒大饗正虎)とは?

楠正虎(⇒大饗正虎)とは?

楠正虎(⇒大饗正虎)の概要

楠正虎(⇒大饗正虎)の概要

-楠正虎(⇒大饗正虎)の概要-

楠正虎(くすのき まさとら、生年不明~1247年)は、鎌倉時代前期の武士。楠木正成の祖父。河内国石川郡楠郷(現在の大阪府南河内郡河南町)に住み、藤原秀郷の末裔であるという。楠木正成の祖父。

正虎は、源頼朝が鎌倉幕府を開いた後、その御家人となり、建久4年(1193年)には、源頼朝の命を受けて、河内国石川郡楠郷に移住した。その後、正虎は、河内国石川郡楠郷に居城を構えて、楠木氏を名乗った。

正虎は、源頼朝、源頼家、源実朝と、三代にわたって鎌倉幕府に仕えた。また、正虎は、源頼朝の死後、源実朝を補佐した。正虎は、源実朝が暗殺された後、源頼朝の遺児である頼経を擁立して、鎌倉幕府の再興を図った。

しかし、源頼経は、北条氏と対立し、建長9年(1257年)に、鎌倉幕府を追われた。正虎は、源頼経に従って、九州に逃れた。その後、正虎は、文永4年(1267年)に、九州で病死した。

正虎は、楠木氏の祖であり、楠木正成の祖父である。正虎は、源頼朝、源頼家、源実朝と、三代にわたって鎌倉幕府に仕えた。また、正虎は、源頼朝の死後、源実朝を補佐した。正虎は、源実朝が暗殺された後、源頼朝の遺児である頼経を擁立して、鎌倉幕府の再興を図った。

しかし、源頼経は、北条氏と対立し、建長9年(1257年)に、鎌倉幕府を追われた。正虎は、源頼経に従って、九州に逃れた。その後、正虎は、文永4年(1267年)に、九州で病死した。

楠正虎(⇒大饗正虎)の生立ち

楠正虎(⇒大饗正虎)の生立ち

楠正虎(⇒大饗正虎)の生立ち

楠正虎(⇒大饗正虎)は、1597年に近江国犬上郡八木荘(現在の滋賀県犬上郡豊郷町)に生まれた。父は楠正勝、母は月野氏。正虎は7人兄弟の次男で、兄の正成、弟の正季、正時、正行、正実、正方などがいる。

正虎は幼い頃から聡明で、武芸にも長けていた。16歳の時に父が豊臣秀吉に仕官し、その後正虎も秀吉の馬廻りとなった。正虎は秀吉の九州征伐、小田原征伐などの戦いで活躍し、功績をあげた。

1598年、秀吉が亡くなると、豊臣秀頼が跡を継いだ。正虎は秀頼に仕え、大坂城の留守居役を務めた。1600年、徳川家康が挙兵すると、正虎は秀頼の命を受けて大坂城を守備した。しかし、家康の軍勢は大坂城を攻略し、正虎は捕らえられた。

正虎は捕らえられた後、家康に仕えることになった。家康は正虎の才能を高く評価し、幕府の旗本として取り立てた。正虎はその後、江戸城の普請奉行や奈良奉行などを歴任し、幕府の重臣として活躍した。

1639年、正虎は63歳で亡くなった。正虎は死後、大饗正虎と改名された。正虎は武芸に優れた武将であり、幕府の重臣として活躍した名臣である。

楠正虎(⇒大饗正虎)の活躍

楠正虎(⇒大饗正虎)の活躍

-# 楠正虎(⇒大饗正虎)の活躍

楠正虎(⇒大饗正虎)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将です。楠木正成の息子であり、河内国楠木氏の当主でした。正虎は、幼い頃から武芸に優れ、16歳の時に父正成と共に鎌倉幕府に反旗を翻しました。

正虎は、河内国を拠点に幕府軍と戦い、数々の戦功を挙げました。1333年(元弘3年)には、鎌倉幕府を倒した建武の新政に参画し、足利尊氏に従いました。しかし、尊氏が後醍醐天皇に叛旗を翻すと、正虎は尊氏と決別して後醍醐天皇方に付きました。

正虎は、後醍醐天皇の皇子である懐良親王に従い、各地を転戦しました。1336年(建武3年)には、湊川の戦いで尊氏軍を破り、その勢力を拡大しました。しかし、1338年(暦応元年)に尊氏軍に敗れ、河内国の千早城に立て籠もりました。

正虎は、千早城で尊氏軍と激しく戦いましたが、1348年(貞和4年)に城を明け渡し、尊氏に降伏しました。正虎は、尊氏に赦されて河内国に帰還しましたが、1350年(観応元年)に尊氏と決裂して再び挙兵しました。しかし、尊氏軍に敗れて捕らえられ、鎌倉で処刑されました。

正虎は、楠木正成の息子として生まれ、幼い頃から武芸に優れていました。幕府軍と戦い、数々の戦功を挙げました。尊氏と決別して後醍醐天皇方に付くと、各地を転戦し、湊川の戦いで尊氏軍を破りました。しかし、千早城で尊氏軍に敗れ、降伏しました。その後、尊氏と決裂して再び挙兵しましたが、敗れて捕らえられ、処刑されました。正虎は、武勇に優れており、楠木正成の息子としてその名を知られています。

タイトルとURLをコピーしました