「久須美疎安」

「久須美疎安」

千宗旦の晩年の弟子

千宗旦の晩年の弟子

「千宗旦の晩年の弟子」

久須美疎安は、千宗旦の晩年の弟子の一人。
彼は、1617年に京都で生まれ、1685年に亡くなりました。

疎安は、幼い頃から茶道に親しみ、1633年、17歳の時に千宗旦に弟子入りしました。

疎安は、宗旦に茶の湯の手ほどきを受け、宗旦の茶の湯の考え方を深く学びました。

また、宗旦の弟子の中では、特に宗旦に信頼され、宗旦の茶室「忘筌」の管理を任せられました。

宗旦の死後、疎安は、宗旦の茶の湯の考え方を広めるために、茶の湯の指導を行いました。

また、宗旦の茶の湯の考え方をまとめた「茶道筌蹄」を著しました。

疎安の茶の湯は、宗旦の茶の湯を継承したものであり、質素で簡素な茶の湯でした。

また、疎安は、茶室の飾り付けに花や草木を用いることを好み、自然の美しさを茶の湯に取り入れました。

疎安は、茶の湯の師として多くの人々に尊敬され、彼の茶の湯の考え方は、江戸時代の茶の湯の発展に大きな影響を与えました。

藤村庸軒の娘婿

藤村庸軒の娘婿

-# 「久須美疎安」

-藤村庸軒の娘婿-

久須美疎安は、江戸時代後期の儒学者、漢詩人です。名は恵、字は子、号は疎安。通称は左衛門。藤村庸軒の娘婿となります。

1793年(寛政5年)に、豊前国仲津(現・大分県中津市)に生まれました。1806年(文化3年)に、藤村庸軒の門下に入り、儒学を学びます。1812年(文化9年)に、庸軒の娘である静と結婚します。1814年(文化11年)に、庸軒から家督を譲られ、久須美姓を名乗ります。

1825年(文政8年)に、中津藩の儒官に任命されます。1828年(文政11年)に、藩の命により、江戸に出府し、昌平坂学問所に入学します。1832年(天保3年)に、学問所を卒業し、中津に戻ります。

1834年(天保5年)に、藩の儒官に再任されます。1838年(天保9年)に、藩の命により、京都に出て、尊王攘夷運動に参加します。1841年(天保12年)に、中津に戻ります。

1842年(天保13年)に、藩の命により、江戸に出て、幕府の儒官に任命されます。1844年(天保15年)に、中津に戻ります。

1848年(嘉永元年)に、藩の命により、江戸に出て、幕府の儒官に再任されます。1851年(嘉永4年)に、中津に戻ります。

1853年(嘉永6年)に、ペリーが浦賀に来航します。疎安は、幕府の命により、浦賀に出向き、ペリーと交渉します。1854年(安政元年)に、ペリーが再来航します。疎安は、幕府の命により、再び浦賀に出向き、ペリーと交渉します。

1858年(安政5年)に、安政の大獄が起こります。疎安は、尊王攘夷派の嫌疑をかけられ、捕らえられます。1859年(安政6年)に、獄死します。

疎安は、儒学者としてだけでなく、漢詩人としても知られています。疎安の漢詩は、清新で洒脱な作風で、多くの詩人に影響を与えました。

「茶話指月集」をまとめた

「茶話指月集」をまとめた

-「久須美疎安」-

-「茶話指月集」をまとめた-

久須美疎安は、江戸時代初期の儒学者、歌人、俳諧師です。1565年、三河国に生まれ、1633年に亡くなりました。名は興高、字は惟高、号は疎安、別号に雪林、海狂などがあります。

疎安は、京都に上って儒学を学び、その後、三河に戻って郷里で教鞭をとりました。また、歌を好み、俳諧にも優れていました。1616年には、俳諧の連歌師である松尾芭蕉の門下に入り、俳号を「疎安」としました。

疎安は、芭蕉とともに各地を巡り、俳諧の修行を積みました。1628年には、芭蕉とともに「猿蓑」を編纂し、翌年には「炭俵」を編纂しました。

1631年には、疎安は「茶話指月集」をまとめました。これは、疎安が芭蕉とともに各地を巡った際に、茶道や俳諧について語り合った内容をまとめたものです。

「茶話指月集」は、茶道や俳諧に関する貴重な資料として、現在でも多くの人々に読まれています。疎安は、茶道と俳諧の両方に精通した人物であり、「茶話指月集」は、彼の茶道と俳諧に関する知識と洞察力を示した作品です。

疎安は、茶道と俳諧の普及に貢献した人物であり、江戸時代初期の文化史において重要な位置を占めています。

タイトルとURLをコピーしました