井口省吾

井口省吾

明治-大正時代の軍人

明治-大正時代の軍人

-井口省吾-

-明治- 大正時代の軍人-

井口省吾は、明治- 大正時代の軍人。陸軍中将。陸軍士官学校第4期卒業。日清戦争、日露戦争に従軍。日露戦争では、第3軍参謀として奉天会戦に参加。その後、陸軍大学校教官、参謀本部第3部長、第19師団長などを歴任。1918年(大正7年)、陸軍中将に昇進。1921年(大正10年)、予備役に編入。

井口省吾は、1861年(文久元年)、土佐国に生まれる。父は、土佐藩士の井口省介。母は、井口仲。兄に、井口省太郎がいる。井口省吾は、幼少期から、剣術、柔術、馬術を学ぶ。1874年(明治7年)、陸軍士官学校に入学。1877年(明治10年)、陸軍士官学校を卒業し、歩兵少尉に任官。

井口省吾は、1894年(明治27年)の日清戦争に従軍。第1軍第5師団歩兵第10連隊中隊長として、旅順口の戦いに参加。1895年(明治28年)、歩兵大尉に昇進。

井口省吾は、1904年(明治37年)の日露戦争に従軍。第3軍参謀として、奉天会戦に参加。1905年(明治38年)、歩兵中佐に昇進。

井口省吾は、1910年(明治43年)に陸軍大学校教官に就任。1912年(明治45年)、参謀本部第3部長に就任。1915年(大正4年)、第19師団長に就任。1918年(大正7年)、陸軍中将に昇進。1921年(大正10年)、予備役に編入。

井口省吾は、1943年(昭和18年)に死去。享年82。

第二軍参謀として日清戦争に参加

第二軍参謀として日清戦争に参加

井口省吾

第二軍参謀として日清戦争に参加

井口省吾は、1860年(万延元年)に長崎県に生まれた。1879年(明治12年)に陸軍幼年学校に入学し、1882年(明治15年)に陸軍士官学校を卒業した。卒業後は陸軍歩兵第1連隊に配属され、日清戦争に出征した。

日清戦争では、井口省吾は第二軍参謀として活躍した。第二軍は、乃木希典大将が指揮する軍隊で、旅順攻略の任務を負っていた。井口省吾は、旅順攻略作戦の立案に参加し、戦場の最前線で指揮を執った。

旅順攻略戦は、激戦となった。第二軍は、大きな損害を出しながらも、1894年(明治27年)11月に旅順を陥落させた。この勝利により、日清戦争は日本の勝利に終わった。

日清戦争後、井口省吾は陸軍大佐に昇進した。その後、陸軍省参謀本部員、陸軍歩兵第2連隊長などを歴任した。1904年(明治37年)、日露戦争に出征し、第二軍参謀として旅順攻略戦に参加した。旅順攻略戦は、再び激戦となったが、第二軍は1905年(明治38年)1月に旅順を陥落させた。

日露戦争後、井口省吾は陸軍少将に昇進した。その後、陸軍省参謀本部員、陸軍歩兵第1連隊長などを歴任した。1912年(大正元年)、陸軍中将に昇進し、陸軍参謀次長に就任した。

1914年(大正3年)、井口省吾は陸軍大将に昇進し、陸軍大臣に就任した。陸軍大臣としては、陸軍の近代化を進め、シベリア出兵を指揮した。1918年(大正7年)、体調を崩して陸軍大臣を辞任した。

井口省吾は、1924年(大正13年)に死去した。享年64歳。

児玉源太郎の下で満州軍参謀として日露戦争に参加

児玉源太郎の下で満州軍参謀として日露戦争に参加

児玉源太郎の下で満州軍参謀として日露戦争に参加

井口省吾は、1872年(明治5年)に岐阜県に生まれた。1894年(明治27年)に陸軍士官学校を卒業し、日清戦争に従軍した。1899年(明治32年)に陸軍大学校を卒業し、1904年(明治37年)には児玉源太郎の下で満州軍参謀として日露戦争に参加した。

日露戦争では、井口省吾は児玉源太郎の命を受けて、奉天会戦の作戦を立案した。奉天会戦は、満州軍とロシア軍による大規模な会戦で、日本軍が勝利した。井口省吾は、奉天会戦の勝利に大きく貢献したと評価されている。

日露戦争後、井口省吾は陸軍省参謀本部で勤務し、1912年(明治45年)には少将に昇進した。1914年(大正3年)には、第一次世界大戦に参戦した日本軍の第1師団長としてヨーロッパに派遣された。井口省吾は、第一次世界大戦でも活躍し、1916年(大正5年)には中将に昇進した。

第一次世界大戦後、井口省吾は陸軍省軍務局長を務め、1923年(大正12年)には大将に昇進した。1927年(昭和2年)には、陸軍大臣に就任した。井口省吾は、陸軍大臣として軍備拡張に尽力し、日本の軍事力を増強した。

1931年(昭和6年)、井口省吾は退役した。退役後は、貴族院議員を務め、1939年(昭和14年)に死去した。

タイトルとURLをコピーしました