久世長宣:戦国時代の武士

久世長宣:戦国時代の武士

久世長宣の生涯

久世長宣の生涯

-久世長宣の生涯-

久世長宣(くぜ・ながのぶ)は、戦国時代の武士です。三河国碧海郡久世(愛知県豊田市久瀬町)を拠点として、近隣の豪族たちと争いながら領地を拡大していきました。

長宣は、永正6年(1508年)に久世治政の子として生まれました。幼名は与三。18歳で元服し、長宣と名乗りました。

長宣は、身長6尺3寸の大男で、武勇に優れていました。また、知略にも長けており、几帳面で堅実な性格だったそうです。

長宣は、三河国で勢力を拡大していた松平清康(徳川家康の祖父)に仕えました。天文4年(1535年)に清康が暗殺されると、清康の嫡男である徳川広忠に仕えました。

広忠は、天文11年(1542年)に死去しました。広忠の嫡男である家康は幼少だったため、長宣は家康の補佐役を務めました。

長宣は、織田信長の家臣である丹羽長秀と戦って勝利し、家康の領地を拡大しました。また、家康の正室である築山殿の叔父である飯尾定之を討ち、家康の権力を強固にしました。

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで家康が今川義元を破ると、長宣は家康の三河統一に貢献しました。

天正3年(1575年)、長宣は安土城で信長に謁見しました。信長は、長宣を徳川家の重臣として認めました。

天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が死去しました。家康は、信長の跡を継いだ豊臣秀吉に臣従しました。

長宣は、秀吉からも重用されました。文禄の役(1592~1593年)では、秀吉の元に参陣して活躍しました。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで家康が東軍の総大将を務めました。長宣は、家康の嫡男である秀忠の軍勢を率いて、西軍と戦いました。

関ヶ原の戦いで東軍が勝利すると、家康は江戸幕府を開きました。長宣は、家康から三河国碧海郡のうち1万石を与えられました。

長宣は、慶長14年(1609年)に死去しました。享年72。

長宣は、三河国碧海郡久世を拠点として、近隣の豪族たちと争いながら領地を拡大していった戦国時代の武士です。長宣は、織田信長や豊臣秀吉からも重用され、徳川幕府の樹立に貢献しました。

久世長宣と徳川家康

久世長宣と徳川家康

– 久世長宣と徳川家康

久世長宣は、戦国時代の武士であり、徳川家康の側近として仕えた。1542年に上野国に生まれ、1560年に家康に仕官した。長宣は家康の信頼を得て、馬廻衆、御使番、奉行などを歴任した。1582年の本能寺の変では、家康が甲斐国から三河国に帰還するのに随行し、その後の小牧・長久手の戦いにも参加した。1590年の小田原征伐では、家康の軍勢の一部を率いて北条氏を攻めた。

家康が江戸幕府を開くと、長宣は老中として幕政に参画した。長宣は家康の信任が厚く、参謀として重要な役割を果たした。1600年の関ヶ原の戦いでは、徳川軍の主力として戦った。戦後、長宣は越前国福井藩12万石の藩主となった。1610年、長宣は69歳で死去した。

長宣は武勇に優れた武将であると同時に、政治手腕にも長けた人物であった。家康の信頼を得て、幕府の要職を歴任したことは、長宣の能力の高さを物語っている。長宣は徳川政権の確立に貢献した功臣であり、江戸幕府初期を代表する人物の一人である。

久世長宣の死

久世長宣の死

-久世長宣の死-

久世長宣は、1560年に尾張国で生まれ、戦国時代の武士として活躍した人物です。彼は織田信長に仕え、本能寺の変で信長が亡くなった後も、豊臣秀吉に仕えました。秀吉の死後は徳川家康に仕え、江戸幕府の成立に貢献しました。

長宣は、1600年の関ヶ原の戦いで、西軍の将として参戦しました。しかし、戦いで敗れ、捕らえられました。その後、長宣は徳川家康に許され、江戸幕府に仕えました。

1615年、大坂の陣で、長宣は徳川方の武将として参戦しました。しかし、戦いで負傷し、戦死しました。享年56歳でした。

長宣の死は、徳川幕府にとって大きな痛手となりました。長宣は、徳川家康の信頼が厚く、幕府の要職を歴任していました。長宣の死後、幕府は、長宣に代わる人材を見つけるのに苦労しました。

長宣の死は、戦国時代の終わりを告げる事件でもありました。長宣は、戦国時代の武士の典型であり、彼の死は、戦国時代の終焉を象徴する出来事でした。

タイトルとURLをコピーしました