久世氏美 ー 江戸時代中期の武士

久世氏美 ー 江戸時代中期の武士

久世氏美の生涯

久世氏美の生涯

-久世氏美の生涯-

久世氏美は、江戸時代中期の武士です。幼名は弥五左衛門、通称は常次郎、号は貞甫。1657年に江戸で生まれ、1715年に亡くなりました。父は久世広宣、母は松平氏。

氏美は、1678年に旗本に列し、1680年に小姓組番士となりました。1685年に伏見奉行に任命され、1688年に京都所司代に昇進しました。また、1705年に奏者番に任命され、1710年に若年寄に昇進しました。

氏美は、1713年に老中に就任しました。老中として、赤穂浪士の討ち入り事件や、享保の改革に関わりました。

氏美は、1715年に亡くなりました。享年59。法名は貞甫院殿英巖安誉大居士。墓所は、東京都台東区谷中の天龍寺です。

氏美は、江戸時代中期の政情を支えた重要な人物の一人でした。

久世氏美の業績

久世氏美の業績

-久世氏美の業績-

久世氏美は、江戸時代中期の武士、大名。久世広之の長男。播磨国明石藩主、その後、大坂城代、寺社奉行、老中などを歴任した。

明石藩主時代には、藩政改革を行い、藩財政の立て直しに成功した。また、大阪城代時代には、大坂の治安維持に努め、寺社奉行時代には、寺社の統制を強化した。

老中時代には、享保の改革を推進し、幕府財政の立て直しや、綱紀粛正を図った。また、将軍吉宗の側近として、政務全般にわたって活躍した。

久世氏美は、江戸時代中期の政治家として、重要な役割を果たした人物である。その業績は、今日でも高く評価されている。

久世氏美の主な業績は以下の通りである。

* 明石藩主時代には、藩政改革を行い、藩財政の立て直しに成功した。
* 大坂城代時代には、大坂の治安維持に努め、寺社奉行時代には、寺社の統制を強化した。
* 老中時代には、享保の改革を推進し、幕府財政の立て直しや、綱紀粛正を図った。
* 将軍吉宗の側近として、政務全般にわたって活躍した。

久世氏美は、江戸時代中期の政治家として、重要な役割を果たした人物である。その業績は、今日でも高く評価されている。

久世氏美の人物像

久世氏美の人物像

-久世氏美の人物像-

久世氏美は、江戸時代中期の武士である。徳川吉宗の側近として仕え、老中として活躍した。氏美は、忠誠心と有能さで知られ、吉宗の信頼を厚くした。また、氏美は、茶道や和歌にも通じ、文雅の士としても知られている。

氏美は、元禄16年(1703年)に常陸国江戸崎藩主・久世広之の次男として生まれた。幼名は、藤松である。享保2年(1717年)、将軍徳川吉宗の小姓となり、吉宗の側近として仕えるようになった。享保10年(1725年)、奏者番に任命され、享保13年(1728年)には老中に昇進した。

氏美は、老中として、吉宗の改革を支えた。享保の改革では、財政改革や幕府の機構改革など、数多くの改革を断行した。氏美は、改革に積極的な役割を果たし、吉宗の改革を成功に導いた。

氏美は、忠誠心と有能さで知られていた。吉宗は、氏美を「忠実にして敏達」と評している。また、氏美は、茶道や和歌にも通じ、文雅の士としても知られていた。氏美は、吉宗の側近として、吉宗の信任を厚くし、吉宗の改革を支えた。

氏美は、寛保3年(1743年)に61歳で死去した。氏美の死は、吉宗にとって大きな痛手となった。吉宗は、氏美の死を悼み、氏美の死を悼んで和歌を詠んでいる。

タイトルとURLをコピーしました