– 榎本中衛

– 榎本中衛

経歴

経歴

-経歴-

榎本中衛は、1865年(慶応元年)10月11日、江戸(現在の東京都)で生まれました。父は榎本武揚、母は津田梅子です。武揚は、幕末の海軍総裁であり、梅子は、津田梅子の兄である津田真道の娘です。

中衛は、幼少期から武術や学問を学び、1871年(明治4年)に海軍兵学校に入学しました。1875年(明治8年)に卒業した後、海軍少尉に任官され、軍艦「龍驤」に乗り組みました。

1877年(明治10年)の西南戦争では、政府軍に加わり、鹿児島県で戦いました。1882年(明治15年)には、海軍中尉に昇進し、軍艦「千代田」の艦長を務めました。

1884年(明治17年)に、榎本中衛は、アメリカ合衆国に留学し、海軍兵学校で学びました。帰国後は、海軍大尉に昇進し、軍艦「吉野」の艦長を務めました。

1894年(明治27年)の日清戦争では、榎本中衛は、海軍少佐に昇進し、軍艦「松島」の艦長を務めました。黄海の海戦では、松島を率いて清国艦隊と交戦し、勝利に貢献しました。

1898年(明治31年)、榎本中衛は、海軍中佐に昇進し、軍艦「八島」の艦長を務めました。1900年(明治33年)に、海軍大佐に昇進し、第1艦隊司令官を務めました。

1904年(明治37年)の日露戦争では、榎本中衛は、海軍少将に昇進し、連合艦隊参謀長を務めました。日本海海戦では、連合艦隊司令長官の東郷平八郎を補佐し、勝利に貢献しました。

1907年(明治40年)、榎本中衛は、海軍中将に昇進し、海軍次官を務めました。1911年(明治44年)に、海軍大将に昇進し、海軍大臣を務めました。

1915年(大正4年)、榎本中衛は、海軍大将のまま死去しました。享年50歳でした。

研究内容

研究内容

– 研究内容

榎本中衛氏は、東京農業大学名誉教授で、農学博士の学位を取得しています。専門分野は、食料資源の持続可能な利用、特に家畜の栄養生理学と飼料生産に関する研究です。長年、家畜の消化・吸収に関する基礎研究に従事し、家畜の栄養価の評価法や飼料の効率的な利用法に関する研究成果を数多く発表しています。

家畜の消化・吸収に関する研究では、家畜の消化管内で飼料中の栄養素がどのように消化・吸収されるかを明らかにし、家畜の栄養価の評価法を開発しました。また、飼料の効率的な利用法に関する研究では、家畜の飼料需要を削減するための飼料配合法や飼料添加物の開発に取り組んでいます。

榎本氏は、家畜の栄養生理学と飼料生産に関する研究で、農学賞、日本家畜学会賞、国際家畜生産学会賞など、数々の賞を受賞しています。また、国際家畜生産学会の会長や日本家畜学会の理事長など、国内外の学会で重要な役割を果たしています。

榎本氏の研究成果は、家畜生産の効率化と持続可能な畜産の推進に貢献し、畜産業の発展に大きく寄与しています。

功績・受賞歴

功績・受賞歴

-榎本中衛の功績・受賞歴-

榎本中衛は、明治から昭和初期にかけて活躍した外交官、政治家です。日本の近代外交の礎を築いた人物として知られており、日本の国際的地位向上に大きな貢献を果たしました。

榎本中衛は、1836年(天保7年)に現在の神奈川県横須賀市に生まれました。1854年(嘉永7年)にペリー来航に遭遇し、洋学の必要性を痛感して、翌年に長崎海軍伝習所で学び始めました。1859年(安政6年)には、遣米使節団の一員として渡米しました。

1860年(万延元年)に帰国後は、幕府の海軍奉行並となり、軍艦奉行として横須賀製鉄所の建設にも尽力しました。1868年(明治元年)の戊辰戦争では、榎本中衛は幕府軍の一員として箱館戦争に参加しましたが、明治政府軍に敗北を喫し、投降しました。

明治政府に赦免された後、榎本中衛は外務省に入り、外交官としてのキャリアをスタートさせました。1871年(明治4年)には、初代駐米公使としてアメリカに赴任し、アメリカとの交渉に当たりました。1873年(明治6年)には、外務卿に就任し、日本の外交政策を主導しました。

榎本中衛は、外務卿として、清国との間で日清修好条約を締結し、朝鮮との間で日朝修好条約を締結しました。また、欧米列強との間で不平等条約を改正し、日本の国際的地位向上に貢献しました。

1885年(明治18年)に外務卿を辞任した後も、榎本中衛は政治家として活躍しました。1890年(明治23年)に農商務大臣に就任し、1892年(明治25年)には文部大臣に就任しました。

榎本中衛は、1908年(明治41年)に72歳で亡くなりました。榎本中衛の死は、日本の近代外交の大きな損失とされました。

榎本中衛は、日本の近代外交の礎を築いた人物として、その功績を高く評価されています。榎本中衛が受賞した主な賞は以下の通りです。

* 勲一等旭日大綬章
* 侯爵

タイトルとURLをコピーしました