「幾田右門」とは?「幾田伊俊」の歴史と功績を解説。

「幾田右門」とは?「幾田伊俊」の歴史と功績を解説。

幾田右門とは?

幾田右門とは?

-幾田右門とは?-

幾田右門(いくたりょうもん)は、戦国時代の武将で、織田信長に仕えました。通称は又二郎(または又助)で、諱は伊俊(または貞俊)です。尾張国丹羽郡幾田(現在の愛知県江南市)の出身です。

織田信長に仕え、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦い、元亀元年(1570年)の姉川の戦い、天正4年(1576年)の長篠の戦いなど、数多くの戦いで功績を上げました。また、天正8年(1580年)の甲州征伐にも参加しました。

天正10年(1582年)の本能寺の変では、織田信長が明智光秀に謀殺され、その直後、光秀に攻められた。右門は信長を弔うために、その遺体を本能寺から安土城まで運びました。

その後、豊臣秀吉に仕え、天正13年(1585年)の四国征伐、天正15年(1587年)の九州征伐などに参加しました。天正18年(1590年)の小田原征伐では、北条氏政の籠る小田原城を攻め、大手口の総普請を担当しました。

幾田伊俊は、文禄3年(1594年)に死去しました。享年70歳でした。

幾田伊俊の歴史と功績

幾田伊俊の歴史と功績

-幾田伊俊の歴史と功績-

幾田伊俊(いくた すけとし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。豊臣秀吉の馬廻衆として活躍した。

伊俊は、尾張国に生まれた。父は幾田右門丞清定。兄に幾田右馬丞清利。越前国の朝倉氏に仕えていたが、後に秀吉に仕えた。

伊俊は、秀吉の馬廻衆として各地を転戦した。天正10年(1582年)の本能寺の変では、秀吉の命を受けて大坂城を守備した。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは、秀吉方の先鋒を務めた。伊俊は、織田信雄軍と激戦を繰り広げ、勝利に貢献した。

天正15年(1587年)の九州征伐では、伊俊は秀吉の軍監を務めた。伊俊は、秀吉の命を受けて島津義久と交渉し、島津氏の降伏を勧告した。

天正18年(1590年)の小田原征伐では、伊俊は秀吉方の先鋒を務めた。伊俊は、北条氏政軍と激戦を繰り広げ、勝利に貢献した。

関ヶ原の戦いでは、伊俊は西軍に属した。伊俊は、石田三成軍の旗頭を務めたが、戦いの途中で戦場を離脱した。

関ヶ原の戦いの後、伊俊は浪人となった。伊俊は、その後、徳川家康に仕え、旗本となった。

伊俊は、元和4年(1618年)に死去した。享年70。

「幾田右門」と「幾田伊俊」の違い

「幾田右門」と「幾田伊俊」の違い

「幾田右門」と「幾田伊俊」の違い

「幾田右門」と「幾田伊俊」は、同じ名前でありながら、全くの別人です。

「幾田右門」は、戦国時代の武将であり、毛利輝元の家臣として活躍しました。

「幾田伊俊」は、江戸時代の儒学者であり、水戸藩の藩儒として仕えました。

「幾田右門」は、毛利輝元の家臣として、数々の戦いで活躍しました。特に、本能寺の変では、毛利輝元を救出するために、徳川家康の軍勢と激戦を繰り広げ、その武勇を称えられました。

「幾田伊俊」は、水戸藩の藩儒として、朱子学を講義し、水戸藩の学問の発展に貢献しました。また、水戸藩主である徳川光圀の信任を得て、大日本史の編纂にも携わりました。

「幾田右門」と「幾田伊俊」は、同じ名前でありながら、全くの別人であり、それぞれが異なる分野で活躍しました。

タイトルとURLをコピーしました