久勢女王 – 奈良時代の斎宮

久勢女王 – 奈良時代の斎宮

久勢女王とは

久勢女王とは

-久勢女王とは-

久勢女王(くせ の おおきみ, 生年不詳 – 大同元年(806年)12月13日)は、奈良時代の斎宮。『続日本紀』では「久勢姫女王」と表記されている。

・出自
天智天皇の孫で、施基皇子の子。母は、聖武天皇の乳母で、同母兄には久米若麻呂がいる。

・斎宮として
天平5年(733年)2月、斎宮に卜定される。天平11年(739年)6月、斎宮に群行。斎宮となった後も、聖武天皇が頻繁に宮を訪問している。天平勝宝元年(749年)11月、聖武天皇が久勢女王の元へ群行。この時には大伴家持が「久勢女王の館に幸せる時、左右に上りて楽を奏す。陪従に預りて宴に陪し、寿永の歌一首を作りて奏上す。」との和歌を残している。天平勝宝8歳(756年)9月、大伴家持が久勢女王を訪れた際には、久勢女王は東宮の阿倍内親王に仕えるべく斎宮を離れたばかりであった。

・没後
大同元年(806年)12月13日に薨去。享年70代前半。

・考証
斎宮に卜定される人物は、皇室の血筋を持つ10代の未婚の女性であった。その為、彼女は斎宮卜定時には10代であったと思われる。聖武天皇の寵愛を受け、また多くの歌人が歌に詠んだことから、彼女の美貌がうかがえる。

久勢女王の生涯

久勢女王の生涯

-# 久勢女王の生涯

久勢女王は、奈良時代の斎宮であり、天智天皇の孫娘であり、高市皇子と田部女王の娘である。天智天皇10年(671年)に生まれ、弘文天皇2年(700年)に斎宮に卜定された。斎宮に卜定されると、伊勢神宮に奉仕し、天武天皇、持統天皇、文武天皇の3代に仕えた。元明天皇4年(714年)に斎宮を退下し、翌年に大納言に任命された。その後は、右大臣、左大臣を歴任し、天平12年(730年)に薨去した。

久勢女王は、斎宮として、伊勢神宮に奉仕し、国家の安泰を祈願した。また、大納言、右大臣、左大臣を歴任し、政治にも携わった。久勢女王は、奈良時代の有力な女性であり、国家に大きな貢献をした。

久勢女王は、天智天皇の孫娘であり、高市皇子と田部女王の娘である。天智天皇10年(671年)に生まれ、弘文天皇2年(700年)に斎宮に卜定された。斎宮に卜定されると、伊勢神宮に奉仕し、天武天皇、持統天皇、文武天皇の3代に仕えた。元明天皇4年(714年)に斎宮を退下し、翌年に大納言に任命された。その後は、右大臣、左大臣を歴任し、天平12年(730年)に薨去した。

久勢女王は、斎宮として、伊勢神宮に奉仕し、国家の安泰を祈願した。また、大納言、右大臣、左大臣を歴任し、政治にも携わった。久勢女王は、奈良時代の有力な女性であり、国家に大きな貢献をした。

久勢女王の業績

久勢女王の業績

– 久勢女王の業績

– 斎宮として

久勢女王は、奈良時代の斎宮として仕えました。斎宮は、伊勢神宮に奉仕する未婚の皇女または女王のことで、重要な宗教的役割を果たしました。斎宮は、神宮で神事に奉仕し、天皇や皇族の安泰を祈りました。久勢女王は、天平宝字8年(764年)に斎宮に卜定され、天平神護3年(767年)まで斎宮を務めました。斎宮として、久勢女王は神宮で神事に奉仕し、天皇や皇族の安泰を祈りました。また、斎宮として、久勢女王は神宮の運営にも携わり、神宮の財産や人事を管理しました。

– その他の業績

斎宮としての務め以外にも、久勢女王は、奈良朝の政治や文化にも影響を与えました。久勢女王は、桓武天皇の叔母であり、桓武天皇の即位に貢献しました。また、久勢女王は、橘奈良麻呂の乱の際に、橘奈良麻呂を匿って逃亡を手助けしました。さらに、久勢女王は、仏教にも深く帰依しており、写経や仏像の造営など、仏教の興隆に貢献しました。

久勢女王は、奈良時代の重要な人物であり、斎宮として、政治家として、文化人として、多大な功績を残しました。久勢女王は、奈良時代の歴史を語る上で欠かせない人物です。

タイトルとURLをコピーしました