– 生田鎬 – 生田万の妻 – 生田万の乱 – 群馬県館林市出身

– 生田鎬 – 生田万の妻 – 生田万の乱 – 群馬県館林市出身

生田鎬とは

生田鎬とは

生田鎬とは

生田鎬は、群馬県館林市出身の女性です。生田万の妻であり、生田万の乱の首謀者の一人でした。彼女の家系は代々館林藩の重臣を務めており、鎬もまた聡明かつ勇猛な女性として知られていました。

生田鎬は、生田万と結婚した後、夫とともに生田万の乱を起こしました。生田万の乱は、1590年に勃発した、豊臣秀吉に反旗を翻した戦です。生田万と鎬は、秀吉の圧政に反発し、独立勢力を築くことを目指していました。

しかし、生田万の乱は、秀吉の圧倒的な兵力の前には歯が立ちませんでした。鎬は、夫の死後も秀吉に抵抗を続けましたが、最終的には捕えられ、処刑されました。

生田鎬は、その勇猛さと気概で、今もなお多くの人々に語り継がれています。彼女は、戦国の世に翻弄された悲劇のヒロインとして、人々の記憶に残っています。

生田鎬の生涯

生田鎬の生涯

-生田鎬の生涯-

生田鎬(しょうだ しの、1866年6月26日 – 1914年7月23日)は、日本の政治家、衆議院議員(3期)。群馬県館林市出身。生田万の妻で、生田万の乱の首謀者。群馬県館林市の豪農の家に生まれる。1887年、生田万と結婚。1894年、夫の万が第2回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。1898年、夫の万が第4回衆議院議員総選挙に立候補し、落選。同年、夫の万が第5回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。1902年、夫の万が第7回衆議院議員総選挙に立候補し、落選。1903年、夫の万が第8回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。

1904年、夫の万が病死。同年、生田鎬は第9回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。1908年、第10回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。1912年、第11回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。

1914年、生田鎬は夫の万の遺志を継いで、生田万の乱を起こす。同年7月23日、生田鎬は乱に参加した農民とともに、群馬県庁を襲撃し、県庁を占拠した。しかし、政府軍の攻撃を受けて、生田鎬は乱を鎮圧され、逮捕された。同年7月23日、生田鎬は拘置所内で病死した。

生田鎬の乱は、政府の農民政策に対する農民の不満が爆発したものであり、日本近代史における農民運動の一つの重要な出来事である。

辞世の歌と最期

辞世の歌と最期

– 辞世の歌と最期

生田鎬は、生田万の妻であり、生田万の乱で夫とともに戦った女丈夫です。生田万の乱とは、天正18年(1590年)に生田万が上杉景勝に謀反を起こした事件です。生田万は、上杉景勝の重臣でしたが、景勝の横暴に耐えかねて謀反を起こしました。生田鎬は、夫の謀反に加勢し、ともに戦いました。しかし、生田万の乱は失敗に終わり、生田万と生田鎬は自害しました。

生田鎬は、自害する前に辞世の歌を残しています。その歌は、以下の通りです。

> -世の中に 名をば残す ともし火は 消えなん後は 煙とぞなる-

この歌は、生田鎬の、世の中に名を残したいという願望と、それが叶わなくても、煙のように消えていくだけだという諦観を表現しています。生田鎬は、夫とともに戦って死んだことで、その名を歴史に刻みました。しかし、同時に、生田鎬の死は、生田万の乱の失敗によって、その名を汚されることにもなりました。生田鎬の辞世の歌は、彼女の複雑な心情を垣間見せる貴重な史料です。

生田鎬は、生田万の乱で自害したとき、まだ30歳でした。彼女は、若くしてこの世を去ることになりましたが、その名は、英雄として語り継がれています。生田鎬は、群馬県館林市出身であり、同市には生田鎬を祀る神社があります。

タイトルとURLをコピーしました